2009-10-12 [Mon]

Mini1000にCentOS

昨日は志半ばで断念した新ルートだが、今日は体調万全で目的地まで到達した。
新鮮な道を楽しめたんだけど、同じ道を引き返してこなきゃいけないのは、あんまり面白くないね。それでも、3連休全部、山が歩けて良かったよ。

ミツバチとコスモスところで、7月に買ったミニノート、Windows7のRC版も試して、モバイルコンピューティングも何回か経験すれば、もう飽きちゃってほとんど使うことがない状況だ。
そもそもノートPCってのは、無停電電源を積んでいるようなもんだし、SSDで超静かとくれば、まさに自宅サーバにうってつけかもしれない。いっそのこと、今の超うるさい自宅サーバの置き換えに使っちゃおうか?なんて考えて、いろいろと試行錯誤を始めているところ。
現在の自宅サーバは、「Fedora Core 6」というディストリビューションを使って構築したものなのだが、サーバとして使うには、もっと安定したものが望ましい。…ということで、企業向けLinuxのクローンとも言われる「CentOS」をチョイス。

CentOSのインストールまずは、最新バージョンである「5.3」のISOイメージをダウンロードして、Windows7のRC版と同様に、何とかUSBでインストールできないものかと、ありとあらゆる方法を試したが、どんなに頑張っても最後までインストールすることは出来なかった。
ちなみに、「Fedora」のライブUSBを作るツールがフリーソフトで出ており、これを使えば簡単に最新の「Fedora」を試すことができる。似たようなLinuxが、特に問題なく動くことだけはわかった。
そんなこんなで、「CentOS」のインストールをあきらめかけたんだけど、一度火がついたら納得するまで治まらない。半ば衝動的に、ヨドバシカメラで一番安い、USB外付けDVDドライブを買ってきた。ISOイメージをDVDに焼き、インストールは難なく成功。
まぁ、何事も勉強と思えば、この程度の出費は大したことではない。

今日見たユリところが設定を始めると、どうやってもネットワークに繋がらないという、サーバとして致命的な問題が起こっていた。どうやら「CentOS」のドライバが、Mini1000のネットワークデバイスに対応していないようだ。
Googleで調べまくって、「ここ」にたどり着き、難なく解決か?と思ったら、コンパイルできる環境になくて、ドライバのインストールが出来ない。ネットワークにさえ繋がっていれば、「yum」などを使って、簡単にその環境を手に入れることが出来るのに…。
どうしようもないので、開発環境も含めたカタチで、ちゃんとインストールをし直した。今度は完璧にドライバがインストールされ、無事にネットワークにも繋がった。
その後は、なぜか「yum update」でエラーが出て止まってしまうのだが、これもググって解決

これでようやく、サーバの土台が出来たような段階で、もうすでにヘトヘトだ。把握している問題点もいろいろあって、完全移行できるまでには、まだ何回か再インストールが必要になるかもしれないので、相当な時間が掛かると思う。
焦らず、じっくり仕上げていこうと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2008-09-10 [Wed]

ウェブサイトのリニューアル

ここんとこ慌ただしくて、なかなかブログを書いているヒマがない。
…と言いながら、自宅サーバのブログシステムを「Movable Type 4」にアップグレードしたのをきっかけに、自分のウェブサイトのリニューアルに完全にはまっている。

月曜日の出張で食べた、デニーズの日替わりランチMTはなかなか難しくて、独特のテンプレートなどに簡単には手を出せないでいた。それでも、これを使いこなせれば、ブログだけでなく、いろいろなウェブサイトが簡単に作れて、しかも運用がきわめて楽になるだろうなという可能性は感じていた。
そこで、いざ、やる!と決めたら、まずは参考書選びだ。本屋で選びに選んだ、その名も「MT4」という黒い表紙の本を買っていじり始めたら、なんとなく基本的な内容が掴めてきたようで、わずか2〜3日の間に、何とかカタチになってきたようだ。
今のところ、最初からMT4に入っている基本デザインをカスタマイズするカタチで作成しているのだが、そのうちさらにやる気が出てきたら、デザインをガラッと変えてみようかなと思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2008-09-02 [Tue]

DNSサーバ

家庭内LANのPCから、自宅サーバの「motospage.sytes.net」を見ようとすると、どうしてもDNSサーバであるルーターのログイン画面になってしまう。
だから、これまでは各クライアントパソコンのhostsファイルに、サーバのIPアドレスを追記することでしのいでいた。

みなとみらいところが、最近のテレビやゲーム機はインターネットも見ることができる。当然、自宅サーバには「motospage.sytes.net」ではアクセスできないので、IPアドレスを直接入力することになるが、これでは非常に使い勝手が悪いし、リンクもクリックできない。hostsファイルみたいなものがあるわけでもないので、パソコンのようなおまじないは不可能だ。
パソコンでは見られるんだから、何もテレビでまで見なくても良いような気は当然するが、やりたくてもできないことが何か一つあると、非常に気になるもんだ。

そこで、いつものサイトを参考に、自宅サーバを内部向けDNSサーバにしてしまうことに決定。記述に従ってBINDというソフトをインストールしようとするが、yumがまったく動かない。さてはFC6のサポートが終了してしまったのか?なんて思って調べてみると、どうやら本家のアップデート用サーバが不正アクセスか何かの原因で停止しているらしい。探すURLを日本国内のものに書き換えてやると、何ら問題なくyumが使えるようになった。
気を取り直して、指示通り進む。ところが、設定ファイルの中身がちょっと違うようだ。まぁ、こんな感じで良いのかな?って書き換えてみたが、案の定、BINDの起動に失敗する。試しに他のサイトを調べてみると、非常に参考になる部分が見つかったので、それとの合わせ技で設定完了。今度はバッチリうまく起動したようだ。
ルータのDNS設定を自宅サーバにし、各機器を再起動して確認すると、すべてうまく行ったようだ。試しにテレビでアクセスしてみると、ホームページがバッチリ表示された。
あぁ、気持ちいい。こんなことで、もの凄い幸福を感じるのだ。

※編集部注
待ちに待った、嬉しい知らせが飛び込んできました。
佐藤琢磨が、トロロッソのヘレステストに参加決定です。何となく、そのままシートを獲得するような気がしてきました。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2007-12-08 [Sat]

Fedora 8

最近「Fedora 8」が出ており、とりあえず新しいものは何でも試してみたいオレは、昨日の出張時に、前々から目を付けていたDVD付きムックを買ってきた。

Fedora 8以前から中古のオンボロPCを実験機として、Linuxの勉強をしているわけだが、夏にインストールした「Fedora 7」はまったくうまく行かなかった。Fedoraは偶数バージョンの方が安定しているとのウワサなので、この「8」にはかなり期待していたわけだが、予想通り非常にスムーズにインストールできて、何ら問題なく動いているようだ。見た目もかなりVistaを意識したような感じで、新しさを醸し出している。
これからいろいろと、いじり倒していこうかと思うが、せっかく問題なく動いている「Fedora Core 6」の自宅サーバをアップグレードするようなバカなマネはしないつもり。今までアップグレードが完全にうまく行ったことはないので、オレもようやく、ちょっとは大人になったのかも。

ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2007-10-01 [Mon]

自宅サーバの改善

先日、「Movable Type」のアップデートがうまく行かないと言ってたが、ふと思いついて、いったん元のブログを全部削除してから新規に作成し、その空のブログにバックアップファイルからインポートすれば、あっさりとうまく行った。

しかし、当たり前と言えば当たり前なんだけど、新しく作り直すと、それぞれの記事番号(URL)が以前とは変わってしまった。こうなっちゃうと、Googleなどに登録されたインデックスと違ってくるからやっかいだ。まぁ、メインを「Seesaa」に移した今となっては、もうどうでもいいことだけどね。
それにしても、MT4は意外と使いやすくなっているので、ちょっとビックリ。デザインも驚くほど簡単に変更できて、いじっててかなり楽しい。何か他の使い道を考えたくなる。

パレットタウンところで、以前から、深夜から早朝にかけての5時間ほど、自宅サーバのファンがうなって、うるさくてたまらない!と言い続けているが、最近はさらにうるさくなってきて、だんだん我慢ならなくなってきた。
そこで先週末に、まずは設置場所を変更することにした。リビングの真ん中に置いていたのを、オレの部屋に押し込んだことで、睡眠の邪魔にはならなくなったが、それでもやっぱりうるさいことには変わりなく、早朝にパソコンをいじくることが多いオレにとっては、ものすごく耳障りなファンの音が鳴り続く中で過ごすのは実にツライ。

そんなとき、ふと思ったのが、ウィルスチェックやアップデート、バックアップなど、あらゆる仕事を同じ時間帯に集中させているのが原因ではないか?ということ。これまた、当たり前と言えば当たり前のことだが、「cron.daily」ディレクトリに入っているプログラムは同じ時間に動くようになっているので、ある程度仕方がない。
それでは…と、「crontab -e」コマンドで変更できるバックアップの時間を、とりあえず昼間の暇な時間に設定し直したら、それだけで早朝のうるさい時間が半減した。昼間のバックアップも1時間ほどで終了する。やっぱり、集中作業のためにCPU負荷が100%になってしまい、全体の処理時間までもが遅くなっていたようだ。

今では、それぞれの設定時間も最適化したので、CPUの負荷も分散し、うるさいことがまったく気にならないようになった。あまりのうるささに撤去まで考えたほどだから、すべて解決できて、ホントに良かったぁ。
ちなみに、もう1台稼働していた実験用サーバは、これを機に停止し、上のサーバ1台に統合することにした。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2007-09-21 [Fri]

ClamAVのアップデート

オレの大好きなB'zが、なんと、アジアのアーティストとしては初めて、ロックの殿堂入りをしたそうだ。ちなみに、全世界での総売り上げは7位とのこと。もちろん、そのほとんどが日本だろうけど、とにかくすばらしい快挙だ。

そんな話題からコロッと変わって、自宅サーバの話。
アンチウイルスソフトとして「ClamAV」を入れているが、Fedoraプロジェクトではまったくアップデートしてくれず、いつまで経ってもバージョンは「0.88.7」のまま。
毎日毎日、最新は「0.91.2」だからお前のは時代遅れ(OUTDATED!)だ…というメッセージ。もう、いい加減ウザい。

ホントにまったく関係ないけど、五目焼きそばそこで、いつも参考にしている「サイト」を見てみると、同じようにしびれを切らした管理人さんが、本家版の「ClamAV」をインストールする方法に変更してくれていた。
書かれたとおりにインストールすると、バッチリ最新版が入って上手く動いているように見えるのだが、相変わらずログには上記と同じメッセージが毎日続く…。
ちょっと考えて、いきなりひらめいた。これはきっと、yumを使ってインストールしたFedora標準版をアンインストールしなきゃいけないんだ!と…。
結果はまさにビンゴ!
「yum remove clamav」でアンインストールしたら、変なメッセージは完全に消えた。一瞬新しく入れた方も消えてしまうのか?と思ったが、あくまでyumで入れたものだけのようだ。でも、これからやる場合は、あらかじめアンインストールした方がいいだろう。「yum remove clamav-update」も忘れずに。

ところで、うちにはもう一台サーバがあるので、こちらも同じようにインストールしたが、インストールの途中で、

configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH

というエラーが出て、インストールできずに終わってしまう。
これはその通り、Cコンパイラがないというメッセージなので、「yum -y install gcc」を実行してからインストールすればOK。環境によっては、この操作も必要だということで、備忘録として書いておこう。
2月からず〜っと出ていた「時代遅れ」メッセージが、これでやっと出なくなった。やっぱ、最新版は気持ちいいよね。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2007-07-18 [Wed]

FC6に逆戻り

「Fedora 7」の導入に失敗した、実験用のオンボロ・ファイルサーバ。
今ではすっかりFC6に戻して、Sambaもすべて元通り、完璧に動いている。やっぱ、ものすごく安定していて、実に快適だ。

Fedora 7のシンボルは気球それにしても、同じように設定してもうまく行かないのは何故なんだろう?
FC4からいじり始めて、もう大概のことは何も見なくても設定できると思ってたのに、やっぱりまだまだ初心者ということか。「Fedora 7」は、見た目が結構良かったので、うまく使えなくて非常に残念。とりあえず、LiveCDから立ち上げて遊ぶとするか。
ウワサによると、奇数のバージョンはどうも不安定らしい。オレの少ない経験でも、確かにそんな感じがする。まもなく「Fedora 8」が出るらしいので、密かに期待しているが、さらにハードを選ぶようだと、また、うまく行かない可能性が高いんだろうなぁ。
また、2万円台のサーバマシンでも買おうかなぁ。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2007-07-11 [Wed]

Fedora 7

Moto's Page」の自宅サーバとは別に、試験用として中古品で組み上げて、何の問題もなく動いていたSambaサーバ。我が家の真ん中でファイルサーバ、プリントサーバとして大活躍だった。

全く関係ないけど、みなとみらいで見たレクサス LS-600HL、なんと1,500万円也!ところが、最近「Fedora 7」という最新版が出てて、記事などを読んでもなかなか魅力的に見えたので、またムクムクと新しもの好きの血がうずき出し、いてもたってもいられなくなってきた。
もう、こうなったらどうしようもない。昨日の人間ドックのあと本屋さんに立ち寄り、「Fedora 7」のDVDが付いた本を買ってきて、早速インストールを始めてしまったのだ。
とりあえず、大事なファイルだけは他のサーバに待避し、DVDからのアップグレードを試みる。意外と簡単にアップグレードは進み、さぁ再起動となったときに変なエラーで止まっている。よく見ると、ブートローダーにFC6カーネルの名残があり、それが一番上になっていたので、ファイルがない!と言って止まっているのだ。これでは再起動で、いちいちカーソルを動かしてから起動してやらないといけない。ひえ〜、この消し方なんてわからないよぉ。

まぁ、それはいずれどうにかなるだろうと、とりあえず起動を進めると、今度はネットワークの起動で止まってしまった。いろいろといじってみた結果、どうやらLANカードの相性が悪かったようで、他のカードに交換したらあっさりと動いた。
一通り設定していじってみたけど、各部が新しくて、結構イイ感じ。動きも少しだけ速く感じる。ところが、あとはリモート設定しようと、置き場所を変えて再起動すると、とたんにネットワークに認識されなくなったり、なんか訳のわからないエラーメッセージが出たりと、非常に安定しない。
何をやってもあまりにヒドイ状態なので、ブートローダーの件もあり、今度はクリーンインストールからやってみた。ところが、最初は調子が良いのに、ファイルをyumでアップデートして再起動すると、とたんに安定しなくなってくる。FC4から全てのバージョンを試してきたが、こんなに安定しなくて手こずったのは、これが初めてだ。それに比べてFC6は、問題らしい問題もなく、最高に良くできていたなぁ。
昨日の夜からすっかり作業にハマってしまい、ほとんど寝ていない状況だけど、今日になってもまったく改善は見られず、ついに先ほど電源をブチッと切ってしまった。残念だけど、これ以上やりようがない。ちょっと心が折れてしまった。
安定しているFC6に戻そうかとも思うが、せっかくの試験用サーバだから、ぜひとも最新版を試してみたいよなぁ。もうちょっとだけ頑張ってみるか…。

※今日買った本

最後の手段として、いつもの参考書の「Fedora 7」版を買って試してみた。付属のLiveCDがかなり良くて、うまく行く予感がしたが、やはり一瞬うまく行っても再起動するとダメになったりで、非常に不安定。どうやら、うちのボロPCとは相性が最悪のようだ。
しかも、Fedora 7のSELinuxには不具合があるようで、プリンタの共有がうまく行かないとのこと。これではしばらく使えないので、あきらめてFC6に戻しているところ。

488166588XFedora 7で作る 最強の自宅サーバー (CD&DVD付)
福田 和宏
ソーテック社 2007-07-03

by G-Tools
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2007-06-07 [Thu]

停電

うちのマンションでは、今日の午前1時から5時まで、東京電力の変圧器取り替え工事で停電になるとの連絡が入っていた。

お台場に咲いてた花さぁ、そうなって困るのは、自宅サーバと番組録画だ。幸いにもその時間に録画予約した番組はない。もし連ドラかなんか録ってたら、大変に悔しい思いをしたことだろう。
そうなれば、あとは自宅サーバをどうするかという問題だけ。オレは最近、早寝早起きの健全な生活なので、10時を過ぎたらとたんに眠くなり、とても1時までは起きていられないし、5時を過ぎたら一刻も早く、サーバーを起動したい。となると、自動でシャットダウンするように設定して、早起きして起動させるのが最善かなぁ。
オレは起動・終了のコマンドとしては、「reboot」と「halt」しか知らない。もう一台のSambaサーバを使っていろいろ試してみたが、「halt」だとシステムは停止するんだけど、電源まで切れないみたい。本をパラパラッと見てみると「shutdown」というコマンドがあり、オプションパラメータで細かな設定ができそうだ。まさに、設定した時間でシャットダウンすることもできるので、リモート制御で下記のコマンドを打ち込んだ。

shutdown -h 00:50

これで、停電直前の0時50分になったら、自動的にシャットダウンしてくれることだろう。安心して布団に潜り込み、早朝5時に目が覚めた。止まっているサーバの電源を入れ、自分のパソコンからログを見てみると、バッチリ0時50分に自動停止したことを確認した。おぉ、なかなか面白いもんだねぇ。
よ〜し、もうちょっと勉強して、今は起動しっぱなしのSambaサーバだが、会社に行ってる間とか、使っていないときも多いので、起動と停止を制御するようにしようかな。

※編集部注
よく考えたら、ある時間でシステムをいったん停止させてしまうと、またある時間に自動起動させるなんて、どうやっても無理ですよねぇ。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2007-06-02 [Sat]

モンテネグロ戦など


もちろん、試合はリアルタイムで観たんだけど、昨夜は眠くて試合終了後すぐに寝ちゃったよ。つい最近セルビア・モンテネグロから独立した、試合相手のモンテネグロが弱かったのかもしれないけど、まさに快勝!
大好きな中澤が先制点を入れてくれたので、超ゴキゲン。高原もさすがだね。
他の選手も、みんなイイ動きをしてたなぁ。それでも、オシム監督は不満そうな顔をしていたから、これからがますます楽しみだ。

話はコロッと変わって、自宅サーバ関連で興味を持ったアプリを、相変わらず次から次へと導入試行している今日この頃。「AWStats」の設定も一段落し、それに続いてネットワークトラフィック監視システムの「MRTG(Multi Router Traffic Grapher)」を導入した。
MRTGのCPU使用率グラフこれも「いつものサイト」に書かれたとおりにインストールと設定をすれば、特に問題もなく導入完了。…と言いながら、実はちょっと、しょうもない部分で躓いたので、備忘録として残しておこう。
「MRTG設定」で、「※ここではサーバープライベートIPアドレスを192.168.1.2とする」と書かれており、2番目の「MRTG設定ファイル編集」では緑色で注意を促されているのでしっかりと自宅サーバにあわせて変更した。ところが、3番目の「CPU使用率表示設定追加」から5番目まで、すべてにIPアドレスを変更する部分があるんだけど、緑色になってなかったのでそのまま追加してしまったのだ。我ながら、まったく注意が足りない。
その後の起動で、「3回起動しないとWARNINGが出る」と書かれているが、何回やってもエラーが消えないので、メッセージを読んでようやく気づいた。
それともう一つ、最後の最後にある「MRTGインデックスページ作成」で、3行にわたるコマンドが書かれているが、これは空白を入れずに一気に入力しなければならないということに、3回目でやっと気づいたよ。

さて、自宅サーバもかなり安定稼働していて、もうだいぶネタが尽きてきたけど、次は何を試してみようかな。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。