2007-07-22 [Sun]

2007ヨーロッパGP予選


ドイツのニュルブルクリンクでおこなわれる、F1第10戦ヨーロッパGPの予選。
スパイカーを解雇されたアルバースの代わりとして、今回のGPではビンケルホックがドライバーを務める。

Q1

Q1では、スーパーアグリの琢磨とデビッドソンが好調で、今回は無難にQ2進出を決めた。しかし4強は相変わらず強く、1分31秒台前半での戦いが始まる。最終的にQ1を制したのはアロンソで、1分31秒074という圧倒的な速さを見せつける。
ここでの脱落は、バトン、スピード、リウッツィ、クルサード、スーティル、ビンケルホックで、トロロッソとスパイカーが姿を消す。相変わらず不調のホンダだが、中でもバトンには、速さもやる気も感じられない。

Q2

続くQ2では、マッサが1分30秒912を出し、ついに1分30秒台に突入。
アロンソも1分30秒983を出すが、わずかに及ばず。トゥルーリは、スピンしてコースアウト。接触する寸前でストップ。
ここでの脱落は、ロズベルグ、ブルツ、フィジケラ、バリチェロ、デビッドソン、琢磨で、ウィリアムズとスーパーアグリ、そしてホンダも姿を消す。

Q3

最終のQ3では、マッサとハミルトンがレースさながらのバトルで、気合いが入りまくっている。そのせいか、ハミルトンはターン8でまさかのクラッシュ。どうやら、右フロントタイヤのナットがゆるんでいたようで、突然パンクして真正面からタイヤバリアに突っ込んだようだ。本人はまったく無傷のようだが、明日の決勝が心配だ。このアクシデントで赤旗が出てしまう。
再開後、マッサが1分31秒778を出したかと思うと、ライコネンがすぐに1分31秒450で塗り替える。アロンソはそれには及ばずに1分31秒741で、フェラーリの2台に割って入る形となり、ライコネンは開幕戦以来今季2回目のポールポジションが決定。
BMWは地味に実力を上げており、確実にフェラーリとマクラーレンのすぐ後ろにいる感じで、すでに3強と言っても過言ではないほどだ。(まだ早いかな?)
それにしてもハミルトン、レースに出場できたとしても10番グリッドからのスタートとなる。連続表彰台記録の行方はどうなるのか。


あと、昨夜のアジアカップ準々決勝、日本対オーストラリア戦は凄かったねぇ。
オーストラリアに先制された!と思ったら、すぐに高原が華麗なシュートで追いつき、そのまま延長戦へともつれ込んだ。
それでも勝負が付かずに、試合はPK戦へと突入。オシム監督は、自分が観ていると負けそうな気がする…ということで、ドレッシングルームに引っ込んでしまう。
オレ、昨夜はべろんべろんに酔っぱらいながら観戦してたんだけど、闘志あふれる川口が2本も止めたときには、もう涙があふれ出し、最後に中澤が決めたときにはワンワン泣いて喜んでいた。おかげで、その後はぐっすり眠れたよ。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。