2010-08-10 [Tue]

新チェックポイント

目が覚めたら、もう5時半、いつもなら山歩きに出掛ける時間だ。
外を見ると、雨が降った形跡はあるが、今は大丈夫なようだ。

樹液に集まる虫たち急いで支度をして、外に出る。空は厚い雲に覆われていて、今にも泣き出しそうな感じさえある。そんなに暑くはないけれど、湿度はかなり高そうだ。
草木には水滴がコロコロと乗っかっており、なばな休憩所までの急な山坂道は、ぐちょぐちょになっていそうなので、別ルートを選んだ。
真夏になってからは初めて通る道なのだが、思ってたよりもクヌギが多かったんだね。しかも、大量の樹液が出ている木が2本あって、そこには、たくさんのカナブンとスズメバチが集まっていた。クワガタやカブトがいないか刮目して見たんだけど、どうやらカナブンだけのようだ。
2本とも、どうみても人工的に切り込みが入れられたようになっており、そこから樹液が溢れ出ている。今日は残念だったけど、時間帯によっては、間違いなく大物がやってくることだろう。明日から、ここを真っ先にチェックするようにしよう。

イガグリ2つ雨のおかげで、思いがけず新しいチェックポイントが見つかったことは実に良かったが、それにしても、今朝は蜘蛛の巣が低い位置にたくさん作られている。
蜘蛛の巣よけのササは、今や必需品となっており、オレは毎回ササを家まで持ち帰って使い回している。現在のものより良いササを見つけたら、それと交換するという「わらしべ長者」方式をとっているのだ。今日はホントに重宝して、もし持ってなかったら、顔中が蜘蛛の巣まみれになっていたところだ。
でも、水滴の付いた蜘蛛の巣は、意外と芸術っぽく見える。なかなか良い写真は撮れなかったけど、壊すのがもったいないものもたくさんあったよ。
時折、雨が降ったり止んだりしているが、森の中ではまったく問題ない。いつもの尾根道も、予想したより全然ぬかるんでなかった。
途中にある休憩所のテーブルには、イガグリが2個置いてあって、何だかとっても旨そうに見えた。


タグ:雑記 昆虫
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。