2008-04-04 [Fri]

不忍池

今日は池袋への出張。
この駅は、いつ来ても難しい。JRの西口に出たかったので「西口方面」という案内板に従って進むが、突然「西口」という言葉が消えて、東口と南口しか見えなくなってしまうのだ。東口の反対だろうと思って南口方面へ進むが、出てきたところはもちろん西口ではないし、東武の南口のそばのメトロポリタン口。外をグルッと歩いて、ようやく西口へ到着。いい加減覚えろよ、まったく。

上野公園のサクラ午前の仕事自体は、貴重な収穫もあって、まずまずの成果かな。午後の仕事までに十分な時間があるし、せっかくの東京だから、ニュースでよく見る上野公園にサクラを見に行くことにした。
上野駅に着くと、平日とは思えないほどの花見客で、改札も大混雑だ。公園の案内図を確認してから、不忍池方面へと向かう。おぉ、公園内も満開のサクラでいっぱいだ。すでに、かなり散ってしまっているようだね。サクラの下では、どこもかしこも花見の場所取りがされており、新入社員とおぼしきスーツ姿の兄ちゃんが陣取っている。それにしても、公園内にいる観光客の大半は外国人のようで、周囲から日本語はあまり聞こえてこない。

不忍池しばらく歩くと、ようやく池らしきものが見えてきた。露店の並ぶ通りの先に、弁天堂が見える。あぁ、これが有名な不忍池か…。
テレビでよく見るボートもたくさん浮かんでいるし、カモメや鴨もたくさんいるな。でも、想像してたより、池自体はあんまりキレイじゃないんだね。それでも、池の周りで咲き誇るサクラは、ホントにキレイだ。三溪園と違って、周りのビルが見えているのが、ちょっと惜しい感じだね。ま、東京だから仕方ないか。

一通り、公園内をグルッと回って、上野公園のサクラを満喫した。サクラを見ると、心がリフレッシュされる気がする。少し風が出てきて、まるで本当の雪のように見える桜吹雪の中を歩いていると、何か自分がめっちゃ祝福されているような錯覚に陥って、少し恥ずかしくなってしまった。陽の光にキラキラと輝きながら舞い落ちてくるサクラの花びらは、生まれて初めて見たような気がする。これなら、頭や肩に乗せたままで電車に乗っても、なかなか風流かな?と思った。

※今日読み終えた本

カナダでいくつもの会社を興した親父が、自分の息子が社長に就任するまで20年にも渡って書き続けた、遺書代わりの30通の手紙。
あらゆる場面で事細かに助言をするので、おそらく息子も最初は鬱陶しかったのではないかと思う。でも、歳をとるほどにありがたさが身にしみるような内容で、これを読ませてもらうだけでもラッキーなことだと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
18:10 | Comment(2) | TrackBack(1) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
上野公園と不忍池、何だかお祭りムードでしたよね☆
桜吹雪、私も心が癒されました。
本当に綺麗ですよね♪
しばらく桜吹雪の中にいたいなって思いました。
Posted by はまかぜ at 2008年04月06日 01:05
はまかぜさんのブログは、写真がとてもキレイですね。
しかも、みなとみらいといい、上野公園といい、あまりにも行動パターンが似ていたので、とても親近感を覚えました。
それにしても、あの桜吹雪は見事でしたね。
これからもよろしくお願いします。
Posted by Moto at 2008年04月06日 03:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

上野公園の桜
Excerpt: 今回は上野公園の桜のフォトギャラリーを作りました。 上野公園は、正式には「上野恩賜公園」といいます。 桜は先週末に満開を迎えました{/s1_spr_sakura/} 今はお祭りのような雰囲気になってい..
Weblog: 読書日和
Tracked: 2008-04-05 19:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。