2006-10-08 [Sun]

2006日本GP決勝

最後の鈴鹿となる日本GP決勝。昨日に引き続き、快晴だ。
スタートは大きな混乱もなく、アロンソ、バトンが順位を1つ上げる。
3周目にマッサをかわしてM.シューマッハがトップに立つ。バリチェロはスタート時に接触があったようで、緊急ピットインによりノーズ交換をおこなう。

しばらくそのままの順位でレースは進行するが、13周目にはついにアロンソがR.シューマッハを抜いて3番手に上がってきた。同じ周にトゥルーリが最初のピットインをおこなっているので、同様にラルフもタンクが軽いはずなのだが、それをあっさり抜き去ってしまうとは、何というアロンソの速さだろう。
16周目にアロンソがピットインするが、すでにピット作業を終えたマッサはハイドフェルドに塞がれる形となっていたためペースが上がらず、アロンソはピットアウトでマッサの前に出て、これで2番手に浮上する。こいつ、やっぱり凄すぎる。
21周目、アルバースのリアサスペンションが突然破損し、タイヤとウィングを吹き飛ばす単独クラッシュによりリタイヤとなる。外れたドライブシャフトがヘアピンに落ちて、非常に危険な状況だ。スピードやクビサは、立て続けにデグナーでスピンするが、何とか立て直す。
無念のエンジンブローでリタイヤCM明けの37周目、なぜかイエローフラッグが振られている。何が起こったのかと思えば、なんとトップのM.シューマッハがコースアウトしている。どうやらエンジンブローが起こったようだ。クソッ!なんてこった。こんなドラマティックな展開はもう必要ないよ!アロンソの喜ぶ顔が目に浮かんで、一気に脱力感に襲われる。アロンソも壊れろ!マッサ追いつけ!プレッシャー掛けろ!

その後、ウェバーも最終コーナーでクラッシュ。バトンはトヨタの2台を抜いて、いつの間にか4番手に浮上している。トヨタに比べてホンダの方が、何となく勝ち方のようなものが身についてきたような気がする。
スピードは残り3周でリタイヤ(完走扱い)。左近もスピンするシーンがありドキッとしたが、何とか17位完走。琢磨ももちろん15位で完走し、スーパーアグリはベストリザルトでダブル完走だ。
なんじゃそりゃ?!結局アロンソの優勝で、M.シューマッハとのポイント争いは、10-0というあり得ない結果となってしまった。アロンソはパルクフェルメで、またしても訳のわからないパフォーマンスを披露している。それに引き替えM.シューマッハは、リタイヤ後にピットへ戻り、メカニック一人ひとりに声を掛けていた。コース脇に残された、ドライバーのいないフェラーリ248F1の映像がとても悲しくて、泣きそうになったぞ。

※編集部注
何で表彰台でフィジケラが泣いてるのかと思ったら、無二の親友が亡くなったとのことです。確か第2戦でも友人が亡くなってたような…。

1位 F.アロンソ(ルノー)
2位 F.マッサ(フェラーリ)
3位 G.フィジケラ(ルノー)
4位 J.バトン(ホンダ)
5位 K.ライコネン(マクラーレン)
6位 J.トゥルーリ(トヨタ)
7位 R.シューマッハ(トヨタ)
8位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
9位 R.クビサ(BMWザウバー)
10位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
11位 P.デ・ラ・ロサ(マクラーレン)
12位 R.バリチェロ(ホンダ)
13位 R.ドーンボス(レッドブル)
14位 V.リウッツィ(トロロッソ)
15位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
16位 T.モンテイロ(スパイカーMF1)
17位 山本左近(スーパーアグリ)
18位 S.スピード(トロロッソ)
R M.ウェバー(ウイリアムズ)
R M.シューマッハ(フェラーリ)
R D.クルサード(レッドブル)
R C.アルバース(スパイカーMF1)


タグ:F1 鈴鹿 決勝
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。