2011-03-14 [Mon]

東日本大震災

いやぁ、怖かったなぁ。
あんな怖い思いをしたのは初めてだったから、ええ歳こいてPTSDになってしまいそうだけど、ちょっと落ち着いたので、記録として記事にしておこうと思う。

京急蒲田駅。この一番上にいたのだ。震災の起きたあの3/11、オレは蒲田にある大田区産業プラザ(PiO)で開催中の展示会を見に行っており、ちょうどあの時間、建設中の工事現場のような京急蒲田駅で、何故か一番上のホームに立っていた。
最初は「あ、今日も来たな!」ぐらいの揺れを感じていたのだが、そのうち外壁の鉄板と鉄の支柱がぶつかり合う音が「ドンドンドン…」と響き始め、次第に凄まじく大きな音になっていった。それと同時にホーム自体がユッサユッサと横に揺れ始め、まっすぐ立ってられないほどになった。まるで、ゴジラが建物を叩きながら、揺らしているかのようだ。こんな揺れを経験するのは、もちろん生まれてから初めてのことだ。
天井からぶら下がった電光掲示板や照明器具など、視界に入るものはすべて大きく揺れており、ホームの外に目をやると、一部の高いビルがあり得ないほどに揺れている。
そんな、まるでこの世の終わりのような光景を目の当たりにすると、「あのビル倒れる!これはヤバイ!すぐにこの建物もぶっ倒れて、オレは間違いなく死んでしまう!何でこんなところに来たんだろう?家族は大丈夫だろうか?」などと、いろんなことが頭を駆け巡った。もう、心臓はバクバクだ。

何もなければ、Instagramに当日投稿しようと用意していた写真駅員さんが「安全ですから、その場を動かないでください!」と叫んでいる。たとえウソでも「安全」という言葉には、人を安心させる力があるようだ。
長い揺れが終わっても、まだ揺れているかのような感覚。幸い何も壊れず、モノも落ちてこず、オレは完全に無事だった。こんなプレハブみたいな作りかけの建物でも、意外なほどに安全なんだね。宮城が震源地で震度6だという情報が流れる。この辺りは震度5だったらしいが、位置が高いので6近くはあったものと思う。
もう帰れるうちに帰ろうと、下のホームに停車中の快特三崎口行きに乗り込んだが、安全確認中でなかなか発車しない。そのうち大きな余震がやってきて、今度は電車ごとユッサユッサと揺さぶられた。ただ、ホームで揺すられるよりも、電車で揺らされる方が、数倍怖くない気はした。
当初は、すぐに復旧して走れそうなアナウンスが流れていたが、駅構内にいると危険とのことで、全員非難することになった。非難した途端、何故か空の様子が不穏になり、なんと雪混じりの冷たい雨が降り始めた。まさに踏んだり蹴ったりだ。しばらくは駅の前で待機していたのだが、どうやら送電線が切れたらしく、復旧の目処が立たないとの情報が流され、駅は閉鎖されてしまった。資料館も5時には業務終了ということで、無情にも全員閉め出されてしまった。

ようやく帰宅したときに撮った梅災害には相当強い京急が止まったとなると、JRはもちろん動かないだろう。帰る手段を失って帰宅難民となったオレは、見知らぬ蒲田の街をうろつき、寒さをしのげるところを探しまくった。出るときは暖かかったから、コートをどうしようか?と迷ったぐらいだが、ホントに着てきて良かったと思えるほどの、凍える寒さだ。
しばらく、いろんなところに身を寄せながら、家族との通信を試みるが、電話もメールもまったく繋がらない。こんなときでも、Twitterはバッチリ使えるので、会社の同僚との連絡も、地震に関する情報も、すべてTwitterでおこなった。
忘れた頃に家族からの返信が届き、また赤レンガに行ってて地震に遭遇したとのこと。すぐにクルマに乗って帰っているのだが、渋滞でまったく動かず、真横のホテルが目に見えるぐらいに揺れている…という内容で、通信が途切れた。
余計に心配になりながらも、とりあえず明日の朝まで過ごせるところを探しに回る。ビジネスホテルはどこも満室、カプセルホテルは休業中。ネットカフェもカラオケも満杯のようだ。腹も減ってきたので、まずは腹ごしらえしようかとも思ったが、食ったら出て行かないといけない。
そうだ!こんなときは「帰れま10」で出てくる、24時間営業のファミレスが一番だということで探し歩くが、どこも満員。しょうがないので、なるべく駅から離れたところを探し、ようやくガストを見つけた。全然空いてて、すぐに席に案内された。奥の方にある目立たない席で、トイレにも近いので、この状況下ではまさに抜群の結果だった。

意外と役に立つ突っ張り棒すでに地震発生から5時間が経過していたが、これからたぶん、ここで8時間ほど頑張るしかない。ドリンクバーのコーヒーを、これでもかと言うほど飲みまくり、こまめに追加オーダーをしながら過ごす。
ふとケータイを見ると、ほとんど電池切れじゃないか。通信もできないのに、勝手にリトライを続けていたせいだ。iPhoneも同じように減っており、20%を切って赤い表示になっている。万が一に備え、電源を切ることにした。
たまに、電源を入れると、メールが遅れて届いており、家族も家も無事のようだ。安心しても眠ることはできず、緊急地震速報は頻繁に鳴り、実際に余震も何度か起こった。おまけに、歩いて帰宅中のバカオヤジ集団が隣の席で宴会を始め出し、騒々しいったらありゃしない。
何とか5時近くまで粘ったところで、京急が動き出したとの情報が入り、騒ぎ疲れて眠っているバカオヤジたちを尻目に駅へと向かった。駅が近づくと、おぉ、確かに動いている。ホームには殺気だった群衆で溢れかえり、電車が来るたびに猛烈な押し合いが繰り広げられている。こういうシーンは、これまでにも何回か経験しているけど、まさに人間のエゴが丸出しになった状態で、吐き気すら覚える。

今日から愛車で通勤修羅場を乗り切り、最寄り駅まで戻って来た。タクシーがないことは予想通りで、駅からは歩いて帰った。昨日から今朝にかけて、もう十分過ぎるほどに早朝ウォーキングができた感じだ。
家に着いたときには、実に発生から17時間が過ぎていた。これでも、京急のおかげで、随分と早く着いた方だと思う。
一睡もしてなかったので、とりあえず2時間ほど寝て、起きてからテレビで状況を確認すると、東北地方の惨状が映し出されている。まさに未曾有の大震災だ。
これに比べたら、オレの体験なんか屁みたいなモノだ。ホントに死ぬほど怖かったけど、死なずに済んで良かったよ。
発生から3日経った今日も、街は混乱が続き、相変わらず緊急地震速報は鳴り続け、大きな余震が起こり続けている。計画停電も予定され、ガソリンや食料品なんかも売り切れ続出のようだ。いつになったら、普通の生活に戻れるだろうか?
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
御無沙汰してます

こちら中国上海でも、ニュースで大きく取り上げられております。心配になり、家族・友達に電話を掛けまくり、無事が分かり、ホッとしています。実は、あの日は日本帰国する予定だったのです。まだまだ、混乱が続きそうですね。被災者の方へ心よりお見舞い申し上げます。
Posted by のぼちん at 2011年03月15日 23:17
のぼちんさん、こんにちは。
慌ただしく過ぎた一週間で、返事が大変遅れました。
ホント、毎日毎日、揺れまくってます。揺れてなくても揺れてるように感じるほどです。
まだまだ、通常に戻るには時間がかかりそうですね。
Posted by Moto at 2011年03月20日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190603305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。