2010-09-29 [Wed]

久々の快晴!

今日は、久々の良い天気。カラッとした爽やかな風が吹き、青い空が広がっている。
通勤時にクルマの窓を全開にして、長雨で淀んだ空気の入れ換えをした。

窓、開けっ放し!昨日の夕方に急遽決まった出張のため、昼前には会社を出た。暑くもなく寒くもない、サイコーに快適な天気だ。やっぱり出張の日は、晴れた方がイイに決まってる。
出張の日の腹ごしらえは、いつものドトール
月曜日に食べて、いきなり虜になってしまった、ミラノサンド「やわらかチキンと半熟タマゴ」を注文。まさか、こんなに早く、また食べることになるとは思ってもいなかったけど、やっぱ旨いわ。これ、マジで通常メニューに加えて欲しいよ。
それにしても、ドトールは大好きなんだけど、ただ座ってるだけで身体中がタバコのヤニ臭くなるのだけは勘弁してほしいね。今度から、携帯用のリセッシュかなんかを持ち歩かないと、こりゃ、臭くてダメだ。

やわらかチキンと半熟タマゴ至福の時間を終え、目黒へと向かう。
電車のお供は、月曜日に買った「Story Seller」という、7人の作家たちによる読み切り小説集。すでにVol.3まで出ているらしいが、その1冊目だ。
オレの大好きな伊坂幸太郎も相変わらず面白かったが、他の人たちもなかなかイイね。これで、また気に入った作家の本を読むことになるかもしれない。
肝心の打ち合わせも、実りあるものとして終了。少し寄り道をしてから、会社にクルマを取りに戻る。
帰りの電車の中でも本の続きを読んだが、有川浩の書いた、本と同じ題名の「ストーリー・セラー」という話がすごく良くて、電車の中で思わず泣きそうになってしまった。
ヤベぇ、気を抜いたらホントに涙がこぼれそうだ。これが家だったら、まさに号泣ものだったよ。

ところで、夕方5時にケータイの緊急地震速報が鳴って、ちょっとビビったなぁ。思わず身構えちゃったよ。

4101366713Story Seller (新潮文庫)
新潮社ストーリーセラー編集部
新潮社 2009-01-28

by G-Tools


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。