2007-05-21 [Mon]

AWStatsの設定

いろいろと設定をいじって、かなりイイ感じになってきた自宅サーバ。
新しく導入した「AWStats」も、とてもイイ感じ。

クローバーインストールと設定は、基本的に「このサイト」に書かれた通りにしてある。ちょっとつまずいたところは、日本用サーチエンジンなどの追加で「search_engines.pm」を編集する際に、もちろんLinux上でコピー&ペーストするのだが、それぞれの設定項目の末尾に追加したらエラーが出てしまったことかな。項目の先頭に追加したらエラーも収まり、無事に完動するようになった。
しばらく喜んでながめていたのだが、使用されているブラウザの種類に、日本独自の「Sleipnir」などが出てこないのが少しだけ気になっていた。
そこで早速ググってみると、「このサイト」に答えがあったので、その通り設定してみたら、きちんと「Sleipnir」や「Lunascape」が認識されるようになった。しかし、それ用のアイコンを用意していないので、画像が「×」で表示されている。これではちょっとカッチョ悪いので、どこかにアイコンファイルがアップロードされていないか調べて「Sleipnir」だけは見つけられた。それを指定されたディレクトリに入れたのだが、なぜかどうやっても表示されない。もしかして画像ファイルが良くないのかな?と思い、とりあえず「ln -s」コマンドを使って、他の適当なアイコンファイルにリンクを張ってみたが、それでも状況に変化はない。こういうときの原因は、だいたい所有者だとかパーミッションの設定なので、他のアイコンファイルと合わせてみたが、やはり何をやってもダメ。かなり手強い。

表示されたブラウザ・アイコン何気なくGUI画面でファイルのプロパティを表示させてみたら、「SELinux Context」の部分が他とは違って、普通の「User data」となっている。似たようなことを以前にも経験しており、今回のようにファイルをムーブした場合には、「User data」なら「User data」のまま場所だけが移動されるのだが、それに対してファイルをコピーした場合には、コピー先ディレクトリの属性にならうらしい。
サーバをGUI画面で直接いじれれば、root権限でログインして簡単に修正できるのだが、オレはいつもVNCやSSHを使って自分のパソコンからリモート制御しているため、コマンドラインで修正する以外に方法がない。もちろん「SELinux Context」の設定を変更するコマンドなんて知らないので、例のアイコンファイルをいったんホームディレクトリなどに移動したあと、再度正規のディレクトリに「コピー」してみると、まさにビンゴ!見事に「Sleipnir」のアイコンが表示された。
せっかくなので、「Sleipnir」と「Lunascape」の14×14のアイコンファイルを自作して、さっきと同じようにコピーした。これでついに、日本製ブラウザのアイコンも表示されるようになった。めでたし、めでたし。
めでたいついでに、自作アイコンを「こちら」と「こちら」に置いておくので、使ってみたい人はご自由にどうぞ。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。