2010-08-30 [Mon]

2010ベルギーGP決勝


F1第13戦ベルギーGPの決勝。
ここまでのレースで、ドライバーズランキングの上位5人が、わずか20pt差にひしめく大混戦となっており、今日のスターティンググリッドは、奇しくもその順番で並んでいる。
シューマッハ、ロズベルグ、ブエミ、グロック、デ・ラ・ロサの5名は、すでにグリッド降格ペナルティを科されており、スターティンググリッドもシャッフルされている。

フォーメーションラップが始まったが、軽く小雨が降り始めている。
44周のレースがスタート。なんと、ポールシッターのウェバーが痛恨のスタートミス。マクラーレンの2台が好スタートで飛び出し、ハミルトン、クビサ、バトン、ベッテル、マッサ、ウェバーの順で、名物オールージュを駆け上がる。
しかし、すぐに雨が降り始め、各マシンがコースアウトしまくっている中、アロンソにバリチェロが追突してクラッシュ。これで、セーフティカー導入となった。
バリチェロはそのままリタイヤするが、アロンソはほとんど無傷でピットに戻り、浅溝のウェットに履き替える。
セーフティカー先導中、2周目での順位は、ハミルトン、バトン、クビサ、ベッテル、ウェバー、マッサ、ヒュルケンベルグ、スーティル、リウッツィ、ロズベルグ、ペトロフ、シューマッハ、トゥルーリ、ディ・グラッシ、アルグエルスアリ、アロンソ、山本、小林、デ・ラ・ロサ、グロック、コバライネン、セナ、ブエミとなっている。
小林は、ピットインしてハードタイヤに履き替えるというギャンブルに出た。


4周目にレース再開。マクラーレンは1-2態勢を築き、ベッテルはクビサをパスして3番手に浮上。
5周目に、またもアロンソがピットイン。今度はドライタイヤに履き替えるというドタバタぶりだが、その後の追い上げは凄まじい。
13周目には、ベッテルがバトンに超接近。完全にスリップに入っている。しかし、ストレートスピードの速いマクラーレンを抜き去ることはできない。そして17周目、ベッテルがバトンをアウトからパスしようとして接触。うわっ、またやっちゃったよ!
バトンのサイドポンツーンに突き刺さるようなカタチで激突してしまったベッテルは、フロントウィングを落としてしまい、ピットに戻る。バトンはそのままリタイヤ、この局面でのノーポイントは痛い。
このことで、ベッテルにはドライブスルーペナルティが科せられた。ベッテルは、リウッツィとの激しいバトルを続けながら、21周目にペナルティを消化する。

22周目での順位は、ハミルトン、クビサ、ウェバー、マッサ、シューマッハ、ロズベルグ、小林、スーティル、アロンソ、ペトロフ、リウッツィ、デ・ラ・ロサ、ベッテル、アルグエルスアリ、ヒュルケンベルグ、ブエミ、トゥルーリ、ディ・グラッシ、グロック、コバライネン、山本となっている。
23周目にウェバーがピットインして4番手復帰する頃、ベッテルはファステストラップを記録。小林はスーティルにパスされる。
24周目にクビサとマッサ、25周目にはハミルトンがそれぞれピットイン。ハミルトンは余裕でトップをキープしている。
26周目に、ベッテルがスローダウン。どうやらリウッツィとの再バトルで、フロントウィングで左リアタイヤを切られたらしい。まさに今日のベッテルは、暴れん坊そのものだ。コースが長いので、パンクしたままでの走行では、ピットにたどり着くまでにかなりの時間が掛かる。28周目にピットインして20番手復帰。もう、グダグダだ。
31周目には、小林とアロンソの、息詰まるほど激しい攻防戦が繰り広げられる。


34周目ぐらいから、また雨が降り出した。やがてこれが土砂降りとなり、またまたレースは大荒れとなる。
35周目には、トップのハミルトンもコースオフ。あわやウォールに接触という事態を辛うじて回避した。各車一斉にウェットタイヤへと交換。これで、ウェバーがクビサの前に出て、2番手に浮上する。
38周目に、なんとアロンソが縁石でスピン。コース上で横向きになってストップしてしまい、2度目のセーフティカー導入となった。
40周目での順位は、ハミルトン、ウェバー、クビサ、マッサ、スーティル、シューマッハ、小林、ロズベルグ、ペトロフ、アルグエルスアリ、デ・ラ・ロサ、リウッツィ、ブエミ、ヒュルケンベルグ、トゥルーリ、ベッテル、ディ・グラッシ、コバライネン、グロック、山本となっている。
41周目にレース再開。もの凄い水しぶきと共に、各マシンが一斉にオールージュを駆け上がる。ロズベルグが、小林とシューマッハをパスしている。

大荒れに荒れたレースの結果、ハミルトンがスタートからフィニッシュまでトップを守りきって今季3勝目を上げ、ランキングでも1位に返り咲いた。
2位はウェバー、3位はクビサ、4位はマッサで、3人とも地味に強いところを見せている。小林も8位に入賞だ。
それに対して、ベッテル、アロンソは、今回かなりのドタバタで、バトンと共にノーポイント。明暗がクッキリと分かれたレースだった。
ちなみに、アルグエルスアリには、シケインショートカットにより20秒加算ペナルティが科せられ、10位から13位に降格。貴重なポイントを失った。
いやぁ、それにしてもスパはサイコーに面白いね。ライコネンがいれば、もっと面白いんだけどなぁ…。

1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
2 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
3 ロバート・クビサ ルノー
4 フェリペ・マッサ フェラーリ
5 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
6 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
7 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
8 小林可夢偉 BMWザウバー・フェラーリ
9 ビタリー・ペトロフ ルノー
10 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
11 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー・フェラーリ
12 セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
13 ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
14 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ・コスワース
15 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
16 ヘイキ・コバライネン ロータス・コスワース
17 ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・コスワース
18 ティモ・グロック ヴァージン・コスワース
19 ヤルノ・トゥルーリ ロータス・コスワース
20 山本左近 HRT・コスワース
R フェルナンド・アロンソ フェラーリ
R ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
R ブルーノ・セナ HRT・コスワース
R ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ・コスワース


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
Motoさん。。こんばんわ。
スタートから好調だったバトン。
ヴェッテルの激突がなければ、優勝してたかもしれない、、って思うとやりきれないです。
雨が落ちてタイヤ交換までの辛抱だって、、解説者も、また、マクも、そう言った見方をしていたんだけど。。
ヴェッテルは、我慢できなかったんだろうな、、
レースは面白いものになったけど、私はヴェッテルへのハラワタ煮えくり返る思いで見てました(泣)今はなんだか腑抜けですorz
Posted by まめ。 at 2010年08月31日 21:30
まめ。さん、こんにちは。
最近のベッテルは、焦りすぎに見えますね。
まぁまぁ、見たくないなんて言わずに、雨に強いバトンですから、次からみんなで雨乞いしましょうか。
Posted by Moto at 2010年08月31日 23:23
(;;)泣。。
Posted by まめ。 at 2010年09月02日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1ベルギーGP(2010 R13)
Excerpt: F1第13戦ベルギーGP!
Weblog: UKYOのつぶやき
Tracked: 2010-08-31 00:30

ハミルトン優勝でポイントリーダー!F1ベルギーGP
Excerpt: うれしいけど、少し残念! 大勢で旅行行くと、だれか一人トラブルメーカーがいる。遅刻したり、忘れ物したり、迷子になったり、またお前かという人が必ずいる。今回のGPではベッテルだ。バトンへの特攻が無ければ..
Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい!
Tracked: 2010-08-31 06:05

2010 Round12 F1ベルギーGP/決勝  嗚ー呼あぁあ〜 ファンは辛過ぎるこの後半戦の始まり。
Excerpt: バトン5番手からスタートで  2位走ってたのに ヴェッテルのヤロウめが!なんて事してくれたんだ  ドライブスルーペナルティじゃ許さんわ!! バトンもフロントに少しのダメージを負っていたから  2位以..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2010-08-31 21:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。