2006-08-02 [Wed]

大田市場

今日は朝から、大井埠頭の工業団地内でお仕事。
仕事自体は想像以上にスムーズに進み、午前中には無事に完了した。

今日のベイブリッジさて、昼飯をどこで食うか?ということになるが、工業団地の付近に飲食店などあるわきゃない。おもむろに地図を見ると、すぐ近くに東京都中央卸売市場の一つである「大田市場」がある。ここに行けばきっと旨いものが食えるに違いない!ということで、クルマを走らせる。
工業団地側からアクセスすると正門ではなく北門に着いたが、入場パスがないと入れないと書かれている。守衛と思われるおじさんに「食事に行きたいんだけど…」と言うと、「行っていいよ」とのこと。親切にも、食堂なら「ぶどう棟」の隣の「関連棟」にあるよと教えてくれた。確かに「ぶどう棟」と指差された建物のてっぺん付近には「ぶどう」がくっついている。「関連棟」の隣にはタイがくっついているから「タイ棟」かよ。なんだか面白い。

三洋食堂のワラサ刺身関連棟に入ると、思った以上にたくさんの飲食店があり、どこも安くて旨そうだ。一通り見比べてから、「じゃぁここに入ろうか」と決めた店が「三洋食堂」。そこで900円の「魚河岸定食」というのを注文する。1品目と2品目を自由に組み合わせられるという、面白い定食だ。今日のオススメは、ワラサ刺身とアジフライとのこと。一緒に行った2人がそれを頼んだので、オレはちょっと変えて、アジフライの代わりにホタテ刺身を注文した。
出てきたワラサの刺身は超旨い。ホタテももちろん旨かったのだが、アジフライも相当旨かったとのこと。やっぱオススメには従うべきかもね。刺身も旨いが、ご飯も相当旨かったなぁ。これで900円は絶対安い。しかも近所のコーヒーショップの100円引き券も付いている。
せっかくなので、その券を使って「レイズコーヒー」という店で食後のコーヒーを飲む。普通でも一杯200円だから、半額の100円で飲める。やっぱりこういう卸売市場は、何でも安くて旨いねぇ。しかもこの店、2階は無線LANまで楽しめるという、ハイテクでおしゃれなカフェ。オレ、この市場、かなり気に入っちゃったなぁ。

※編集部注
ワラサとは、出世魚であるイナダ(ハマチ)が60cm以上に大きくなったもので、メジロとも言います。ワラサが80cm以上に大きくなるとブリになります。


タグ:飲食 出張
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。