2008-06-08 [Sun]

2008カナダGP予選


F1第7戦カナダGPの予選。
アメリカGPがカレンダーから姿を消したので、北米ラウンドはこのカナダGPのみとなる。
至る所で、コンクリートウォールぎりぎりの度胸試しが見物だ。

Q1

Q1が始まるが、午前中のフリー走行でクラッシュしてしまったベッテルは、マシンの修理が間に合わずに出走できないようだ。
序盤は、中嶋一貴が一時トップに立つ活躍。バトンはギアトラブルを抱えており、3周走っただけでマシンを降りてしまった。今季最悪のマシンバランスらしい。逆にバリチェロは、コースオフしながらも調子が良いようだ。予選職人のトゥルーリは体調が優れないようで、スピンしてしまっている。
トップタイムは、ハミルトンの1分16秒909。去年初優勝したこのサーキットとは、かなり相性が良いようだ。以下、マッサ、コバライネン、ライコネン、アロンソ、クビサと続く。
ここでの脱落は、ブルデー、スーティル、フィジケラ、バトン、ベッテルの5名。

Q2

Q2でも、相変わらず路面はダスティー&スリッピーで、トゥルーリやアロンソといったベテランたちがスピンやコースオフを喫している。
ここでも、ハミルトンが1分17秒034でトップに立ち、以下、マッサ、ライコネンと続くが、スゴイのは何と言ってもアロンソ。決して速くないルノーのマシンの限界を引き出すような走りで、トップに引けをとらないタイムで4番手に入っている。
ここでの脱落は、グロック、一貴、クルサード、トゥルーリ、ピケの5名。

Q3

最終のQ3では、Q2終了時にクラッシュしてしまったウェバーが出走できなくなった。これでウェバーは10番手が確定。
ここでもハミルトンは絶好調でトップをキープするが、去年ここで大クラッシュしたクビサが、1分18秒498でトップタイムを更新する。まさにノリノリだ。
ライコネンもセクター1と2でタイムを削ってくるが、どうしてもセクター3で遅くなり、トップに立つことができない。最後の最後でハミルトンが1分17秒886を叩き出し、開幕戦以来のポールポジションを獲得した。
2番手はクビサ、3番手はライコネン、4番手にアロンソ、5番手にロズベルグと続き、最近好調のマッサは6番手に沈んでいる。

※編集部注
早朝に目が覚めたから良かったものの、放送時間が勝手に1時間近くも遅らされたようです。録画できなかった人が多いんじゃないでしょうか。ちょっとこの対応は酷すぎると思うのですが…。


タグ:F1 カナダ 予選
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは!私実はまだ予選見てなくて結果だけネットで見ました・・・インディーのプレミアへ行って来てスゴク感激して忘れてしまうなんて。。。チョットショック><
バトン、ギアボックスが故障で19位だったんですね。。今夜遅いですが、応援します!!
Posted by まめ。 at 2008年06月08日 20:58
まめ。さん、こんにちは。
テレビで見た、あのインディのプレミアに行かれたとは、羨ましい限りです。
私なんか、前売りさえゲットできずにいます。

まぁ、しかし、決勝でのハミルトンには腹立つこと…。
バリチェロは最近、絶好調ですねぇ。
Posted by Moto at 2008年06月09日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2008 Round7 F1カナダGP ジル・ビルヌーブ・サーキット 公式予選の結果
Excerpt: Q3(10分) 1.ハミルトン 1:17,886 2.クビサ +0,612 3.ライコネン +0,849 4.アロンソ +0,860 5.ロズベルグ +0,958 6.マッサ +1,162..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2008-06-24 01:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。