2006-07-30 [Sun]

2006ドイツGP予選

ホッケンハイムで開催される、F1第12戦ドイツGP予選。
今回から、ついにスーパーアグリのニューマシンSA06が、日本人最年少F1デビューとなる山本左近とともに登場だ。

ところが、予選直前のフリー走行で左近はSA06を大破させてしまい、予選はTカーのSA05で戦うことになってしまう。SA06は2台しかないので、決勝までに修理しなきゃ。
トヨタのトゥルーリはエンジンを交換したため、予選結果から10グリッド降格はすでに決定。なお、トヨタは来季、ウィリアムズにエンジンを供給することが決定している。

Q1では、残り10分の時点で、トロ・ロッソのスピードがクラッシュ、赤旗中断となる。再開後は今回もフェラーリが強く、マッサとM.シューマッハで1分14秒台の1-2態勢だ。
佐藤琢磨は残り5分ほどからタイムアタックを始めたが、結局19番手に終わり、Q2進出ならず。ただ、当面のライバルであるミッドランドのモンテイロの上には行くことができた。旧型車で戦った山本左近は21番手。

Q2は、まずクルサードが14秒台のタイムでトップに立つと、フィジケラ、バトンが次々とそれを塗り替え、さらにはマッサ、M.シューマッハが1分13秒台という去年のポールを凌ぐタイムで塗り替える。今回もアロンソはイマイチ速さが出ない。
ここでは、トゥルーリ、ロズベルグ、ハイドフェルドらが脱落。そういえばBMWザウバーは今回、例の不細工なツインタワーを付けていないね。

今季初ポールのライコネンQ3では、デ・ラ・ロサとR.シューマッハが接触。デ・ラ・ロサはタイヤ交換で復活し、トップタイムを出すが、久々に調子の良いライコネンがトップタイムを塗り替える。
M.シューマッハは、アロンソに精神的な揺さぶりをかけるような行動をとり、なかなか思うように走れないアロンソは、イライラ感が募っているようだ。これが効いたのか、マスダンパを外したのが災いしているのか、アロンソは今回7番手というスタート位置。
結局、ブリヂストンの記念すべき100勝目が掛かったフェラーリ軍団でも、ライコネンのタイムは破れずに2番手、3番手のタイム。ライコネンの17戦ぶり10回目のポールポジションが決定した。もちろん今季初だ。やっぱライコネンが速いといいねぇ。

F1参戦300戦目のホンダは、バトンが4番手、バリチェロが6番手と、いつもよりは好位置スタートだ。トヨタのR.シューマッハは、接触後マシンを修理し、なんとか8番手グリッドを獲得した。
スーパーアグリの2台は、ニューマシンでどんな走りを見せてくれるのか、非常に楽しみだ。左近の勝ち気なしゃべり方が、なかなか頼もしい。


タグ:F1 予選 ドイツ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。