2006-06-29 [Thu]

高知出張

昨日今日と、高知出張に行ってきた。
やはり晴れ男、梅雨のさなかに真夏のような天気だった。
羽田から飛んできたのは、高知龍馬空港。日本にはめずらしく、人名の付いた空港だ。
空港からはバスで高知駅に向かうが、今日買った雑誌によると、高知は軽自動車の保有率が日本一らしく、たしかに至る所の駐車場でも軽自動車の割合が多いように感じる。

はりまや橋(マウスオンで国宝・高知城)雨が降るよりは全然良いのだが、それにしても尋常ではない暑さだ。打ち合わせの最中も、全身から汗が噴き出てくる。
スーツがビショビショになりながらも仕事は無事に終わり、夕方「高知パレスホテル」にチェックインしてから、はりまや橋や高知城を散策してみた。どこの城に行っても登るのはホントに大変だが、天守閣は風が涼しくて素晴らしく気持ちがよい。さすがに殿様がいた場所だけのことはある。
夕食は、客先の課長さんが教えてくれた「ひろめ市場」という、屋台風の食べ物屋が集まった屋内の飲食街へ行き、「明神丸」という店の「塩たたき」を食べた。土佐と言えば鰹が有名だが、塩たたきというのは初めて聞いた。これはうわさ通り、ビックリするほど旨かったなぁ。藁を使った派手な火で炙っている様子が見える。

龍王宮から見た風景(マウスオンで塩たたき定食)今日は、帰りの飛行機までに少し余裕があったので、一昨年の帰省時に行った桂浜に、再び行ってみた。真夏に比べりゃ若干は涼しいが、それでも汗が噴き出る。相棒は辛抱たまらず、上半身裸で歩き回っている。かなり怪しいが、下半身裸よりは全然マシか…。
龍馬記念館を見た後、龍馬の巨大銅像を拝み、土佐名物アイスクリンを食べながら桂浜の龍王宮へと向かう。てっぺんまで登ると、やっぱり涼しくて気持ちいい。龍馬も眺めていたダイナミックな太平洋も素晴らしい。2年ぶりに来ることができて、非常に懐かしい感じだ。あまりの気持ちよさに、しばらくこのまま、ここで涼んでいたいぐらいだ。

帰りはポケモンジェットに乗ってきたが、羽田空港がなぜか大混雑で、飛行機が次から次へと順番待ちしながら降りてくる光景は、まさにダイハード2のエンディングのようだったなぁ。それにしても、高知の「芋けんぴ」は旨い!


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。