2008-05-25 [Sun]

2008モナコGP予選


F1第6戦モナコGPの予選。
今日は晴れているが、決勝はどうやら雨らしいので、抜けないモナコでは、この予選での順位がいつもよりもさらに重要となる。
ブリヂストンは今回、最高に柔らかいスーパーソフトのタイヤを持ち込んでおり、かなりの変更が加えられているようだ。

Q1

Q1から、フェラーリとマクラーレンの熾烈な争いが始まるが、ウィリアムズのロズベルグがTV画面からも気迫が感じられるような非常にアグレッシブな走りで、かなり良いタイムを出している。それに対してチームメイトの一貴はなかなかタイムが伸びない。
同じくルーキーのピケJr.もかなり危なっかしい走りで、危うくリアをぶつけそうになっている。これじゃ、ホントに琢磨と交代させられるぞ。
ラバーコーティングで路面が出来上がってからは、各マシンのタイムが飛躍的に伸びていく。トップタイムはマッサの1分15秒190で、一貴はなんとかQ2進出を決めた。
ここでの脱落は、ブルデー、ピケ、ベッテル、スーティル、フィジケラの5名。

Q2

続くQ2も、フェラーリ、マクラーレンの2強と、ロズベルグが速い。
ここでも、マッサが1分15秒110でトップに立ち、なんと2番手はロズベルグ。こりゃ、スゴイ! 一貴はチームメイトに大きく差を付けられている。
アロンソは9番手、予選職人のトゥルーリは7番手と、確実にトップ10に入れてくるのはさすがだ。…と思っていたら、タイヤだけがコースを転がるシーンが映し出される。なんと、クルサードがシケイン手前でクラッシュしたのだ。これでセッションは途中終了となってしまい、タイムアタックのチャンスを奪われたドライバーがたくさん出た模様。
ここでの脱落は、グロック、バトン、ハイドフェルド、一貴、バリチェロの5名。ホンダは相変わらずダメダメ。ハイドフェルドも、クビサに対してまったく良いところがない。

Q3

最終のQ3では、各チームがポールポジションを目指して戦う。抜けないから一つでも予選の順位を上げたいし、かといって燃料も十分積んでいないとピットストップで簡単に順位を落としてしまうから、さぁ大変だ。
結局、トップは1分15秒787のマッサで、今季3回目、2戦連続のポールポジション獲得。ホントに集中力がキープできれば、こんなに速いヤツはいないというぐらいに速い。
2番手はライコネンで、苦手と言われたモナコで、フェラーリがフロントロウを独占。
以下、ハミルトン、コバライネン、クビサ、ロズベルグ、アロンソ、トゥルーリと続く。
ウォールに囲まれたあの狭いコースをかっ飛ばす、オンボードカメラの迫力はものすごいが、これで雨なんか降ったら、いったいどうなるんだろうね。


タグ:予選 モナコ F1
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2008 Round6 MONACO GP MONTE CARLO モナコ:モンテカルロ市街地サーキット 公式予選の結果 /決勝はウェットレースらしい
Excerpt: 「正直モナコは好きじゃない」と言っていたフェラーリのフェリペ・マッサが初のポールポジジョン。 2位につけたのがこれまたフェラーリのキミ・ライコネン 29年ぶりのフェラーリフロントロー独占 だということ..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2008-05-26 02:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。