2010-11-04 [Thu]

3Dテレビについて

昨日、ヤマダ電機やヨドバシカメラで、久々に3Dテレビを見てみたんだけど、やっぱダメだ。10分ほど見てたら、頭が痛くなってしまった。

確かに立体感があるように見えるのだが、どうにも「飛び出す絵本」としか思えないような、不自然さが拭えない。普通に見ている光景に比べて、何故こんなに違和感があるのか、ず〜っと考えながら家路についたのだが、オレなりの結論が出た。
それは、カメラのピントが、ある部分やモノに固定されているためだ。

懐かしのお台場ガンダムオレたちが普通に風景を見るとき、いろんなものに注目し、そこにピントを合わせるということを、自動的にやってのけている。
ところが、カメラのピント位置を固定して撮影されているため、それ以外の所を見てもボケたまんまなので、脳がパニックを起こすんじゃないだろうか。カメラのピント位置にピッタリ合わせて画面を見続ければ、ほとんど違和感がないんだろうけどね。
だから、画面全体にピントが合った「引きの画」とか、注目すべき箇所へわざと誘導するようなセリフ回しだとか構成にして、ピントの合っているところだけを見せるようにすれば、かなり違和感が消せるものと思う。

それより何より、家でテレビを見るのに、いちいちあんなメガネをかけて、しかもまっすぐに行儀良く座って見ることを強いられるなんて、オレはゴメンだね。新しもの好きのオレでも、まったく買う気がしないよ。
映画はともかく、たぶん、よっぽど劇的な進化がない限り、この3Dテレビってのは、単なるブームに終わりそうな気がするよ。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2010-07-26 [Mon]

REGZAのソフトウェア更新

今日は、土用の丑の日。たった今、ウナギを食べて元気モリモリだ。
それにしても、空がピカピカ光ってるから、花火かと思ってたらカミナリだった。
うわっ、もの凄い雨が降ってきたよ。これで、ちょっとは涼しくなるかな?

ソフトウェア更新中そんな今日この頃、朝早く起きて、録画したドイツGPの決勝を見ようとテレビをつけたら、いきなりブルーの画面に注意書きが…。
なんと、REGZAのソフトウェアを更新中らしい。メッセージには「ソフトウェアを更新中は、本機に触れないでください。電源を切/入するとソフトウェアが正常に更新されません」と、なかなか恐ろしいことが書かれている。
REGZAのソフトウェア更新の場面なんて、初めて遭遇したもんだから、いったいどのぐらいの時間が掛かるのかサッパリわからない。
早くF1を観たいのに、テレビに触れないもどかしさと、放っとくと勝手に再起動して、いきなり大きな音が出たら家族を起こしてしまうという不安とで、トイレにも行けないじゃないか。こりゃ、早朝から拷問のようだな。
1時間ほど掛かったらどうしようか?などと思ってたが、結局10分ぐらいだったろうか。しばらくすると自然にテレビが映ったので、慌ててボリュームを下げる。肝心のF1もちゃんと録画されていて、普通に観ることができたので良かった。

いつも自動で最新の状態になってくれるのは嬉しいが、バージョンアップを後回しにしたいときには、キャンセルも出来るようにして欲しいよね。
そうでなきゃ、せめてプログレスバーで進捗状況ぐらいは示して欲しいし、電源を切っても良いようにして欲しいもんだ。

※編集部注
ソフトウェア更新は、「ここ」に書いてある内容でした。
これによると、3:57〜4:38までの40分ほどの間、更新作業をしてたんですね。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2010-07-12 [Mon]

PS3のHDD換装

ボーナスが出たのに、珍しく何も欲しいものがない。
物欲大魔神のオレとしては異常事態、かなりの問題だ。
だからと言って、何かを衝動買いする気にもなれず、けれど何かしら買いたい。

PS3のHDDカバーを開けたところそこで、最近よくトルネを使うようになったPS3の本体HDDを、大容量タイプに換装することを思いついた。雑誌やネットで、意外と簡単にできることが書かれているので、ちょっと試してみたくなったのだ。今のが40GBしかないから、500GBに換えれば、一気に10倍以上の容量になる。
換装に使えるのは、シリアルATAの2.5インチタイプで、厚さが9.5mmの製品のみ。SAMSUNGの500GB(5,780円)をamazonで注文し、それが今日届けられたので、早速、換装作業をおこなった。
まずは、バックアップユーティリティで、USBメモリなどにデータをバックアップする。これは非常に大事なことだ。
それから電源を落とし、本体左側にあるHDDユニットのカバーをマイナスドライバーを使って丁寧に開ける。すると板金フレームが現れ、中央にある青いネジを外すと、取っ手を持ってHDDユニットを引っ張り出すことができる。
ユニットには4本のネジでHDDが止められているので、それを外して、新しいHDDを元通りにネジ止めする。そのユニットも元通りに本体に差し込み、外した青いネジで止めて、カバーをはめ込めば完成。想像以上に、とても簡単な作業である。

新しいHDDをユニットにネジ止めした図さて、電源を入れてみるが、システムがうまく立ち上がらない。
どうやら、システムが最新のv3.40になっていたのが原因かもしれないが、「アップデータの保存された記録メディアを入れろ」と出る。
ちょっとだけ焦ったが、パソコンを使ってウェブから最新のアップデータをダウンロードし、USBメモリに決められたフォルダを作って保存。それを使って指示に従い、システムを入れることに成功した。
何とか無事に起動したので、初期設定を適当におこなったあと、バックアップユーティリティを使って、先ほどバックアップしたデータによりリストアをおこなうと、完全に元通りの設定が再現された。本体情報でも、トルネのHDD情報でも、ちゃんと容量アップしていることを確認した。500GBの地デジレコーダーが完成だ。あぁ、気持ちいい!
これでしばらく、USB-HDDは繋げる必要がなくなったので、録画の安定性も増すだろうし、何より省エネかも…。

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2010-06-01 [Tue]

iPadに触れた!

今日、会社の同僚が買った「iPad」を見せてくれた。

iPadパッと見てカッチョイイ、高級感溢れるデザイン。
まさに「iPod touch」のでっかい版というイメージだが、Webなどを見るには、これぐらいの大きさがなければダメだよね。
もちろん、9.7インチの表示面はガラスなのだが、筐体はなんとアルミ製。緩やかなカーブを描いていて、とても高級なイメージ。アルミボディで、無線はどうするのか?というと、裏のアップルマークが樹脂製になっていて、そこに無線モジュールがあるらしい。よく考えられてるねぇ。
この大きさで厚みが13.4mmとくれば相当薄く感じるが、実際に手に持ってみると予想外にズッシリと来るのが、また高級感を感じるところ。実際には、700gを切るぐらいの重さだ。どんな電池が入っているのか知らないが、フル充電で10時間も持つんだって。スゴイよねぇ。

iPadの向きに応じて、ちゃんと表示の向きも変わるのがスゴイ。オンスクリーンキーボードも使いやすそうだ。絵本やゲームを触らせてもらったが、もう、何ともキレイで、直感的で、官能的だ。
こんなに良くできた工業製品が、5万円を切るような価格で買えるなんて、とても信じられないな。こんなことは、真っ先にソニーにやってもらいたかったけど、ホントにソニーが出してたら、5万円以下で出せたかどうかはわからないね。
毎日、眺めてるだけでもいいや。マジで欲しくなってきた。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2010-01-10 [Sun]

東芝だけが黒字

ちょっと気になった記事。
これだけ人気の薄型テレビだが、儲かっているメーカーは、なんと東芝だけらしい。

「東芝だけが黒字」な理由、テレビ事業復活の舞台裏

オレがいろんなテレビを見比べ倒して、選び抜いたのが「REGZA」。
その東芝が、こだわりの性能・機能と、ネットの口コミなどによってメキメキとシェアを伸ばし、ついには福山雅治のCM起用によって認知度を飛躍的に上げるという、まさに戦略がピタリとはまったカタチだ。
オレも、ほんの少しぐらいは貢献したのかも…。わーい(嬉しい顔)
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2009-12-15 [Tue]

Hi-Band Beta hi-fi

今晩、粗大ゴミとして捨ててしまったのは、ソニーのハイバンド・ベータ・ハイファイのビデオデッキである「SL-HF705」だ。

SL-HF705少年時代から根っからのソニー党であり、ベータ派だったオレが、大学生の時にバイトで貯めた大金をはたいて買ったものだ。オーディオ装置のような外観で、リニアスケーティングメカによるローディング方式で8cmという薄さを実現した、超カッチョイイ製品だった。今見ても、全然古くささを感じさせないデザインだと思う。
ベータ方式の優れた先進技術をてんこ盛りにした製品で、当時のどのビデオデッキと比べても画質は驚異的に素晴らしく、毎日映画を録りまくって、観るのが楽しくてしょうがなかった。音質もまた圧倒的で、音楽だけを録ってたこともあったような気もする。まさに青春の思い出が一杯詰まっている。
社会人になって、結婚してからも、しばらく長いこと使い続けていたのだが、やがて世の中はVHSオンリーになり、ベータのカセットが市場からなくなると、まったく使わなくなってしまった。それでも、ずっと電源を入れたままで時計は動き続けていたのだが、その表示がおかしくなってからは、もう何年も博物館のように置きっぱなしだった。
ついには、その置き場所だった家具も、我が家では不要となったため、一緒に捨てられることになったのだ。

何とも寂しい限りだが、新しもの好きのオレには骨董品の趣味はない。常に、新しい技術や製品が大好きなのだ。…とは言うものの、やはり思い入れの激しい、どうしても捨てられない製品は、いくつかあるものだ。中でも、これが一番長かったかな。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2009-10-06 [Tue]

CELLレグザ


今日の出勤時、京急のブルースカイトレインを、上りと下りで立て続けに2本見た。
どんなに良いことが起こるのか、一日中楽しみにしていたのだが、な〜んも起こらないどころか、ムカツクことばかりだったなぁ。
やっぱ、一気に2本も見ると、かえって有り難みがなくなるのかもね。

そんなことはさておき、昨日の東芝からのメールマガジンで、「CELLレグザ 55X1」という液晶テレビのモンスターマシンが発表されたことを知った。
PS3にも搭載されている、「Cell Broadband Engine」という、IBM・SONY・東芝が共同開発した高性能プロセッサ。それを搭載した新映像処理エンジン「CELLプラットフォーム」を、世界で初めて採用した液晶テレビだ。従来のレグザの143倍もの演算処理能力を使って、そりゃもうスゴイ映像を見せてくれるらしい。
また、複数映像の並列処理が可能となるため、過去26時間分の地デジ番組を最大8チャンネル分まるまる録画して、いつでも観ることができるという「タイムシフトマシン」機能を搭載している。内蔵HDDは3TBで、うち2TBをタイムシフトマシンに利用する。録画した番組の検索には「ローミングナビ」機能があり、キーワードに関連した番組を簡単に探し出すことが出来るそうだ。
液晶パネルも高輝度LEDバックライト搭載の最新鋭で、画面サイズは現状55V型のみ。スピーカーもリモコンも高級そうだ。
すげぇなぁ、普及タイプが出て価格がこなれてきたら、ぜひ欲しいもんだ。

今、開催中の「CEATEC JAPAN 2009」で展示されているそうだから、何とか実物を見に行きたいね。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2009-01-11 [Sun]

REGZA

大画面薄型テレビ、満足度トップは東芝の「REGZA」

いやぁ、嬉しいねぇ。
たとえ僅差でも、自分の選んだテレビが総合満足度第1位になるとは…。
今日のみなとみらい根っからのソニー党であるオレが、ソニーのBRAVIAよりも惚れ込んで買ったヤツだからね。毎日テレビを観るのが楽しいし、家族にも、お客さんにも大好評だよ。
何がイイって、「おまかせドンピシャ高画質」が優れているのと、ハードディスクへの録画機能が超便利なことだね。
今でも、ホントに買って良かったと、毎日思っているよ。
タグ:家電 テレビ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2008-11-26 [Wed]

ドルビーボリューム

ホントに、REGZAが気に入って、毎日TVを観るのが楽しくてしょうがない今日この頃。しかし、優れた映像に比べて、音だけはイマイチ満足できるレベルではない。

お台場世界で初めて採用された「ドルビーボリューム」は、番組とCM、あるいは映画などでの急な音量差を少なくするという優れた機能なのだが、ボソボソというダブったような音が気になって、買ってすぐにオフにしてしまったのだ。
しかし、オフのままではやはり音量差が気になるので、ボソボソ音をできるだけ気にしないようにして、ここ何週間かオンにして使っていた。便利さを取るか、音質を取るか、非常に迷うところだが、いったんボソボソが気になると、ずっと気になる。
どちらも両立したいわがままなオレは、何とか設定できないものかといじり倒し、ついに良い妥協点を見いだした。それは…、

@ ドルビーボリュームは、もちろん「オン」
A 音声メニューは、「ダイナミック」
B サラウンドは、「シネマサラウンド」
C 低音強調は、レベルを「弱」

という設定だ。これで、ボソボソ感はなくなったように思うし、音も随分と良くなった感じがするよ。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2008-09-24 [Wed]

さらにLANハードディスク

REGZAにUSBやLANのHDDを繋げて、ハイビジョン録画を楽しんでいる毎日だが、500GBだとHD画質で44時間半ほどしか録れないので、映画だと20本そこそこだ。

みなとみらいで見た変なバルーン人形今は、500GBのHDDを2つ繋げているので、1TBもの容量があるのだが、意外と早く満杯になりそうだ。これからも録りたい番組がWOWOWではたくさんあるので、予め増設しておこうということで、注文していたLANハードディスクが今日届けられた。
もっと安くて良いヤツがあれば別だけど、敢えて変える必要もなかったので、先日買ったものとまったく同じものだ。
いったんハブをかましてから、2台のLANハードディスクを繋げる。まったく問題なく認識され、すぐに使えるようになった。前回と同じく、何故か動作テストには失敗するが、使用上で何の問題も出ていない。
これで、総容量が1.5TBにまで拡大されたわけだ。さぁ、さらに録りまくるぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。