2007-05-14 [Mon]

2007スペインGP決勝


ついに琢磨がやってくれた、スペインGPの決勝。
昨年、ホンダが優勝したハンガリーと同様、浜田雅功が応援に駆けつけている。この男が来ると、本当に奇跡が起きるのだろうか。

スタート直前、トゥルーリがトラブル、再度フォーメーションラップのやり直しとなり、トゥルーリはピットスタートとなる。
スタート直後の1コーナー、マッサに並んだアロンソはアウトから抜きにかかるが、コースアウトして4番手に落ちる。その間に、ハミルトンは2番手まで浮上し、後方では接触があり、ブルツやラルフが巻き込まれて、ピットインを余儀なくされる。
その後、ブルツ、ウェバー、トゥルーリがリタイヤとなり、9周目には、なんとライコネンがスローダウン、スピードは左リアタイヤのバーストでリタイヤとなる。
18周目のバリチェロを皮切りとして、続々と1回目のピットインが始まる。19周目にはトップを快走するマッサが入るが、給油口から火を噴きながら出て行って、一瞬ヒヤッとする。リウッツィはスローダウンしてピットに戻る。
21周目にバトンがピットイン、コースに出たところでチームメイトのバリチェロと接触してフロントウィングを飛ばしてしまい、翌周にはノーズ交換のためにピットインを余儀なくされる。同じチーム同士で何をやってるんだか…。
24周目にハイドフェルドがピットインしたとき、ロリポップ係のミスで、右フロントタイヤのホイールナット締めの最中にマシンを発車させてしまい、翌周に再度ピットインする始末。今回のスペインGPは、リタイヤや作業ミスの続出で、大荒れムードだ。

そんな中、スーパーアグリの佐藤琢磨は10番手を走行しており、チーム初のポイント獲得圏内に入ってきた。ラルフもリタイヤする中、2回目のピットイン時には9番手で復帰するが、前を走るフィジケラがあと1回ピットインするだろうということで、可能な限りプッシュし続ける。そしてついに、残り7周目でフィジケラがピットイン、素早い作業でコース復帰してきたが、プッシュし続けた琢磨がギリギリで前に出て、8番手となる。見てるオレたちも興奮して涙が出そうになったが、琢磨本人もフィジケラの前に出たときはうれし涙で走るのが大変だったそうだ。
結果は、マッサが2戦連続ポール・トゥ・ウィン、2位はハミルトンで4戦連続の表彰台、獲得ポイントも30となり、一勝もしていないのにポイントリーダーとなった。3位は母国GPのアロンソで、ポイントランキング2位となっている。
とにかく、リタイヤ8台、ミス連発の大荒れグランプリだった。こういうときこそ、チャンスなんだよね。スーパーアグリは本家ホンダを完全に食って、優勝に匹敵するぐらいの大活躍だ!

1位 F.マッサ(フェラーリ)
2位 L.ハミルトン(マクラーレン)
3位 F.アロンソ(マクラーレン)
4位 R.クビサ(BMWザウバー)
5位 D.クルサード(レッドブル)
6位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
7位 H.コバライネン(ルノー)
8位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
9位 G.フィジケラ(ルノー)
10位 R.バリチェロ(ホンダ)
11位 A.デビッドソン(スーパーアグリ)
12位 J.バトン(ホンダ)
13位 A.スーティル(スパイカー)
14位 C.アルバース(スパイカー)
R N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
R R.シューマッハ(トヨタ)
R V.リウッツィ(トロロッソ)
R S.スピード(トロロッソ)
R K.ライコネン(フェラーリ)
R J.トゥルーリ(トヨタ)
R M.ウェバー(レッドブル)
R A.ブルツ(ウイリアムズ)


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1スペインGP、佐藤琢磨8位入賞
Excerpt: SUPER AGURIの佐藤琢磨が8位でチェッカーを受け、初ポイントを獲得した。
Weblog: テニスそしてスキー
Tracked: 2007-05-14 11:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。