2008-04-07 [Mon]

2008バーレーンGP決勝


F1第3戦バーレーンGPの決勝。
このサーキットは、コース幅も広く、ストレートも長いので、テレビの画像ではマシンが非常に遅く見える。しかし実際には、かなり速い部類の中高速サーキットだ。

フォーメーションラップでは、ピケが無線で「セカンドギアに入らない!」と言っている。
57周のレースがスタート。第1コーナーは、ポールのクビサを抑えてマッサが制する。ハミルトンはスタートに大失敗、後ろにいたコバライネンが慌てて前に出て行く。後方では、ベッテルが何らかのアクシデントでリタイヤとなっている。続く2周目には、ハミルトンが焦っているのか、アロンソに追突してフロントウィングを飛ばしてしまい、その交換作業で大きく順位を落とす。
3周目には、ライコネンがクビサをかわして、これでフェラーリの1-2態勢が完成。ただ、周回遅れをかわす頃になると、マッサが若干ミスをする場面も映し出されて、一瞬ヒヤッとする。バトンはいつの間にか20番手にまで落ちており、クルサードと激しい19番手争いを演じている。

17周目に、クビサとロズベルグが最初のピットイン。やはり燃料が若干軽かったようだ。18周目には、バトンがクルサードを抜こうとして接触、フロントウィングを飛ばしてしまう。毎回毎回クルサードは、抜かれるときに被せてしまうので注意が必要だ。結局これで、バトンはリタイヤしてしまう。今回は踏んだり蹴ったりのようだ。
20周目には、マッサではなくライコネンが先にピットイン。その後、上位陣が続々とピットインする。23周目には、琢磨とハミルトンの15番手争いが見られるが、ストレートであっさりぶち抜かれてしまった。同様に、30周目にはフィジケラとハミルトンの13番手争いとなるが、これもストレートエンドで抜いていく。どちらも、ハミルトンが抜き際に左手を出して、何かアピールしているのがちょっとムカツク場面だ。
32周目に、一貴がようやくピットイン。どうやら1ストップ作戦のようだ。37周目にはピケがコースオフ。やはりギアがうまく入らないようで、その後リタイヤとなる。38周目以降、各マシンが2回目のピットインをおこなうが、上位の順位に変動は見られない。

結局、このサーキットを得意とするマッサが、そのまま余裕で今季初優勝。終始安定した走りで、これまでの汚名返上を果たした。2位にはライコネンが入り、フェラーリの1-2フィニッシュ。これでライコネンは、ランキングトップに立つ。
3位にはクビサ、4位にはハイドフェルドと、BMWザウバー勢が続き、マクラーレンをしのぐ速さを見せつけて、コンストラクターズのランキングトップに立つ。
調子を上げて来ているホンダは、今回、ポイント獲得の絶好のチャンスと思われたが、バトンに不運が重なり、またもノーポイント。これだから、初戦で獲れるはずのポイントをチョンボで落としたことが、ずっと悔やまれる。
次回からは、いよいよヨーロッパラウンドが始まる。本格的な闘いはこれからだ。

1位 F.マッサ(フェラーリ)
2位 K.ライコネン(フェラーリ)
3位 R.クビサ(BMWザウバー)
4位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
5位 H.コバライネン(マクラーレン)
6位 J.トゥルーリ(トヨタ)
7位 M.ウェバー(レッドブル)
8位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
9位 T.グロック(トヨタ)
10位 F.アロンソ(ルノー)
11位 R.バリチェロ(ホンダ)
12位 G.フィジケラ(フォース・インディア)
13位 L.ハミルトン(マクラーレン)
14位 中嶋一貴(ウイリアムズ)
15位 S.ブルデー(トロロッソ)
16位 A.デビッドソン(スーパーアグリ)
17位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
18位 D.クルサード(レッドブル)
19位 A.スーティル(フォース・インディア)
R N.ピケJr.(ルノー)
R J.バトン(ホンダ)
R S.ベッテル(トロロッソ)


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんわ!
もう期待しすぎて力尽きたまめ。でつorz
ほんと踏んだり蹴ったりってこの事ですね。。。去年から応援し続けてスタミナ切れです(苦笑)もういい加減、ポイントが欲しいです(懇願!)
なんなんですかね。。しょっぱなパンクって・・・誰か画鋲でも置いたのかっ☆って思います(泣)来るサードも要注意ですね、、デビルクルサードめ!
バルセロナアップデート版に期待!!
そしてバトンにも期待!!(何回この言葉を使っているだろうか・・・
Posted by まめ。 at 2008年04月08日 01:08
今回のバトンは、ホントに不運が重なっただけだと思いますから、今後に十分期待はできますよ。マシン自体は、ルノーと同じかそれ以上に速くなってきているように思いますし、なんせバトンは、バリチェロに一回も負けたことはありませんから(たぶん)。
まだまだ序盤、こんなところで力尽きてたら、あと15戦も持ちませんよ(^_^;)。
Posted by Moto at 2008年04月08日 05:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2008 Round3 F1バーレーンGP/バーレーン・インターナショナル・サーキット決勝の結果Congratulations!マッサ de JBいきなり終わる・・・
Excerpt: フェリペ・マッサ優勝おめでとう! 久々に笑顔のマッサが見られ、ほんとに良かった。 キミが優勝するのではないかなぁ・・・と思っていたのだが。 もう、キミは強すぎるのでここでマッサにも10点あげて下さ..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2008-04-08 01:10

2008F1 第3戦 バーレーンGP/サクヒール
Excerpt: バーレーンGPのお話。
Weblog: はびのすブログ 〜ブサイクな日々〜
Tracked: 2008-04-08 02:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。