2010-10-25 [Mon]

2010韓国GP決勝


F1第17戦韓国GPの決勝。
昼には止むと言われていた雨は、決勝開始時間になっても降り続き、スタートが10分遅れた上に、セーフティカー先導によるレーススタートとなった。
55周のレースが始まったが、もの凄い水しぶきで、前はまったく見えない。
2周目にセナがピットインしてタイヤ交換するが、3周目には、とてもレースが出来る状態ではないことから、赤旗中断となってしまった。

49分間の中断を経てレースは再開したが、まだまだ水しぶきは多い。雨はほとんど止んでいるのに、路面の水はけがかなり悪いようだ。
17周目の終わりにセーフティカーが抜けて、ローリングスタート。
ロズベルグがハミルトンをパスして、4番手に浮上。トゥルーリとセナは、1コーナーでコースオフしている。
19周目、ウェバーが単独スピンでウォールにヒットしてクラッシュ。コントロールを失ったマシンにロズベルグが激突。突然、2番手と4番手のマシンが消えてしまい、またしてもセーフティカー導入となった。こりゃ、ロズベルグは不運すぎるよね。
24周目、レース再開時の順位は、ベッテル、アロンソ、ハミルトン、マッサ、バトン、シューマッハ、クビサ、ヒュルケンベルグ、バリチェロ、スーティル、リウッツィ、アルグエルスアリ、グロック、コバライネン、山本、ハイドフェルド、小林、ペトロフ、ディ・グラッシ、ブエミ、セナ、トゥルーリとなっているが、再開早々にトゥルーリとセナが接触し、トゥルーリのフロントウィングが脱落して、イエローフラッグが振られている。
27周目に、ディ・グラッシが単独スピンでストップ。シューマッハは、ロングストレートでバトンをパスして5番手に浮上。
29周目には、バトンとスーティルが浅溝タイヤに履き替えるギャンブルに出た。
随所でスピンが続発する中、31周目にブエミがグロックと接触してクラッシュ。これで、またまたセーフティカー導入となった。このタイミングで各マシンが続々とピットインして、浅溝タイヤへの交換をおこなうが、ベッテルとアロンソだけがそのまま走行を続ける。
33周目に、その2人が同時にピットインするが、アロンソのタイヤ交換が手間取ったため、ハミルトンに先行されてしまい、3番手に落ちる。


34周目の終わりでセーフティカーが抜けて再スタート。ハミルトンが1コーナーでコースオフしたので、アロンソが2番手に順位を戻すことに成功。
36周目での順位は、ベッテル、アロンソ、ハミルトン、マッサ、シューマッハ、バリチェロ、ペトロフ、ヒュルケンベルグ、クビサ、小林、リウッツィ、バトン、ハイドフェルド、スーティル、アルグエルスアリ、コバライネン、セナ、山本となっており、すでに18台しか走っていない。バトンは、スーティルに押し出され15番手にまで落ちてしまう。
38周目にはスーティルがコースオフして順位を落とし、41周目にはペトロフが最終コーナーでタイヤバリアに激突してクラッシュ。これらにより、小林はポイント圏内にまで浮上してきた。
46周目、トップを快走しながらも、突如エンジントラブルに見舞われてしまったベッテルを、アロンソがパスしてトップに立った。その直後、ベッテルのマシンは白煙を噴き上げ、ストップしたところで出火。ベッテル自らが消火にあたる。これで、最速レッドブルが2台ともノーポイントに終わってしまった。
47周目、激しく9番手争いをしていたスーティルと小林だが、スーティルがコントロール不能に陥り、小林に激しく接触してコースアウト。これで、小林は9番手に浮上。それにしても、雨のスーティルは今回ドタバタが目立ち、レースを引っかき回している印象だ。
48周目での順位は、アロンソ、ハミルトン、マッサ、シューマッハ、バリチェロ、ヒュルケンベルグ、クビサ、リウッツィ、小林、ハイドフェルド、アルグエルスアリ、バトン、コバライネン、セナ、山本となっており、わずか15台のサバイバル戦だ。ヒュルケンベルグがピットインしたので、小林は8番手にまで浮上した。
各マシンともタイヤが一杯いっぱいで滑りまくり、しかも日も暮れて暗くなってきた。


大波乱の末に、このサバイバル戦を制したのはアロンソで、今季5勝目で韓国GP初代ウィナーとなり、ドライバーズ・ランキングでも堂々トップに立った。ノーポイントに終わったウェバーとの差は11ポイントだ。やはり、開幕戦の勝者がチャンピオンになるというジンクスは生きているのか。このまま、突っ走って欲しいぞ。
2位にはハミルトンが入り、ランキング3位となって、消えかけていた望みを繋いだ。
3位はマッサで、久々の表彰台。小林は8位で、2戦連続のポイントゲットだ。

それにしても、楽勝のはずのレースでノーポイントとは…。レッドブルも、まだまだ不安定すぎるよね。
開催すら危ぶまれた韓国GPは、決勝も雨で大波乱のサバイバル戦となり、終始ドキドキハラハラだった。

1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
2 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
3 フェリペ・マッサ フェラーリ
4 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
5 ロバート・クビサ ルノー
6 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
7 ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ・コスワース
8 小林可夢偉 BMWザウバー・フェラーリ
9 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー・フェラーリ
10 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ・コスワース
11 ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
12 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
13 ヘイキ・コバライネン ロータス・コスワース
14 ブルーノ・セナ HRT・コスワース
15 山本左近 HRT・コスワース
R エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
R セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
R ビタリー・ペトロフ ルノー
R ティモ・グロック ヴァージン・コスワース
R セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
R ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・コスワース
R ヤルノ・トゥルーリ ロータス・コスワース
R マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
R ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
タグ:F1 韓国 決勝
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
なんと、レッドブルは二人ともノーポイントですか。
記事を読むかぎり、大波乱のレースになったようですね^^;
それにしても、ついにアロンソがトップに立ちましたか。
いよいよクライマックスになってきましたし、最後まで楽しみですね♪
Posted by はまかぜ at 2010年10月25日 12:16
はまかぜさん、こんにちは。
本来であれば楽勝なレースに二人とも勝てなかったというのは、いったい何なんでしょうね。
やっぱ、風はフェラーリのアロンソに流れていますよ。
このまま、チャンピオンになって欲しいです。
Posted by Moto at 2010年10月25日 13:03
こんばんは!
アロンソのWC、近づいてきています!
そうなれば本当うれしぃです。
あと2戦、応援します^^

しかし、超うれしい事、超哀しいこと、この二つの大きい波が一気に押し寄せてきました。なんとも複雑です。
アロンソも大好き。バトンも大好き。
もう少しバトンにとって良い負け方が欲しかったです。
でもどんな事になっても二人とも好き^^

あと2戦、マトモなレースが開催されると思うので安心して観戦しましょう!!
最後ナイトレースでしたね。。。


Posted by まめ。 at 2010年10月25日 23:41
まめ。さん、こんにちは。
いやぁ、今年序盤の様子だと、レッドブルのベッテルが早々に最年少チャンピオンを決めちゃうんじゃないかと思ってましたけど、さすがアロンソですね。
フェラーリのマシンが良くなってくると、途端に勝ち始めましたね。完全に、運も味方に付けています。もう、このままチャンピオンまで、まっしぐらに突き進んで欲しいです。

この状況で、バトンのノーポイントは痛かったですね。実質的にチャンピオン争いから脱落したカタチとなり、非常に残念です。
でも、決してやる気がないようには見えませんでしたよ。セッティングがうまく行かない中、もがいていたようで、しかもスーティルに引っかき回されていたようですし…。
あと2戦、辛うじて望みを繋いだハミルトンの援護をしながら、良いレースをして欲しいですね。
Posted by Moto at 2010年10月26日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167061416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2010 Round17 F1韓国GP 決勝の結果 アロンソ優勝ヽ(´▽`)ノ
Excerpt: アロンソ優勝!!これは本当に素晴らしい。  残り3戦でのこの優勝はとても重い。 アロンソが今現在ドライバーズポイントをウェバーに11点上回りTOPとなった。 この日、なにがこれから起こるのか ど..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2010-10-25 23:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。