2006-05-15 [Mon]

2006スペインGP決勝

第50回を迎えたF1スペインGP。アロンソが母国での初優勝に挑む。

フロントロウを独占したルノーの2台。フィジケラが完璧なスタートを見せ、後続のフェラーリを抑え込むという素晴らしい仕事ぶり。その間にアロンソは独走態勢だ。ライコネンはホンダとトヨタの4台をぶち抜き、一気に5番手に上がる。
スーパーアグリのモンタニーは、11周目にトラブルで早々にリタイヤ。16周目にはR.シューマッハがチームメイトのトゥルーリを抜こうとして接触。フロントウィングを吹き飛ばして緊急ピットイン。同じチーム同士で何だかなぁ。19周目にはモントーヤがスピンして動けなくなりリタイヤ。こちらも何だかなぁ。

母国初優勝でウィニングランのアロンソM.シューマッハは23周目にピットインし、2番手のフィジケラの前に出る。これで、またしてもアロンソとシューマッハの一騎打ちとなった。ところが、気合いの入ったアロンソは恐ろしく速く、その差は一向に縮まらない。
結局最後まで順位は替わらず、アロンソは派手なパフォーマンスとともに、そのままチェッカーを受け、ポール・トゥ・ウィンで念願の母国初優勝を遂げる。それにしても、わざわざマシンに戻ってまで踊った、王者としての品格に欠けるあのダンスはいったい何なんだ?
我らが佐藤琢磨は苦しみながらも、17位完走を果たした。ヨーロッパラウンドでの初完走だ。早くニューマシンが出来ないかなぁ。

1位 F.アロンソ(ルノー)
2位 M.シューマッハ(フェラーリ)
3位 G.フィジケラ(ルノー)
4位 F.マッサ(フェラーリ)
5位 K.ライコネン(マクラーレン)
6位 J.バトン(ホンダ)
7位 R.バリチェロ(ホンダ)
8位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
9位 M.ウェバー(ウイリアムズ)
10位 J.トゥルーリ(トヨタ)
11位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
12位 J.ビルヌーブ(BMWザウバー)
13位 C.クリエン(レッドブル)
14位 D.クルサード(レッドブル)
15位 V.リウッツィ(トロ・ロッソ)
16位 T.モンテイロ(ミッドランド)
17位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
R C.アルバース(ミッドランド)
R S.スピード(トロ・ロッソ)
R R.シューマッハ(トヨタ)
R J-P.モントーヤ(マクラーレン)
R F.モンタニー(スーパーアグリ)


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。