2008-03-16 [Sun]

2008オーストラリアGP決勝


2008年のF1開幕戦オーストラリアGPの決勝。
真夏のような天気で、路面温度は51℃。ドライバーにもエンジンにも過酷なレースとなる。スーティルはピットスタート、グロックはペナルティにより18番手スタートとなる。

58周のレーススタート。1コーナーから2コーナにかけて接触があり、いきなりのセーフティカー導入となる。これにより、ベッテル、フィジケラ、デビッドソン、バトン、ウェバーが早くもリタイヤとなる。マッサもフロントにダメージを受けたようだ。その間に、ライコネンは8つ、琢磨は9つもジャンプアップする。
3周目にレース再開、一貴がピケを華麗にパスするシーンが映る。ライコネンが7番手のバリチェロを追いかけ回すが、なかなか抜けない。ホンダも意外と速いようだ。スーティルは駆動系トラブルにより、ピットでリタイヤ。

16周目にクビサがピットイン。やはり燃料が少なかったようだ。その翌周にはハミルトンもピットインし、3番手ハイドフェルドの後ろでコースイン。ライコネンはついにバリチェロをかわして6番手浮上。
20周目にトゥルーリがピットイン、何故かそのままリタイヤしてしまう。その後、ハイドフェルド、ロズベルグ、コバライネンがピットインする。
25周目にマッサがクルサードを抜く際に接触。クルサードは宙に浮いて大破。これで2回目のセーフティカー導入となり、ハミルトンの築いたマージンはなくなる。ここまでで、すでに8台もリタイヤするという、かなり荒れた展開だ。この間に、多くのマシンがピット作業を済ませる。

30周目にレース再開。ライコネンがコバライネンを抜こうとしてコースアウト。クラッシュは免れたものの、最後尾にまで落ちてしまう。また、マッサは突然のスローダウンでストップしてしまう。さらには、ピケも琢磨もマシンをストップ。これで、リタイヤしたマシンは半数の11台。何というサバイバル戦だろう。
42周目に、ライコネンがグロックを抜こうとしてコースアウト。う〜ん、チャンピオンらしからぬミス連発で、またまた順位を落としてしまう。しかし44周目には、グロックがコースアウトして大きく跳ね上がり、大クラッシュとなる。ドライバーは無事だったが、これで3回目のセーフティカー導入という、大波乱のレースだ。
このタイミングでバリチェロが2回目のピットインをおこなうが、これが後に審議対象となり、10秒ストップのペナルティとなる。そのピット作業では、ロリポップ係のミスにより、給油ホースが付いたまま発進させてしまい、クルーが引きずられ、ピットにガソリンがばらまかれるという大失態。さらには、ピットレーン出口での赤信号無視まで重なり、レース後に失格処分となってしまった。

残り10周でレース再開。直後に一貴とクビサが接触してピットイン。一貴は復帰するものの、クビサはリタイヤとなる。(このことで一貴には、次回マレーシアGPでの10グリッド降格ペナルティが出てしまった)
アロンソは、コントロールの難しいマシンで、コバライネンを抜き去るという、気迫溢れる走りを見せている。
残り6周で、ライコネンのペースが10秒近く遅くなってしまい、ついに残り4周でストップしてしまう。いったい、フェラーリの信頼性はどうなってるんだ?
残り3周でブルデーのマシンも白煙を上げてストップ。これで残りのマシンは7台のみとなり、すべて入賞が決定だ。
ラスト1周で、アロンソとコバライネンが抜きつ抜かれつの激しい4位争い。結局アロンソがバトルを制して4位となる。このあたりは、さすがだね。
荒れた開幕戦の優勝は、もちろんトラブル知らずのハミルトン。2位には堅実な走りのハイドフェルド、3位はロズベルグ、一貴は7位でチェッカーを受けたが、6位のバリチェロが失格となったので、繰り上がって6位となった。そのおかげで、ライコネンも8位入賞となり、貴重な1ポイントを獲得することになった。

それにしても、フェラーリの信頼性不足にはガッカリだし、意外な速さを見せたホンダも、せっかくのポイントを大チョンボで逃してしまった。何とも残念なレースだった。

1位 L.ハミルトン(マクラーレン)
2位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
4位 F.アロンソ(ルノー)
5位 H.コバライネン(マクラーレン)
6位 中嶋一貴(ウイリアムズ)
7位 S.ブルデー(トロロッソ)
8位 K.ライコネン(フェラーリ)
R R.クビサ(BMWザウバー)
R T.グロック(トヨタ)
R 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
R N.ピケJr.(ルノー)
R F.マッサ(フェラーリ)
R D.クルサード(レッドブル)
R J.トゥルーリ(トヨタ)
R A.スーティル(フォース・インディア)
R M.ウェバー(レッドブル)
R J.バトン(ホンダ)
R A.デビッドソン(スーパーアグリ)
R S.ベッテル(トロロッソ)
R G.フィジケラ(フォース・インディア)
失格 R.バリチェロ(ホンダ)


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは!開幕戦、大波乱でしたね。
バトンがなんの仕事もしないうちに残念でした。が、次回はいい仕事をしてくれると期待します。
バリチェロも失格でホンダは悔しいですね。
だけど、私は去年に比べ多少なりともレースに加わることが出来るマシンになってきたと思います。
だからマレーシアは1点くらい取って欲しいと願ってます♪
ただ今日のロリポップマンには腹が立ちました。どうにかして欲しいです!
PS:一貴さんはペナルティが科せられたのですか。。クビサが可哀想でしたね。
Posted by まめ。 at 2008年03月16日 22:19
せっかく戦えそうなマシンだということが証明されたのに、何とももったいないチョンボだけは、もう勘弁してほしいですよね。今後はバトンがクラッシュに巻き込まれなきゃ、中盤での争いはできそうですが、トヨタの方が若干速い感じがします。
それにしても今回のフェラーリは、信頼性が最悪でした。ちゃんとレースができるようにしてくれ!って感じです。
Posted by Moto at 2008年03月17日 06:05
こんばんは。また来ましたww
どうも赤信号が頭から離れなくてむしゃくしゃしています。こんなチャンスはないのに。。。
トヨタ、まめ。は認めたくないですが確かに速いですね。グロックいい感じでしたよね。

フェラーリはバリチェロを余裕で抜いていきましたね。それまではただ遊ばれていたようにも思えますが(爆)
伸びが違うし速いですよ。あれくらいHondaも造って欲しいです。次は大丈夫でしょう。

今週のF1速報(雑誌)の4コマ漫画は、きっとバリケ〜ロの事が面白おかしく書かれそうですね・・・結構あれ笑えますから。
Posted by まめ。 at 2008年03月18日 01:39
そりゃ、ムシャクシャもするでしょう。私だってそうですから…。
セーフティカー導入時の給油や、ロリポップマンの失態は仕方ないとして、失格となるような赤信号無視はバリチェロが悪いんですからね。ちゃんと謝るのが筋じゃないかと思いますよ。
Posted by Moto at 2008年03月18日 07:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1開幕の豪GPハミルトン制覇で中嶋6位
Excerpt: F1今季の開幕戦である豪GPが開催されハミルトンが制覇して 中嶋一貴が繰り上げ6位ポイント獲得も開幕から大波乱だった 予選はPPハミルトンが獲得し2番がクビサで3番がコバライネンで マッサ・..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2008-03-16 20:37

'08F1オーストラリアGP 決勝の結果 メルボルン
Excerpt: 開幕戦、なかなか見所があった。 大好きなバトンが初っ端から参戦せずにリタイアとは、まめ。にとってはとても残念であり悔しく哀しかった。 だって今日はもう目にする事ができないんだからね&#63..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2008-03-16 22:19

豪GPハミ制覇で中嶋6位&佐々木夫妻&ジャンプ16号
Excerpt: 豪GPはF1開幕戦でリタイア続出で大波乱の展開もハミルトン余裕で制覇し 中嶋一貴が7位でゴールして6位に繰り上げになってポイント獲得して凄いし 佐々木夫妻の仁義なき戦いは法倫&律子が遂に離婚裁判を..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2008-03-17 21:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。