2007-12-01 [Sat]

番組観覧

行ってきたよ、「クイズ!ヘキサゴンII」の収録に!
内容は一切書けないけど、ホントに面白かった。

湾岸スタジオ収録があったのは、初めての「湾岸スタジオ」だ。
遅れちゃまずいので、早めに行って無料で入れる部分(1Fと7F)を観て回ったけど、ほとんど人もおらず、本社に比べるとかなり地味な印象だ。それにしても、総ガラス張りの建物なので、日の当たる側は暑いのなんのって…。
やがて受付の時間が来て、リストと照合し、整理券をもらって多目的ホールに入る。入場まで30分ほど待機するが、ガラス張りの室内は相当暑い。しばらくすると電動シェードを下ろしてくれたので、一気に涼しくなってきた。この時間で出演者が問題を解いているらしい。
大道具が並ぶ通路を抜け、スタジオの手前まで来ると、もうワクワク感でいっぱいだ。ついにスタジオに入り、スタッフの指示で席に着く。オレは観覧席全体のほぼ中央だ。テレビで見慣れた番組セットが、意外とコンパクトに収まっていることに驚く。ホントにたくさんのカメラやスタッフが周りを取り囲んでいて、みんなテキパキと働いている。
出演者が入ってくる前に、「ロシアンモンキー」という吉本の芸人さんが前説をおこなう。まずは拍手の仕方から、声の出し方を練習する。さらに時間があるので、ショートコントやロンドンでの盗難話、事故の話やバイトの話など、かなり面白かったが、ノリに乗ってきたところで出演者たちの登場となって残念そうだった。

自由の女神と東京の夜景司会の島田紳助をはじめとし、テレビでおなじみの芸能人たちが続々と入場してくる。なんと今日は、1/2放送の新春3時間スペシャルの収録ということで、通常の18人ではなく24人という豪華さ。出演者もここでは書けないが、大体想像通りだと思う。間近で見る芸能人たちは、ホントにカッチョ良くてオーラを感じるし、女性タレントはまさにお人形さんみたいに細くて可愛い。中村アナも相当キレイだ。みんな観覧席にも手を振ったり挨拶をしてくれて、とても感じが良い。
やがてタイトルコールから収録が始まり、いつも通り順位の発表から番組がスタートする。あとから入れる効果音はないけど、まさにテレビと同じイメージだ。各パートごとに5分ほどの休憩というか、セットの変更があって、スムーズに収録が進行していく。なんか、編集の必要もないぐらい無駄なく収録が進んでいる感じだ。「Pabo」と「羞恥心」の天才ぶりもスゴイが、出演者とのちょっとした会話から大爆笑を誘い出す、島田紳助という司会者はあらためてスゴイと思った。出演者たちも実に仲が良く、また夏に沖縄ロケをしよう!などと楽しそうに話していた。

フジテレビ前のクリスマスツリー(まだ建設中)さすがに新春スペシャルということで、収録は2部に別れており、オレたちのあとに観客を入れ替えて続きを録るようだ。前半は5時までの予定だったのだが、6時を過ぎてしまったので、後半のお客さんたちとすれ違うとき、かなりお疲れのようで、顔が怒っているように見えたなぁ。ま、収録が始まれば、大爆笑になるんだろうけど。
約3時間の収録も、あっという間に終わるほど面白かった。辺りはもう真っ暗で、どこもかしこも、クリスマスのイルミネーションがキレイだ。日が良いのか、至る所で結婚式の二次会がおこなわれている。7時から始まった花火大会を右に見ながら、高速に乗って横浜への帰路についた。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
こんばんは!久しぶりにコメントさせて頂きます^^
いいですね〜クイズヘキサゴンの収録ですか!!
紳助さんの司会はテンポがよくて面白いですよね。新春スペシャル、必ず観るようにします(^^)

冬の花火大会っていうのがあるんですね。。
見たいな〜♪
Posted by まめ。 at 2007年12月03日 02:35
番組観覧は、とにかく芸能人がたくさん出るものに限りますね。
いまだに夢のような時間でしたよ。
冬の花火大会は、お台場では確か、毎週土曜日にやるらしいです。2,000発ほど打ち上げるんですよ。空気が澄んでいるので、冬の方がキレイかも。
Posted by Moto at 2007年12月03日 07:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。