2011-02-23 [Wed]

小さい!

自分がちっちゃいなぁ…と、イヤになった話。

昨日は、訳あって午後から休みをもらった。
会社で食べてから帰れば良かったのかもしれないけど、せっかくだから外でランチをしようと思って、思いついたのがガスト。
行くと、広い駐車場は満杯で、店内も順番待ちの客でビッシリだ。もう1時も過ぎているのにね。その時点で諦めて他にすれば、こんな思いはしなかったんだろうけどね…。

お台場の夕陽すでにかなりの時間を立ったまんま待っていたのだが、先の二人組が呼ばれて空いた席に、たった今入ってきたばかりのサラリーマン二人が、何の遠慮もなくデカイ態度で座ったことにまずムカッ!
ようやく名前を呼ばれて席に案内されかけたのだが、案内のおねえさんが三人組の主婦グループを飛ばしてしまったことに気付いたらしい。オレに丁重に謝り、この次に案内しますから…と言うことなので、「イイですよ!」と言って空いた席に座って待つことに…。その際、謝りながら説明するおねえさんのオーバーアクションを、例の二人組サラリーマンが真似て笑っているのが視野に入る。
さぁ、次に呼ばれるかな?という段階になったのだが、あろう事か案内のおねえさんは、よりによってそのサラリーマンたちを指名したのだ。

お台場の夕陽どうやら、さっき案内しかけたときに、すでにオレの名前にはチェックマークが付けられてしまっていたので、忙しさのあまり「次に呼ぶ」と言っていた、つい先ほどの約束も完全に忘れ去ったようなのだ。
そのことだけでも十分に腹の立つ出来事なのだが、もっと腹が立ったのは、そのサラリーマンたちがオレを見てニヤッとしたこと。もしオレがあいつらの立場ならば、間違いなく「あちらが先ですよ」と言っただろう。
忙しいおねえさんを責めても後味が悪いし、もしあのサラリーマンの近くに座らされでもしたら、旨い料理も不味くなるだろう。いずれにしても、タダならともかく、金払って食うのにイヤな思いはしたくない。あまりの怒りに、ここでは絶対に食えない!と思って、何も言わずに店を出た。
そのあと、ランチはひとまずガマンして必要な用件を済ませてから、もうランチ客の減ったサイゼリヤに入って、ゆったりと半熟卵のミラノ風ドリアや、旨いカプチーノとデザートまで食べて、ようやく空腹を満たした。


イヤなこともすっかり忘れて、ぐっすり眠れたと思っていたのだが、今朝の4時頃に目が覚めた瞬間、昨日の出来事を思い出し、オレのとった行動は本当にあれで良かったのか?などと考え始めたら、だんだん興奮して眠れなくなってしまった。
きっと、おねえさんは自分の失敗を覚えてもいないだろうし、あのサラリーマンたちは面白がっているだけだろう。あの場で、この怒りをぶちまければ良かったのか…。
とりあえず、思いの丈をここに書けば、少しはスッキリするかも。この記事を読んでくれた方には申し訳ないけれど…。
あぁ、小さい自分がイヤになるよ。
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
僕なら絶対同じように帰りますけどね。
怒るともっとその後気分悪くなっちゃいそうで…。

いやぁ、それは相当腹が立ちそうですね…!
Posted by schx at 2011年02月23日 08:16
schxさん、こんにちは。
賛同してくださる方がいると、たぶんあれで良かったんだなぁ…と納得できます。
ありがとうございます!

おねえさんは、主婦グループもすっ飛ばしてるぐらい、おっちょこちょいで忙しすぎたんだと理解できますが、どうにも許せなかったのが、あのサラリーマンたちですよ。
すべてがムカついたので、同じ場所での食事など、到底考えられなかったです。

まぁ、でも、我ながらちっちゃいと思います(^_^;)。
Posted by Moto at 2011年02月23日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。