2007-04-20 [Fri]

その後の母親

くも膜下出血で倒れてから奇跡的な回復を見せて個室に移った母親、なんとかこれで大丈夫かな?と思って横浜に帰ってきたわけだが、その後も熱は下がらず、嘔吐も続いていたということで、看病している妹たちは見るのも辛い状況で、精神的にも参っているようだ。

花というのも、依然として出血箇所が特定できていないので、処置のしようがないのが現状らしい。もちろん、頭の中で出血したわけだから、嘔吐や高熱が続くというのは、素人でも何となくは理解できるが、それだったら、たとえば「この状況は今だけの辛抱で、そのうち良くなりますよ」とか、「オレに任せとけ」とか、できるだけ家族を安心させるような言葉をかけられないものなのかねぇ。だいたい医者っていうのは、基本的に不安をあおるような言葉ばかりだ。特に毎日看てくれている妹たちにとっては、点滴以外何もしていないように見えて、たまらないものがあると思う。

花昨日はMRIを撮り、若干気になるところがあったらしいが、今日2度目の血管撮影をおこなったところ、やはり出血箇所は特定できなかったらしい。かなり高度で精密な撮影なので、あと1回撮ってわからなかったら、もう何もせずに回復を待つ方が賢明とのこと。ごくまれに、こういうことがあるらしい。オレとしても、むやみに手術なんかしてほしくないと思っている。たとえ原因がわからなくても、何もせずに治れば、それが一番イイじゃん。
幸いなことに、今日になって具合がかなり良くなっているとのこと。もう頭痛もなくなったらしい。寝てばかりだと足腰が弱ってしまうので、来週からは徐々に歩いたりしていくそうだ。


タグ:健康
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007-04-17 [Tue]

母親の危機

愛媛の実家で一人暮らしの母親が、土曜日にくも膜下出血で倒れたとの連絡を受けた。そのままクルマを走らせようかとも思ったけど、少し冷静に考えて、朝一番の飛行機の方が絶対に速いので、翌朝松山へと飛んだ。

当日の空から見た富士山に、母親の無事を祈る母親はまだ還暦を少し過ぎたばかりで、人一倍健康に気を遣って病気なんかしたことがない人だったが、こんなことは突然やってくる。ICUに入って、主治医から現在の状況を聞き、実際に本人とも面会した。なんと、そこには想像したよりも全然普段通りの母親がいた。顔色も良く、普通に話をして、全身のしびれなどもすっかりないことをアピールしている。なんと強い母親だろう、逆にビックリだ。それでも、48時間以内に再出血が起こるとかなり危険で、水頭症や脳血管れん縮にも気をつけなければならないとのこと。
「ほんまラッキーやったなぁ。まだ連れて行かんといてくれ!って、親父によ〜く頼んどいたからな!」と毒舌を吐いてみた。めちゃくちゃ安心したら、腹が減ってきた。

これまでの経緯を聞くと、ここまでの軽症で助かったことが不思議なぐらいの状況だったようだ。うちの長女たちと一緒にアメリカに行く前から、何となく体調がすぐれなかった母親は、帰国後、ある一部分の記憶がバッサリと抜けたりして、自分でもおかしいと思ったらしい。そこで、近所に住む妹が土曜日に脳神経外科に連れて行き、MRIを撮ったりしたわけだが、そのときには特におかしなところは見受けられなかったとのこと。
ところがその午後に事態は急変し、猛烈な頭痛と嘔吐が襲ってきたそうである。ちょうど妹夫婦が一緒にいてくれたので、再度その病院へ駆け込んだが、すでに診療は終わっており、院長もケータイを切ったまま出てしまっているので、年配の看護婦だけが対応することになったらしい。ようやくつかまった院長と電話で会話しながら、看護婦が看ているのだが、目前で吐きまくり、しびれまくっている母親を見ながら、これはくも膜下ではないと判断し、なんと点滴だけで家に帰そうとして「また月曜日に来てください」とのこと。さらには「なんならもう一本点滴しますか?」とも言ってのけたらしい。話を聞いているだけでもムカついてくる。
この状況で連れて帰られるわけがないと思った妹が食い下がり、救急車を呼んでくれと頼んだが、そう言われたことに不服そうな看護婦は、タラタラとやる気なく救急隊員に電話をし、救急隊員も病院から救急車を呼ばれたことに訳がわからず、長いやりとりが続いたようだ。らちがあかないので、妹が電話を替わり、隊員に事情を説明してようやく来てくれることになったらしい。

点滴そして、やっとのことで、この大きな病院に担ぎ込まれ、ICUに入り、くも膜下出血が判明して今に至るというわけだ。
妹夫婦が必死に頑張ってくれたおかげで、なんとか一命を取り留めたが、時間との戦いであるはずの脳の病気にもかかわらず、ヤブ医者によって数時間は放置されることになってしまったことは紛れもない事実だ。
幸いなことに、母親はもの凄い回復力を見せ、おそらく後遺症も出ないものと思われる。たま〜に、こういう人もいるそうだ。そして昨日からは早くも個室に移ることになったが、依然としてどこから出血したのかが特定できていないのが気がかり。あと数回「アンギオ」という高度な血管撮影をして判断するという。
その前にできることと言えば、倒れる数時間前に撮ったMRIに何か予兆のようなものが写っているかもしれないので、妹と一緒にそのヤブ医者を再び訪ね、妹が涙ながらにこれまでの経緯を話すと、院長は不適切だった処置を素直に謝罪した。先に撮ったMRI写真や脳波測定結果などを借りるとともに、それらの所見を聞いた上で文書にさせて、今の主治医に手渡すことができた。素直に非を認めたので、とりあえず病院名を公開するのだけは控えておこう。

その後、しばらく病室で付き添っていたが、とにかくどんな体勢でも首の辺りが痛くてたまらないらしく、見ていても辛い。肩や首をさすってやると、自分は病気をしないと思いこんでいた母親は、しきりに「何でこんなことになったんやろ?」と、少しは落ち込んでいる様子。「そんなこと言うても、病気になるときはなるやろ!昨日は死にかけてたんやから、痛いに決まってるやんけ!ちゃんとおとなしく寝て、早よ治せ!」と毒舌を吐きながら看病したが、介護の大変さが少しだけわかったような気がした。かなり疲れたが、ホントに大変だったのは妹夫婦だ。ホントにありがとう。
とりあえずはもう大丈夫だと思ったので、あとは病院と妹たちに任せて、横浜へ帰ってきた。またすぐ、ゴールデンウィークに会いに行くよ。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007-04-04 [Wed]

原因不明

昨夜、会社から帰る途中に、なんだか寒気がしてきた。
家に着いたとたんに、どんどん身体のだるさは増していき、食事が終わったときには完全に風邪の症状だ。

全く関係ない、たこ焼き体温を測ってみると、なんと38度もある。うわっ、こりゃインフルエンザか?!
そうだ!去年、娘がインフルエンザになったときにもらったタミフルがあるはずだ!…と探してみたが、どこにもない。どうやら、危険なので捨ててしまったようだ。
今日は朝一からスケジュールがぎっしりなので、どうしても休むわけにはいかなかったが、このまま熱がぐんぐん上がって、完全にインフルエンザだったら、会社を休まざるを得ない。しょうがないので、風邪薬でも飲んですぐに寝よう!ということで、9時には布団に潜り込んだ。
一夜明けた今日の朝、身体は何ともないし体温も平熱。いったい何だったんだろう?
このところの急激な気温の変化に、身体がついて行ってないのかもな。あるいは、時々やる急性腸炎かもしれない。まぁ、元気になったんだから、どうでもいいか。
とりあえず、インフルエンザじゃなくて良かったよ。
タグ:健康 雑記
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007-02-13 [Tue]

眼科

このところ、目の調子がすこぶる悪い。
2ヶ月ほど前から涙が出まくり、1ヶ月ほど前からは痒くてしょうがない。
市販の目薬でしのいできたが、もう限界だ。会社を早く出て、眼科へと向かった。

今日食べたメガマック初診なので、実際の診察までに、いろいろとやることが多くて大変だ。問診はもちろん、視力検査だの眼圧測定だので1時間もかかり、その後ようやく本当の診察が始まり、ハイテクマシンでいろいろと目の状態を観察された。
ペットを飼ってるかどうか聞かれたので、自分で世話をしているわけではないが、インコを飼っていると告げた。しゃべるのか?と聞かれたので、何もしゃべらん!と答えた。おいおい、インコがしゃべるかどうかが、オレの目の症状に関係あるのかよ?
診察の結果は、インコかハウスダストかは不明だが、やはり何らかのアレルギー症状だとのことで、目薬2種類と軟膏を出されることになった。軟膏は一日一回寝る前に塗るのだが、なんと目の中に入っても良いそうだ。結局、受け付けてから、処方箋をもらって薬局で薬を受け取るまでに、2時間もかかった。
今、その軟膏を目の中に入るほどべったりと塗って、この日記を書いているところ。とにかく、目がベチャベチャしてよく見えないぞ。朝になったら、だいぶ良くなってるのかな。

ちなみに、今日かみさんがあの「メガマック」を買ってきた。買ってからだいぶ時間が経ったので、しにゃ〜っとして、あんまり大きく感じなかったなぁ。せっかくだから、4等分して家族みんなでいただきましたとさ。昨日のモスバーガーが旨かったので、そんなに旨い!とは思わなかったけどね…。
タグ:飲食 健康 雑記
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006-08-16 [Wed]

プチ絶食

せっかくの夏休みというのに、台風が近づいているせいで、雨が降ったりやんだりのあいにくの天気。まぁ、ホントに暇で暇でしょうがないので、3日間のプチ絶食に突入することにした。

う〜ん、肉食いてぇ!今日の朝から始めて、丸一日が過ぎようとしている。今までにもう何回かやって慣れているので、あんまり腹が減らないんだけど、それでも近くで良い匂いがすると、ちょっとつまみたくなるねぇ。
普通は外出するとみんなで昼飯食ったりするんだけど、オレが食えないもんだから、家族もガマンして家に帰ることになる。ちょっとばかり迷惑をかけているわけだが、それでもオレはやる!と決めたら、絶対にやり通すのだ。これはダイエットと言うよりは、オレがだらけた自分自身に気合いを入れるための、修行のようなものだからだ。
とにかく3日間頑張れば、土日は普通に食べられるからね。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006-02-24 [Fri]

新事実が判明!

昨日の午後あたりから体調が悪い。そのせいで毎日更新記録が止まってしまった。
症状としてはまさに風邪っぽいので、もしや娘のインフルエンザがうつったのか?と思っていたのだが、今朝になっても熱はまったく上がっておらず、ただただ頭が痛く、身体がだるいのである。

実は昔から首や腰が痛いという持病を持っているのだが、最近とくに首が痛くて、まるで毎日、寝違えているかのようだ。ひょっとすると、諸悪の根源はこの首か?ということで、今日は会社を休んで、朝から整形外科に行ってきた。
症状を説明し、レントゲンを撮ってもらった。現像が終わって再び呼ばれたとき、先生がレントゲン写真を少し険しい表情で見ている。

「首のレントゲンを撮ったのは、初めて?」
「いや、何回もあります」
「そのとき、なんか言われた?」
「え〜っと、首の骨がまっすぐだなとよく言われます」
「そう…、他には?」
「あと、骨の間が狭くなって変形しかけているけど、まだ問題ではないと…」
「あのね、首の骨が8個あるんだけど…」
「はぁ?」

プロトケラトプスの骨ほ乳類だったら、キリンだろうと何だろうと頸椎の数は7個のはず。二人揃って数えてみると、確かに8個あるように見える。8個もあって大丈夫なのか聞いてみたけど、首の痛い患者さんには意外に多いらしく、別に問題はないそうだ。ただ、7個でいいところに無理矢理8個も入っているし、緩やかに湾曲すべきなのがまっすぐになっていることで、負担が結構大きくなり、変形しかけている部分が2ヶ所ほどある。それが神経などを圧迫することで、変な症状が出るそうだ。
これについては一生付き合っていくしかなく、悪化しないように、首の牽引などのリハビリ治療を根気よく続けるしかないとのこと。なんだかなぁ。
しかし、首の骨が1個多いなんて、この歳で初めて知ってかなり驚いたけど、ちょっと自慢したいような変な気分だ。

※この話の続きは「こちら

※編集部注
トリノオリンピック女子フィギュアの荒川静香選手が、見事に金メダルを獲得しましたね。実に素晴らしい演技でした。「君が代」っていいメロディですね。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006-02-17 [Fri]

インフルエンザ

今朝、娘が熱っぽいというので、体温を測ってみたら微熱があるようだ。
いつも一緒だった友達がインフルエンザだったことから、ひょっとするとうつったのかも知れないということで午前中に病院に行ったところ、なんとA型だったとのこと。そしてすぐに、噂の「タミフル」を飲まされたそうな。
ニュースで言われてた副作用が気になるので、かみさんには目を離すなよと言っておいたが、どうやら娘はそのまま爆睡してしまったらしい。

これが噂のタミフルだ家に帰ると、噂のタミフルが置いてあったので、記念に写真を撮っておいた。オレたちがこの薬のお世話にならないように、とりあえず全員マスクをかけることにした。ちょっとかわいそうだけど、娘はできるだけ隔離するようにした。食事も別々で、まさに箱入り娘というわけだ。

それはそうと、昨日のSeesaaの緊急メンテの影響か、オレのパソコンだけ、表示はされるもののスクリプトエラーが出て、ろくに新規記事の投稿もできなくなってしまった。直前にインストールしたShockwaveのプラグインのせいかと思って、システムの復元なんかもしてみたが、一向に直らない。
もしや?と思って、IEのキャッシュファイルを削除したらウソのように直った。なんか以前どこかで関連記事を見たことがあったのを思い出したのだった。
あぁ、良かった。おかげでこうして日記を書くことができたよ。

※編集部注
タミフルって、ホントに効きますねぇ。
あっという間に、回復しています。さすが特効薬!
タグ:健康 ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006-01-20 [Fri]

血豆

オレは昔から、食事中に血豆が出ることが多い。
ものを食べてて唇とかを噛んじゃったら、血豆が出るのは当然わかるんだけど、ただただ普通に食べているだけで、突然膨らみ始めるのだ。膨らんでいく過程が手に取るようにわかる。

なんてこったい?昨日も、醤油味の堅めの煎餅をバリバリ食べていたときに、「キター!」と思ったら突然血豆が膨らみ始めた。鏡で口の中を見てみると、なんと大小3つもの血豆ができている。
「なんじゃ、こりゃー?!」
今までで必ずこういう状況になったのは、トンカツソースがほとんどだった。今回の醤油味の煎餅で、おそらく原因は「濃い塩分」ではないのかな?と思う。

口内炎と一緒だろと思って、口内炎用の薬を塗って寝たんだけど、朝になって見ても、昨日と何も変わっちゃいない。いつもほっとけば直るんだけど、医者に診てもらった方がいいのかなぁ?

※編集部注
いろいろ調べてみると、トンカツの衣や、煎餅のかけら、ポテトチップスなど、堅くて鋭利なもので口の内面にキズができるのが原因のようです。
なんて弱っちい皮膚なんでしょうか(^_^;)。
タグ:健康 血豆
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。