2007-09-23 [Sun]

IE7の設定

数日間の特訓の成果があったようで、長女は昨日の体育祭で、単独の80m走ではブッチギリの1位を取ったらしい。リレーは残念ながら1位こそ取れなかったものの、かなり健闘したようだ。
その本人は、体育祭が終わって以降も走り続ける気があるらしいので、オレも可能な限り付き合うことにしよう。

大鳴門橋ところで最近、オレのXPパソコンを再インストールして、今ではほぼ元通り以上の快適な環境に戻ったところであるが、いろいろと微妙な設定をしていたことを忘れてしまったりしていることに気づく。まぁ、大概のことであれば、ちょちょいとググれば回答が見つかるわけだが、とりあえず今後のために備忘録を残しておこう。
今回は、IE7の過剰とも言えるセキュリティによって出される、非常にウザいメッセージの消し方だ。

IE7のメッセージ

IE7を使ってSeesaaブログで記事作成するとき、「URL」などのボタンをクリックすると、「この Web サイトは、スクリプト化されたウィンドウを使用して情報を依頼しています。この Web サイトを信頼している場合、ここをクリックして、スクリプト化されたウィンドウを許可してください。」という情報バーがいちいち表示されて、実にウザったい。
この表示をなくすには、IE7の「ツール」−「インターネットオプション」−「セキュリティ」タブで、「インターネット」ゾーンを選択して「レベルのカスタマイズ」を開き、「スクリプト化されたウィンドウを使って情報の入力を求めることを Web サイトに許可する」を有効にする。

ZIPファイルを開くときのメッセージ

エクスプローラで、LANの共有フォルダにあるZIPファイルを開こうとすると、「このページには、セキュリティの危険性がある可能性があります。続行しますか?」 というメッセージがいちいち出てくるようになった。これもやはり、IE7が出しているメッセージだが、相当にウザい。
この表示をなくすには、同じくIE7の「ツール」−「インターネットオプション」−「セキュリティ」タブで、「ローカル イントラネット」ゾーンを選択して「サイト」を開き、「イントラネットのネットワークを自動的に検出する」のチェックを外す。そして、「プロキシサーバーを使用しないサイトをすべて含める」以外の2つにチェックを入れる。

今日はこれまで。
それにしても、今テレビでやってる4時間の特番「DOORS2007」が、めっちゃ面白い!


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イントラネット
Excerpt: イントラネットイントラネット(Intranet)とは、社内や学校内等、限定された範囲でのコンピュータ・ネットワークを構築する時に、インターネットの標準的な技術を利用することで低コスト化とベンダー独立性..
Weblog: パソコン図書館
Tracked: 2007-09-29 11:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。