2007-05-02 [Wed]

検査結果

さて、愛媛に着いた翌日は親父の墓参り。
母ちゃんはすっかり元気になってたよ!と報告。
墓のてっぺんに鳥の糞がくっついていたので、この前、自分にも鳥フンが命中したことを思い出す。何でこんな風にピンポイントで攻撃することができるのか、もしかしたら鳥が面白がって、ゲームのように狙ってるのかもな…なんてことを考えながら、墓の掃除をした。
帰りの山道をオデッセイで走っていると、道路の前方に亀裂のようなものを発見。スピードを緩めると、それはなんと1m以上もあるヘビだった。そのまま進むと轢いてしまいそうなので、いったんクルマを駐め、何ヘビかを確認するためカメラを持って近づいていくと、ごく一般的なシマヘビ(…かと思ったのですが、縞がはっきりしてなかったので、たぶんアオダイショウでしょう…)で、写真を撮ろうと頭の方にカメラを向けると、反転してスルスルと逃げていった。白ヘビだったらもっと良かったけど、何となく縁起が良いような感じ。

東名高速から見えた富士山いよいよ、今日は最終的な血管撮影の検査。病院に行くと、肝っ玉母さんでもかなり緊張しているようだ。とくに検査前の筋肉注射が痛そう。緊張のせいか、血圧が少し上がって、検査の開始がちょっと遅れたようで、結構な時間が掛かった。
結果は、3回撮っても何も異常箇所が見られなかったため、もうこのままの状態で様子を見ることになった。ただし、半年ごとに検査をする必要があるそうだ。したがって、再発の危険性は、オレたちと全く同じレベルだということだ。かなり珍しいケースらしい。これで、120歳まで生きるだろう。
そうと判れば病院の態度は冷たいもので、「入院待ちの患者さんがたくさんいるので、明日以降、いつでも退院してください」だって。いつにしますか?って何回も聞きに来るあたり、かなりマジらしい。しょうがないので、土曜日に退院することになった。
ま、とにかく、めでたし、めでたし。

※今日読み終えた本

あぁ、面白かった。日本人向けに書かれたような内容だったなぁ。



タグ:健康 雑記
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。