2006-04-18 [Tue]

熊本出張

昨日から今日にかけて、今度は熊本に出張してきた。

今回はJALで熊本空港まで飛び、リムジンバスで熊本駅まで向かう。
大観苑の太平燕まずは腹ごしらえで、熊本にしかないと言われる「太平燕(たいぴーえん)」を食す。これは麺が春雨の、チャンポンに似た料理で、熊本の人は学校の給食でも食べるほど一般的らしい。グルメマップに乗っていた店の中から、比較的駅に近い「大観苑」という店に行くと、あっさり味とこってり味の2種類から選べるとのこと。とりあえずヘルシーなあっさり味にした。出てきた太平燕は非常に具だくさんで、見るからに旨そうだ。味はまさにあっさりしすぎて、少し物足りないぐらいだったけど、旨かったよ。
熊本市で1件目の仕事を終え、次に水俣へと向かう。約2時間かかるので、おやつに「いきなり団子」を買う。結構大きめの団子の中に、芋がまるごと入っているというお菓子で、結構イケル。それにしても熊本の電車はどれもこれも凝っていて、市内には路面電車が走り、JR九州もワンマン電車が多い。車内は驚くほど広く、未来的なデザインだ。水俣へは「肥薩おれんじ鉄道」という可愛らしい電車に乗った。
黒亭の熊本ラーメン(マウスオンでおれんじ鉄道)水俣での仕事も無事に終わり、宿泊地の熊本に戻ってきたらすでに8時。お腹がすいたので、待ちに待った熊本ラーメンを食べに、有名な「黒亭」へと向かう。営業が8時半までなので、急いで行ったら行列もなくすぐに座ることができた。早速卵入りラーメンを食べる。見た目と違って実にすっきりとした味で、いくらでも食べられそうな感じ。全然臭みもなく、後味もすっきりで胸焼けも全くなし。これは旨い!

一泊して朝はホテルのバイキングで「だご汁」を食べた。これも熊本を始めとした九州独特の汁物で、「だご」とはだんごのこと。きしめんのような、だんごのような具が入っている。これもあっさりとして旨かった。
その後、八代へと向かい今日の1件目。そこから玉名へ行き、仕事は終了。ホントは天草にも行けたら行きたかったんだけど、フェリーに乗って行くしかなかったため、ちょっと現実的ではなく断念。
熊本城(マウスオンで福うさぎ)帰りの飛行機まで少し時間があるので、再度別の店で太平燕を食べてみようと向かったのが「喜洋洋」という上海居酒屋。ここのヤツは、マップに出ていた中で最もリーズナブルな価格だったんだけど、結構旨かった。昨日食べたものより若干こってり系だったのが良かったかも。
その後は、日本三大名城の一つである熊本城を見学した。近くで見ると圧倒的なスケール感だ。もちろん天守閣にも登ったが、やはりてっぺんは気持ちのよい風が吹き抜けていた。
おみやげに買ったのは、試食した中で一番おいしかった「福うさぎ」というまんじゅう。いきなり団子のように、中は芋が丸ごと入っているような感じのお菓子だ。
なんか、仕事はそこそこに、旨いモノばっかり食べているように見えるかもね。
でも出張って、そういうのが楽しみでしょ。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。