2010-10-31 [Sun]

台風一過の熱唱

そんなに大きな影響もなく台風14号は過ぎ去り、とても穏やかな朝を迎えた。
まだ曇ってはいるが、諦めていた早朝山歩きができるだけでも嬉しいぞ。

小川昨日までの寒さを意識して、今日からヒートテックのシャツにウィンドブレーカーを着て外に出たが、意外と寒くはない。逆に、歩いているとだんだん暑くなってきた。
台風一過で、なばな休憩所からは東京湾がクッキリと見えている。山道には折れた枝が散乱していて、所々が川のようになっており、台風が来たことを実感するが、思ったほどはぬかるんでおらず、割とスムーズに歩くことが出来る。
いつものように見晴台で電波時計を合わせ、今日もノギクの広場経由で、自然観察の森を逆回りすることにした。意外と体調は良い。
調子に乗って歩いていると、またしても蜘蛛の巣にまともに突っ込んでしまった。目の前に大きなジョロウグモがまとわりつき、気持ち悪いったらありゃしない。帽子を脱いで振り払おうとするが、今度は帽子にくっついて離れない。身体中、クモの糸まみれになりながら、まるで踊り狂っているようだった。

今日の大丸山頂上山道を歩いていると、いつも演歌を熱唱しながら歩くおじさんと遭遇するのだが、今日も森中に響き渡るほど大迫力の歌声を聴くことが出来た。かなり本格的に上手いので、相当自信があるんだろうね。
せっかく歩けたので、また大丸山の頂上にも登ってきた。八景島方面が、とてもクッキリと見えて、実に良い眺めだ。珍しく誰もいなかったので、横浜市最高峰で、B'zの「裸足の女神」を熱唱してきた。
ふと時計を見ると、もう8時じゃないか。用事があるから、8時半までには帰ってきてくれと、かみさんに言われていたことを思い出した。こんなところで、呑気に歌っている場合じゃない!
そこからはジョギングに近い速さで駆け抜け、何とか30分で帰ってきた。こりゃ、快挙かもしれないぞ。

※記事に関連するツイート

motospage / Motoyuki Otsuka
ヨコハマのてっぺんで、B'zを叫ぶ。最高の眺めだ!(@ 大丸山山頂) http://ow.ly/321fl http://ow.ly/i/52YB at 10/31 07:56
motospage / Motoyuki Otsuka
今日も、熱唱おじさんに遭遇。山全体に響き渡る歌声! at 10/31 07:37
motospage / Motoyuki Otsuka
また、クモの巣にまともに突っ込んだ!目の前にデカイ蜘蛛が見えて、かなり焦った。(@ ノギクの広場) http://ow.ly/320P5 at 10/31 07:10
motospage / Motoyuki Otsuka
ここまでの道は、折れた枝が散乱しているものの、そんなにぬかるんではいない。(@ 関谷奥見晴台) http://ow.ly/320GM at 10/31 06:56
motospage / Motoyuki Otsuka
寒いと思ってウインドブレーカーを着て来たけど、暑くてたまらん!(@ 釜利谷陸橋) http://ow.ly/320zH at 10/31 06:47
motospage / Motoyuki Otsuka
台風一過。曇っているけど、穏やかで寒くはない。(@ なばな休憩所) http://ow.ly/320me http://ow.ly/i/52Rl at 10/31 06:23


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。