2010-07-31 [Sat]

蜘蛛の巣

今朝も5時に起きたら、まだ外は明るくなっていない。
30分ほどしてから、山歩きに出掛けた。

今日のタイワンリス空は雲で覆われており、朝日が時々顔を覗かせるような曇り空だ。雨の心配は、多分ないだろう。まだ、あまり蒸し暑くないので、歩きやすい。
森の入り口には、いつものようにタイワンリスの群れが集まっており、今日は一匹だけ逃げもせずに近づいてくるヤツがいたので、ごく至近距離での撮影に成功した。シッポをピョコピョコ振って、実に可愛らしい。
6時も過ぎると、徐々に日が差してきた。
まぁ、それにしても雨上がりのせいか、蜘蛛の巣が異様に低い位置に張り巡らされているので、すべてを身体に巻き付けながら歩いているようで気色が悪い。
振るのに手頃なササを探しながら山道を進むが、見つからないときには、なかなか見つからないもんだ。その間にも、顔や手に蜘蛛の糸がまとわりつき、巣にマトモにぶち当たったときには、クモそのものまでもがくっついてくる。ウエェ…。

蜘蛛の巣払いのササ何とか良いササを発見し、そのあとは、際限なく続くクモのトラップを立て続けに粉砕しながら歩くことができて、結構気持ちイイ。これは、最初にその道を通る者の義務だと思うね。
そんなことを考えながら歩いていたが、雨上がりの森では、リス以外に目だったものは、何もいなかったよ。
ただ、子供の自由研究の付き添いと見られる集団に遭遇。お母さん方は、街を歩くようなワンピース姿などで山に入ってきている。蜘蛛の巣まみれ、朝露まみれ、泥まみれになっても、オレは知らねぇぞ。

家に帰ってしばらくすると、廃品回収の軽トラが回ってきたので、すかさず壊れたプリンタを持って行ってもらった。500円取られたけど、まぁいいや。
さぁ、今日は新しいインクジェット複合機が届くぞ。


タグ:迷惑 雑記 動物
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。