2006-07-17 [Mon]

鎌倉の大仏

海の日の今日、朝から暇をもてあましていたので、買い物に行ったついでにドライブをしようということになり、最近行ってなかった鎌倉あたりに行くことにした。

もう横浜に来て20年以上になるが、実は鎌倉の大仏さんを見ていない。なんと、横浜生まれのかみさんでさえも、見たことがないと言うのだ。オレには昔、横浜に親戚がいて何度か遊びに来ているので、おそらくはオレもかみさんも、幼少の頃には連れてきてもらってるはずなんだが、今となっては遙か記憶の彼方だ。…ということで目的地は決まった!
江ノ電まったく何の情報も持たず、行き当たりばったりで出かけることになったので、とりあえず鎌倉といえば「鶴岡八幡宮」あたりに行けば何とかなるだろうと、近辺の駐車場にクルマを駐めて歩き出す。
駐車場のおじさんに「大仏さんはどこにありますか?」と聞くと、少しばかり呆れ顔で「ここから歩くと1時間ぐらい掛かるよ。鎌倉駅から江ノ電に乗って長谷という駅まで行きな」とやさしく教えてくれた。いやぁ、全くの見当違いだったね。
鎌倉駅までの小町通りは、外国人や観光客で大賑わいだ。テレビで見たことのある店がたくさん並んでいる。鎌倉駅で案内パンフを手に入れ、位置関係を確認する。
藤沢行きの江ノ電は、可愛らしいメルヘンチックな電車だ。ちなみに目的の長谷駅までは190円。

鎌倉の大仏さん長谷駅からまっすぐ山の方へ歩くと、大仏さんのいる高徳院に到着。拝観料は200円だ。入り口から少し歩くと、いきなり迫力ある大仏さんが雨ざらしで座っている。何でも、元々あった大仏殿は、台風や大津波によって何度も倒壊してしまったので、今では雨ざらしになってしまったようだ。奈良の東大寺には及ばないものの、相当巨大な建物だったらしい。
それにしても大きな大仏さんだ。最近DVDで観たキングコングはこれぐらいの大きさなのかなぁ…と、しょうもないことを考えてしまった。ここも観光客の半分以上は外国人のようだ。後ろ側に回ると羽のように扉が開いている。どうやら中は中空になっていて、20円で胎内拝観(大仏さんの中に入ること)ができるということなので、実際に入ってみた。記憶はどんどん蘇り、まさに幼少の頃に来たことを思い出した。
行き当たりばったりの「ぶらり旅」だったけど、こんなにイイものを見せてもらって感激。もう場所がわかったので、今度来るときは近くまでクルマで来られるよ。

※今日読み終えた本

大変興味深く読めたけど、とにかく誤植が多い印象。

4797335939Web2.0でビジネスが変わる
神田 敏晶
ソフトバンククリエイティブ 2006-06-16

by G-Tools


タグ:観光 鎌倉
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キングコング西野の臼田あさみちゃんとの恋愛は
Excerpt: 臼田あさみちゃんとの恋愛はどうも本気モードのようだ
Weblog: 噂の芸能BLOG
Tracked: 2006-07-18 23:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。