2006-06-12 [Mon]

2006イギリスGP

旅先の新聞で、まだ知りたくない結果を見てしまった、F1第8戦イギリスGP。
今回はごく簡単に結果を残しておこう。

高速サーキットのシルバーストンは、強風の上、路面が非常に滑りやすい様子。
佐藤琢磨はフリー走行でクラッシュしてしまい、スペアカーでレースに挑む。このあたりの対応は、スーパーアグリのファクトリーがイギリスにあるってことが幸いだったねぇ。そのスーパーアグリにサードドライバーとして山本左近が加入し、フリー走行を2時間ほど、特に大きなミスもなく走ったそうだ。
予選は、アロンソが4戦連続のポールポジション、今回はM.シューマッハとの間にライコネンが食い込み、久々の活躍が期待できる。ホームグランプリのバトンは第1ピリオドで脱落という悲惨な状況。トゥルーリもエンジンブローで最後尾スタートで、日本勢はパッとしない。

三つどもえの接近戦決勝では、いきなりR.シューマッハとウェバーが接触してセーフティカー導入。その後はアロンソ、ライコネン、M.シューマッハが、お互いに接触しそうなほど激しい三つどもえのバトルを展開するが、気がつくと、いつの間にかアロンソが独走状態。なんでこんなに強いんだろう。っていうか、他が弱すぎる。
バトンは10周行かないうちに、エンジンが火を噴いてリタイヤ。
2回目のピットイン時にM.シューマッハがライコネンを抜いて2位に上がり、新旧王者対決が見られるかと思ったが、すでに12秒もの差がついており万事休す。アロンソはまたしてもパーフェクト・ウィンで、今季5勝目だ。う〜ん、つまんない…。
ちなみに、スーパーアグリの2台は、久々にダブル完走だ。期待の新車はフランスGPにデビューの予定だ。

1位 F.アロンソ(ルノー)
2位 M.シューマッハ(フェラーリ)
3位 K.ライコネン(マクラーレン)
4位 G.フィジケラ(ルノー)
5位 F.マッサ(フェラーリ)
6位 J-P.モントーヤ(マクラーレン)
7位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
8位 J.ビルヌーブ(BMWザウバー)
9位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
10位 R.バリチェロ(ホンダ)
11位 J.トゥルーリ(トヨタ)
12位 D.クルサード(レッドブル)
13位 V.リウッツィ(トロロッソ)
14位 C.クリエン(レッドブル)
15位 C.アルバース(ミッドランド)
16位 T.モンテイロ(ミッドランド)
17位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
18位 F.モンタニー(スーパーアグリ)
R J.バトン(ホンダ)
R S.スピード(トロロッソ)
R R.シューマッハ(トヨタ)
R M.ウェバー(ウイリアムズ)


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。