2006-12-20 [Wed]

東北方面出張

月曜日は仙台、火曜日は宇都宮に出張してきた。
雪が降ってるのは、こんな小さな写真じゃ見えないね。今回、仙台は2ヶ所を回ることになっており、1軒目はなんと9時半からのアポだ。
というわけで、家からは4時台の始発列車に乗って東京駅へ向かう。家を出ると辺りは真っ暗で、天空には北斗七星が見事に連なっている。オレにはまだ死兆星は見えないようだ。
駅で発車待ちをしている始発列車に乗り込む。意外と乗客がいるもんなんだねぇ。それにしてもドアが開きっぱなしだと寒いのなんのって。今日は特別寒いなぁ。

東北新幹線に乗ると、もう眠くて眠くてどうしようもない。日が昇ると結構良い天気のようだが、仙台に近づくにつれて曇り空になってきた。ものすごく寒くて、仙台駅からタクシーで1軒目に向かう頃には、とうとう雪が降り出してきた。今年初めて見る雪だ。
牛タンと牡蠣フライ1軒目を終えて昼飯にするが、なんとあの食いしん坊の相棒が、昨日から胸焼けが酷くて何も食えないらしい。一瞬ノロウィルスかと思われたが、昨夜死ぬほど焼き肉を食わされたのが原因らしい。しかたがないので自由行動とし、適当に入ったところが「角や」という店。そこで1,580円の「仙台名物膳」を注文する。牛タンと牡蠣フライに豚汁などがついたセットだ。牛タンはとても柔らかく、牡蠣フライはめちゃくちゃ旨かった。ノロウィルスの風評被害で、宮城の牡蠣は大打撃を受けているらしい。こんなに旨いのにねぇ。豚汁もすごく旨かった。テキトーに入った店だったけど、なかなかグッドだったなぁ。
昼食後、相棒と再び落ち合い、今度は地下鉄で泉中央まで行く。なんか脱線事故があったらしく、大幅にダイヤが乱れているようだ。おいおい、脱線事故なんて一大事じゃないかよ、大丈夫なのか。とりあえず乗ろうとしていた電車は予定どおり到着したので、客先に遅れることはなさそうだ。
夕飯の牛タン泉中央からはタクシーで2軒目に向かうが、雪はさらに激しくなっている。2軒目も順調に終わり、宿泊地の仙台へと戻る。ホテルは先日来たときと同じく「パールシティ仙台」。相棒は相変わらず何も食えない状況なので、今日の夕食は一人ぼっちだ。もうちょっと時間があれば青葉城址とかにも行ってみたかったんだけど、もうすでに暗くなったので仙台市内を歩き回って、適当に牛タンを食べておしまい。牛タンはとても旨いんだけど、意外と噛み切れないのが多いよね。あんまり柔らかいヤツには巡り会えない気がする。

一夜明けて、火曜日は宇都宮へと向かう。東北新幹線もガラガラだ。昼前に着いて、まずは腹ごしらえ。宇都宮と言えば、間違いなく餃子だ。
宇都宮の餃子餃子屋はたくさんあって、どこに入ろうか迷うけど、駅の中にある「餃子小町」という一角にある「悟空」という店のランチを食べることにした。値段は600円と超リーズナブルで、ちっちゃい肉まんやテールスープも付いて、そこそこ旨かった。客先に行く前にガムを噛んだんだけど、やっぱりニンニクやニラの臭さは取り切れなかったようで、説明の時に自分でも口臭が少し気になったほど。仕事前の餃子は、ちょっとヤバかったかな…。
それにしても、どこへ出張に行っても、駅前はタクシーでいっぱいだ。まるでタクシー専用の大駐車場と化している。テレビでも話題になっていたけど、今はタクシーが増えすぎているんだってね。ホント実感するよ。しかも、道や場所を全然知らないときている。今までいろんな県でタクシーに乗ったけど、行き先だけ言ってすぐに連れて行ってもらったのは、実際数えるほどしかない。でも宇都宮のタクシーは、たまたまかどうか知らないけど、行きも帰りもサッと連れて行ってくれたのには、逆に感動してしまったぞ。

※今日読み終えた本

これは読んでおいた方が良いと思われる。非常に読みやすく書かれている。



ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
06:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ノロウィルスに気をつけましょう
Excerpt: 今シーズン死者まで出ているノロウィルスに気をつけましょうねぇ
Weblog: オーガニックイタリアンバーマスターのひとりごと
Tracked: 2006-12-20 13:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。