2010-09-27 [Mon]

2010シンガポールGP決勝


F1第15戦シンガポールGPの決勝。
今回で3回目を迎えるナイトレース。
ランキングトップの5人が、わずか24ポイント差にひしめく大混戦となっている。
フォーメーションラップが始まったが、アルグエルスアリはマシントラブルのため、ピットスタートを選んだようだ。

61周でのレースがスタート。
アロンソはベッテルを牽制しながらトップをキープし、上位5台の順位に変動はない。ハイドフェルドはリウッツィとの接触があったようで、フロントにダメージを受けている。
1周目を終えた順位は、アロンソ、ベッテル、ハミルトン、バトン、ウェバー、ロズベルグ、クビサ、バリチェロ、シューマッハ、ペトロフ、小林、ブエミ、ヒュルケンベルグ、スーティル、リウッツィ、コバライネン、トゥルーリ、グロック、クリエン、ディ・グラッシ、アルグエルスアリ、セナとなっている。
2周目には早くもマッサがピットイン、タイヤ交換を済ませるギャンブルに出た。
ハイドフェルドも緊急ピットインしてノーズ交換。リウッツィはハイドフェルドとの接触の影響か、リアにダメージを受けており、コース上にストップしている。これで、1回目のセーフティカー導入となる。
4周目にウェバーがピットインしてタイヤ交換を済ませると、上位以外のマシンが続々とピットになだれ込んできた。

5周目の終わりでレース再開。この時点での順位は、アロンソ、ベッテル、ハミルトン、バトン、ロズベルグ、クビサ、バリチェロ、シューマッハ、小林、グロック、ウェバー、ペトロフ、ヒュルケンベルグ、スーティル、マッサ、ブエミ、コバライネン、トゥルーリ、アルグエルスアリ、ディ・グラッシ、クリエン、セナ、ハイドフェルドとなっている。
ウェバーは、まずグロックをパスし、7周目には小林、11周目にはシューマッハをパスしていく。今日のウェバーは気迫溢れる凄い走りで、実質、3番手を走るハミルトンとの闘いとなる。
タイヤの苦しかったハミルトンは29周目でピットインし、ウェバーの後ろ8番手で復帰する。ここのピットレーンは60km/h制限なので、ピット作業で30秒ほどのロスがある。
30周目には、トップのアロンソとベッテルが同時にピットイン。2人の順位に変動はなくコース復帰する。ベッテルは…というかレッドブルは、もう1周ピットインを延ばすことは考えられなかったのかねぇ。バトンもこの周でピットインし、8番手復帰。


31周目での順位は、アロンソ、ベッテル、クビサ、バリチェロ、ウェバー、ハミルトン、ロズベルグ、バトン、小林、スーティル、ヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、ブエミ、アルグエルスアリ、シューマッハ、ハイドフェルド、グロック、コバライネン、ディ・グラッシ、クリエン、セナ、トゥルーリとなっている。
シューマッハは、ピットイン直前、小林にパスされる際に接触があり、ウォールにヒットしていたようだ。その小林は32周目、スタンド下に抜ける18コーナーを曲がりきれずにストップ。そこにセナが追突して両者リタイヤとなってしまった。このことで、本日2回目のセーフティカー導入となる。

35周目の終わりでレース再開。ハミルトンとウェバーが、激しいバトルの末に接触。はじき飛ばされたハミルトンは直後にリタイヤしてしまい、2戦連続のノーポイントに終わってしまった。ハミルトンは怒り心頭で、ステアリングを放り投げた。
37周目に、シューマッハがフロントウィングを破損して、火花を散らしながらピットまでたどり着こうとしている。ハイドフェルドとのバトルで接触があったようで、ハイドフェルドはリタイヤしてしまった。いやぁ、かなり荒れたレースになってきたぞ。
46周目での順位は、アロンソ、ベッテル、ウェバー、バトン、ロズベルグ、バリチェロ、スーティル、ヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、ブエミ、アルグエルスアリ、クビサ、コバライネン、シューマッハ、グロック、ディ・グラッシとなっており、すでに17台にまで減っている。
ベッテルはアロンソに1秒差にまで迫り、二人ともがファステストの応酬で一歩も引かない中、53周目からF1屈指のストリートファイターであるクビサのオーバーテイクショーが始まった。ポイント圏外から毎周回オーバーテイクを重ね、56周目では7番手にまで浮上した。
ブエミとあわや接触というバトルを繰り広げていたコバライネンは、60周目にマシンが炎上。ホームストレートでストップし、自ら消火作業にあたる。その横を、トップ争いの2台が駆け抜けていく。
最終周、アロンソにわずか0.2秒差で食らいついているベッテル。その先には周回遅れのマシン集団が見えており、最後まで一瞬たりとも気が抜けない状態。まさにテール・トゥ・ノーズでの攻防戦だ。


8台がリタイヤするという荒れたレースで、アロンソはトップを守りきり、2戦連続のポール・トゥ・ウィンを果たす。ファステストラップもマークして、完璧なレースだった。これでランキングも2位に浮上し、マジでチャンピオンも見えてきたぞ。
2位はもちろんベッテルで、ランキング3位のハミルトンにわずか1ポイント差の4位。
3位には上手いレース運びをしたウェバーが入り、ポイントリーダーの座を死守。
4位にはバトンが入り、ランキングトップのウェバーとは25ポイント差の5位につけている。まだまだ5人による闘いは続き、1回の優勝とリタイヤで大きく変わる状況だ。
次戦は、いよいよ鈴鹿だ!

1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
2 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
3 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
4 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
5 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
6 ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ・コスワース
7 ロバート・クビサ ルノー
8 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ・コスワース
10 フェリペ・マッサ フェラーリ
11 ビタリー・ペトロフ ルノー
12 ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
13 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
14 セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
15 ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・コスワース
16 ヘイキ・コバライネン ロータス・コスワース
R ティモ・グロック ヴァージン・コスワース
R ニック・ハイドフェルド BMWザウバー・フェラーリ
R ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
R クリスチャン・クリエン HRT・コスワース
R 小林可夢偉 BMWザウバー・フェラーリ
R ブルーノ・セナ HRT・コスワース
R ヤルノ・トゥルーリ ロータス・コスワース
R ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス

※編集部注
のちに、スーティルとヒュルケンベルグは、ショートカットでそれぞれ9位と10位に降格となり、マッサが8位にまで昇格しました。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
久々にテレビ観戦しました。
レース終盤でクビサがどんどんオーバーテイクしていくのが良かったです。
解説の人の「やりたい放題ですね」のコメントもウケました(笑)

アロンソとベッテルのトップ争いも見応えがありました。
個人的にはベッテルを応援していたのですが、残念です^^;
それにしてもアロンソは波に乗ってきましたね。
現役最強と呼ばれているようですし、チャンピオン争いがどうなっていくのか、楽しみです♪
Posted by はまかぜ at 2010年09月27日 12:32
はまかぜさん、こんにちは。
今年は、どのレースもホントに面白くて、見応えがあります。
私の大好きなライコネンは、今WRCでラリーに参戦していますので、フェラーリファンとしてはアロンソ、マッサを応援することになります。密かにバトンも応援していますが、もちろん、日本人として可夢偉も応援しています。
私は、このままの勢いで、アロンソがチャンピオンになるんじゃないかなぁと思っています。何とか、開幕戦のウィナーがチャンピオンになる…というジンクスを守って欲しい気がします。
Posted by Moto at 2010年09月27日 21:57
鈴鹿のアロンソに期待です!
バトンの予選の走りは結構良くて期待していましたが、4位と残念。。
決勝にも期待して表彰台へって思いましたが、変わらずでした><
鈴鹿はレッドブルが強いですが、フェラーリもイケそうなので頑張ってもらいたいです。なんとかバトンも絡んでくれるように、応援してきます!!
台風が来ない事だけ祈ってください(^0^)
Posted by まめ。 at 2010年09月28日 00:51
まめ。さん、こんにちは。
鈴鹿がキレイに晴れることを祈っております。
ベッテルには最年少王者を期待していたのですが、ここまで来たらフェラーリファンとして、ぜひともアロンソにチャンピオンになってもらいたいです。
そして、バトンがハミルトンよりも上に行くように祈っています。
Posted by Moto at 2010年09月28日 06:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1シンガポールGP(2010 R15)
Excerpt: F1第15戦シンガポールGP
Weblog: UKYOのつぶやき
Tracked: 2010-09-27 10:28

シンガポールGPアロンソ制覇も大荒れ
Excerpt: 第15戦シンガポールGPアロンソ制覇も大荒れだった アロンソ制覇&2位ベッテル&3位ウェバーだけど 4位バトン&5位ロズベルグ&6位バリチェッロだし 7位クビサ&8位マッサ&9位スーティルと..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2010-09-27 18:13

2010 Round15 F1シンガポールGP 決勝の結果  アロンソP.to win 優勝おめでとう!!バトンは4位
Excerpt: 優勝は フェルナンド・アロンソ ポールtoウィン シンガポールGP2回目の優勝ですね^^ おめでとう!! しかしアロンソは強いね。 2戦前まではどうなる事かと思ったけど、これは最終戦まで面白いですね..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2010-09-28 00:46

F1 シンガポールGP アロンソ勢い止まらず!! 史上9人目の2戦連続ハットトリック達成!!
Excerpt: 結果は以下の通り(「F1通信」より) フリー走行・予選とトラブルを抱えながらも、
Weblog: 蔵前トラックU
Tracked: 2010-09-28 00:48

ハミルトン痛恨の0点!<F1シンガポールGP>
Excerpt: ハミルトン:「ガッツ先生!今日の点数は?」 ガッツ先生:「0点」 というロボコンの一場面を思い出してしまった。マクラーレンファンからするとウェバー引けよと言いたくなるが、審議でも問題なかったようだし、..
Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2010-09-28 22:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。