2010-09-03 [Fri]

3代目自宅サーバ稼働

約1週間前に届いた、オリオスペックの無音パソコン「M350-945GSE Fanless Eco Silent」。最新のCentOS5.5をインストールし、酔っぱらいながらも徹夜して、何とか3代目の自作サーバを立ち上げたのだが、結局、設定が完全には上手く行っておらず、使い物にはならなかった。

CentOS手元にあるLinuxを片っ端からインストールして、試行錯誤・悪戦苦闘を続けたものの、最新のFedoraでは欲しい機能が使えなくなっていたり、旧バージョンになるとネットワークを認識しないなど、あちらを立てればこちらが立たずという状態で、どれもこれも上手く行かなかった。
しかし、そういった悪あがきを続けるうちに、何かの拍子でブレークスルーすることは多く、あることに気付いてからは「よし、きっと出来るぞ!」という確信の元、再度、最新のCentOS5.5でチャレンジし、当初の目的を果たすことが出来た。基本的な部分は完成したので、この週末で少しずつ機能アップしようと思っている。

CentOSのデスクトップ壁紙とにかく、無音サーバの素晴らしさったら、説明できないほどに良い。これに替えてから、いくら暑くても安眠できている。今では、部屋で一番うるさいのが扇風機になってしまった。
スペック的にはほぼ同じである「Mini 1000」が、使っていると結構熱くなるのに対して、こちらはずっと起動していても、ほとんど熱を持たないのも素晴らしい。
以前のHP製サーバマシンに対して、CPU性能としては半分ほどに落ちているかもしれないが、SSD採用とメモリが増えたことにより、何ら不満のない快適な動作をしている。
何よりコンパクトだし、まさに良いことずくめだ。

今回の3代目自宅サーバ立ち上げで、初心者のオレがハマッたいくつかの罠について、今後のためにも、記事を分けて備忘録を残しておこうと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
すごいですね!
自分も自宅サーバー作りたいです…
今Linuxを勉強していますが、学校の課題もあるのっでなかなか立てれません(泣

Posted by 113 at 2010年09月03日 22:01
113さん、初めまして。どうも、ありがとうございます。
Linuxは難しいですけど、やり始めると面白くて止まらなくなります。
サーバにはやっぱりCentOSかな?っていうノリで選んだのですが、かなり躓きました。でも、また一つスキルアップできたかな?と思っています。
自宅サーバを立てるなら、静かなほど良いと思いますよ。
Posted by Moto at 2010年09月03日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。