2007-04-21 [Sat]

キャリングケース

購入以来、毎日肌身離さず持ち歩いて、喜んで使っている「サイバーショットT100」。裸で持ち歩いているので、液晶保護フィルムはすでにキズだらけだ。

ソフトキャリングケース実は、専用のソフトキャリングケースもアマゾンで注文済みだったのだが、4月上旬の発売となっていたのが遅れに遅れて、昨日ようやく届けられた。わりと肌触りの良い本革でできており、専用のストラップも付属しているので、トータルコーディネートできる。フタはマグネットホックだ。
前のT9のときのケースは、内部のタグで擦り傷ができるという問題があり、ソニーのアンケートにも指摘したぐらいだが、今回のものはキズが付かないように、ちゃんと考えられているようだ。実際にT100を入れてみると、ジャストフィットでピッタリ入るが、結構分厚い感じ。まぁ、元々T100自体が厚めなんだけどね。でもまぁ、これで、持ち運びによるキズからは解放されるだろう。
ちなみに、一部のT100には「音楽つきスライドショー」機能に不具合があるらしく、ファームウェアのアップデートで改善されるらしい。幸いなことに、オレのは対象外だった。

デジタルスチルカメラ“サイバーショット”『DSC-T100』「音楽つきスライドショー」機能の不具合についてのお知らせとお詫び

ところで、オレは昔から、パソコンはいちいち最初から起動し直すのが普通だと考えていた。それは、今まで使ってきたパソコンはすべて、ACPIに完全対応しておらず、休止やスタンバイからの復帰がイマイチ安定しなかったからだ。
しかし、ごく最近になって、今のパソコン(XP)で休止状態を試してみたら、起動も実に速いし、しかも復帰後はかなり安定している。これはもう使うしかないでしょう。電源スイッチを押すと休止状態(ハイバネーション)になるように設定し、毎日、作業の終わりは休止状態でおやすみだ。実に使いやすくなった。もっと早く、こうしておけば良かったなぁ。



ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。