2006-10-05 [Thu]

青森出張

昨日今日と、青森に出張してきた。青森に行ったのは、生まれて初めてだ。
昨日出かける前は、東京ももう結構涼しいだろうと思っていたのだが、予想は見事に裏切られ、朝からとても蒸し暑く、午前中に東京での仕事が終わったときにはすでに汗だくだ。その後、東北新幹線「はやて」で八戸、そこから「つがる」に乗り換え、東京から4時間以上掛けて青森へと向かう。4年後には新幹線が新青森まで開通するらしい。

青森ベイブリッジ(マウスオンでライトアップ)いつも宮城出張で使う「やまびこ」と違って、今回の「はやて」は停車駅が非常に少ない。北に向かってかっ飛んで行くにつれ、どんどん天気が良くなる。まさに秋晴れで、田んぼが実にキレイ。稲刈りは最盛期を迎えつつあるようだ。「つがる」で青森に近づくと右側に海が見え、下北半島も遠くに見える。青森に着くと、特徴的な三角形の「アスパム」や、青森ベイブリッジが見える。青森も東京と同じく、どちらかというと暑いぐらいだ。
今日の宿泊地は「青森グランドホテル」。駅からすぐ近くの非常に便利なホテルで、なかなかキレイ。夕飯まで少し時間があるので、周辺を散策する。まずは駅ビルの本屋で観光ガイドを立ち読みし、グルメも含めて一通りの知識を吸収する。その後、さっき見えた青森ベイブリッジに行ってみた。八甲田丸の乗り場の方へ歩いていくと、ベイブリッジに上ることができる階段を発見。恐る恐る上っていくと、橋の上に出ることができた。橋の上は4車線の道路と広めの歩道があって結構な長さがある。2本目の主塔まで歩いていって、いろいろと写真を撮りまくった。八甲田丸もかなり大きな船だね。
旨かった三食丼(マウスオンで芋煮どん兵衛)辺りも暗くなってきて、ベイブリッジもキレイにライトアップされている。7時になったので相棒と一緒に夕飯に行くが、先ほどの散策で見つけた、ホテルからも近いホタテ料理の店「柿源」に入ってみる。そこで悩んだあげく「三色丼」を頼んでみた。ホタテとイクラとウニの三色で2,300円だ。これが想像以上に旨くて、大当たりだった。もう一杯食いたいと思ったほどだ。思い出しただけで、よだれが出てくるぞ。

一夜明けて今日も非常に良い天気。朝は昨日コンビニで見つけた東北限定の「芋煮どん兵衛」を食べたが、これまた結構旨くて、箱買いしたかったぐらい。
肝心の仕事もうまく行き、またまた4時間以上掛けて東京へと戻る。八戸で買った駅弁「牛三昧」は、牛めし、牛カルビ、牛丼の3つがセットになったもので、非常にリーズナブルな価格の割に満足できた。
東京方面へ近づくにつれて、だんだん雲が多くなり、雨も降っているようだ。横浜に着くと、かなりの雨が降っていた。さっきまで秋晴れだったのに、やっぱり日本って南北に長いんだなぁ…ということを実感する。
時間がなくて適当に選んだおみやげ「りんごまんじゅう」は、ほどよい甘さで子供に大好評だった。

※今日読み終えた本

なかなか面白かった。シリーズ作品らしいので、この前のヤツも読みたくなった。

4061824988λに歯がない
森 博嗣
講談社 2006-09-06

by G-Tools


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。