2010-09-04 [Sat]

風の吹き抜ける場所

今日も、早朝から良く晴れてるよ。
これだけ晴れの日が続いて雨が降らないと、オレは嬉しいんだけど、農家の人たちは大変だよね。

ツチイナゴ6時から歩き始めるが、やはり今日も少し涼しく感じる。近所ではセミも鳴いていない。
今日から、クヌギの木に寄るのはやめて、元々のルートに戻すことにした。久々に急で険しい上り坂を行くと、さすがに息が切れるね。
この急な斜面は日が差していないので、やはり涼しさを感じるし、セミたちもまったく鳴いていない。ところが、日の当たる頂上付近に近づくと、途端にセミが大合唱している。ミンミンゼミも、まだまだ強力だ。セミはある温度になると鳴き始めるらしいから、要はセミが鳴いているところは暑い!と言うことだ。
これまた久々のなばな休憩所から、ちょっと白く霞んだような八景島方面を眺める。
草むらにはたくさんのツチイナゴがいて、オレの接写テクで5cmにまで近づいた。ちょっと色が薄いので、脱皮したてかもしれないね。マヌケな仮面ライダーって顔をしている。

コチャバネセセリオレの歩くいつものルートの、ちょうど折り返し地点にあたるところが、風の吹き抜ける場所になっていて、とても快適だ。またこの小道には、あまり見かけないような昆虫たちがいたりして、オレにとっての憩いの場になっている。
さっきのイナゴと同じように、葉っぱに止まっている珍しいチョウチョを接写してみた。よく見かけるイチモンジセセリに似てるけど、ちょっと柄が違う。どうやらコチャバネセセリのようだ。
さらに先に進むと、デカいバッタの類が葉っぱの裏側にくっついて眠っているようだ。カタチはクサキリなんだが、サイズが異様にデカイ。でもよく見たら、たくさんの赤い小さなムシに寄生されてたみたいだ。
他には、小さなオンブバッタも見つけた。小さなメスの上に、さらに小さなオスがオンブされて、一緒になって飛んでいる。不思議なバッタだ。
あぁ、それにしても、今日も暑くなりそうだなぁ。


タグ:雑記 昆虫
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。