2007-06-18 [Mon]

2007アメリカGP決勝


F1第7戦アメリカGPの決勝。
直前のクラシックカーレースで、ちょうどアロンソのグリッド前にオイルをまき散らしたようで、アロンソはかなり気にしているようだ。ほとんどのマシンがソフトタイヤを履く中、ライコネンはハードタイヤを選択している。

スタート直後の1コーナーで、アロンソはハミルトンにかなり仕掛けていくが、ハミルトンは何とかトップを守る。それに対して、ライコネンはハイドフェルドとコバライネンに先行を許してしまう。新人ベッテルは大きくコースオフしている。
後方では、ラルフとクルサードが接触した模様で、イエローフラッグが出る。それに巻き込まれたバリチェロは、何かのパーツを踏んでパンクしたようだ。これで、ラルフ、クルサード、バリチェロの3人が一気にリタイヤとなる。
バトンとフィジケラ、リウッツィとブルツなど、コース上の至る所で、接近戦が繰り広げられていて、なかなか見応えがある。
そんな中、14番手にまで順位を上げていた佐藤琢磨だが、イエローフラッグ中のバトンへの追い越しに対してドライブスルーペナルティが出てしまう。その直後の13周目、スーティルを抜き去った後にスピンでコースアウトしてしまい、そのままリタイヤとなった。う〜ん、残念。
21周目にハミルトン、マッサ、ハイドフェルドが続けてピットイン。その後、アロンソ、ライコネンらと続く。フィジケラは相当調子が上がってきているようで、サイドバイサイドで接触しながらも、コース上で華麗なオーバーテイクショーを披露し続ける。

そのうちアロンソがハミルトンに接近し、常にプッシュし続け、ついに37周目に長いストレートでスリップストリームに入りオーバーテイクを仕掛けるが、ハミルトンは意地で抜かせない。今のところハミルトンは、コース上で誰にも抜かれたことがない。次の周にアロンソは、ストレートでピット側にマシンを寄せ、チーム側に抗議のアピール。そんなことしているヒマがあったら、実力でぶち抜け!
39周目に、ようやくロズベルグが最初のピットイン。どうやら1ストップ作戦のようだ。
47周目以降、順次2回目のピットインが始まり、ハミルトンは難なくアロンソの前で復帰。好調ハイドフェルドは、ギアボックスのトラブルでコース脇にマシンを止め、リタイヤとなる。
58周目ぐらいに、ようやくライコネンもマッサに追いつき、マクラーレン同様、フェラーリもチームメイト同士でのバトルが始まった。その他では、トゥルーリとウェバーの攻防戦や、デビッドソンが本家ホンダのバトンをかわすなど見所満載。
残り5周で、6番手走行中のロズベルグのマシンが、突如エンジンブローで炎上。1ストップで頑張っていたのに、とても残念だ。さらに残り2周で、なぜかリウッツィもリタイヤ。

結局、上位4台は予選のグリッド通りでフィニッシュ。ハミルトンは北米ラウンド2連勝となり、チャンピオンシップでアロンソに10点差を付ける。これから何回優勝するのかねぇ。ホントにルーキーイヤーにチャンピオンという快挙をやってのけそうだ。
新人ベッテルは、初レースで8位入賞。琢磨はレース中に出たペナルティにより、次回フランスGPでは、10グリッド降格のペナルティを受けることになった。これは苦しいなぁ。何でペナルティを次戦に持ち越すんだよ、まったく。

※編集部注
レース後のインタビューで、佐藤琢磨はバトンを抜いていないとコメントしています。実際、そのときの画像などを見ても微妙すぎてわかりません。もちろん、琢磨はやっていないと思いますが、いったん出たペナルティが覆ることはありません。

1位 L.ハミルトン(マクラーレン)
2位 F.アロンソ(マクラーレン)
3位 F.マッサ(フェラーリ)
4位 K.ライコネン(フェラーリ)
5位 H.コバライネン(ルノー)
6位 J.トゥルーリ(トヨタ)
7位 M.ウェバー(レッドブル)
8位 S.ベッテル(BMWザウバー)
9位 G.フィジケラ(ルノー)
10位 A.ブルツ(ウイリアムズ)
11位 A.デビッドソン(スーパーアグリ)
12位 J.バトン(ホンダ)
13位 S.スピード(トロロッソ)
14位 A.スーティル(スパイカー)
15位 C.アルバース(スパイカー)
16位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
17位 V.リウッツィ(トロロッソ)
R N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
R 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
R D.クルサード(レッドブル)
R R.バリチェロ(ホンダ)
R R.シューマッハ(トヨタ)


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1 アメリカGP ハミルトンが2戦連続ポール・トゥ・ウィン!
Excerpt: 結果は以下のとおり <b><font color="red">Pos. ドライバー コンストラクターズ Time 1 L・ハミルトン マクラ..
Weblog: 蔵前トラック
Tracked: 2007-06-18 15:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。