2007-07-11 [Wed]

Fedora 7

Moto's Page」の自宅サーバとは別に、試験用として中古品で組み上げて、何の問題もなく動いていたSambaサーバ。我が家の真ん中でファイルサーバ、プリントサーバとして大活躍だった。

全く関係ないけど、みなとみらいで見たレクサス LS-600HL、なんと1,500万円也!ところが、最近「Fedora 7」という最新版が出てて、記事などを読んでもなかなか魅力的に見えたので、またムクムクと新しもの好きの血がうずき出し、いてもたってもいられなくなってきた。
もう、こうなったらどうしようもない。昨日の人間ドックのあと本屋さんに立ち寄り、「Fedora 7」のDVDが付いた本を買ってきて、早速インストールを始めてしまったのだ。
とりあえず、大事なファイルだけは他のサーバに待避し、DVDからのアップグレードを試みる。意外と簡単にアップグレードは進み、さぁ再起動となったときに変なエラーで止まっている。よく見ると、ブートローダーにFC6カーネルの名残があり、それが一番上になっていたので、ファイルがない!と言って止まっているのだ。これでは再起動で、いちいちカーソルを動かしてから起動してやらないといけない。ひえ〜、この消し方なんてわからないよぉ。

まぁ、それはいずれどうにかなるだろうと、とりあえず起動を進めると、今度はネットワークの起動で止まってしまった。いろいろといじってみた結果、どうやらLANカードの相性が悪かったようで、他のカードに交換したらあっさりと動いた。
一通り設定していじってみたけど、各部が新しくて、結構イイ感じ。動きも少しだけ速く感じる。ところが、あとはリモート設定しようと、置き場所を変えて再起動すると、とたんにネットワークに認識されなくなったり、なんか訳のわからないエラーメッセージが出たりと、非常に安定しない。
何をやってもあまりにヒドイ状態なので、ブートローダーの件もあり、今度はクリーンインストールからやってみた。ところが、最初は調子が良いのに、ファイルをyumでアップデートして再起動すると、とたんに安定しなくなってくる。FC4から全てのバージョンを試してきたが、こんなに安定しなくて手こずったのは、これが初めてだ。それに比べてFC6は、問題らしい問題もなく、最高に良くできていたなぁ。
昨日の夜からすっかり作業にハマってしまい、ほとんど寝ていない状況だけど、今日になってもまったく改善は見られず、ついに先ほど電源をブチッと切ってしまった。残念だけど、これ以上やりようがない。ちょっと心が折れてしまった。
安定しているFC6に戻そうかとも思うが、せっかくの試験用サーバだから、ぜひとも最新版を試してみたいよなぁ。もうちょっとだけ頑張ってみるか…。

※今日買った本

最後の手段として、いつもの参考書の「Fedora 7」版を買って試してみた。付属のLiveCDがかなり良くて、うまく行く予感がしたが、やはり一瞬うまく行っても再起動するとダメになったりで、非常に不安定。どうやら、うちのボロPCとは相性が最悪のようだ。
しかも、Fedora 7のSELinuxには不具合があるようで、プリンタの共有がうまく行かないとのこと。これではしばらく使えないので、あきらめてFC6に戻しているところ。

488166588XFedora 7で作る 最強の自宅サーバー (CD&DVD付)
福田 和宏
ソーテック社 2007-07-03

by G-Tools


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。