2010-07-26 [Mon]

2010ドイツGP決勝


F1第11戦ドイツGPの決勝。
久々に速いフェラーリが戻って来て、レースが楽しみだ。

フォーメーションラップのあと、67周でのレースがスタート。
出遅れたベッテルがアロンソを牽制する隙に、前の開けたマッサが一気にトップに立ち、すでに1コーナーでフェラーリの1-2態勢が確立した。
後方では、トロロッソのチームメイト同士による追突クラッシュで、イエローフラッグが出ている模様。
1周目を終えた順位は、マッサ、アロンソ、ベッテル、ハミルトン、ウェバー、バトン、クビサ、シューマッハ、ロズベルグ、小林、バリチェロ、ペトロフ、ヒュルケンベルグ、デ・ラ・ロサ、トゥルーリ、コバライネン、ディ・グラッシ、セナ、スーティル、山本、グロック、リウッツィ、アルグエルスアリとなっている。
トゥルーリは、スローダウンし、スーティルは何度もピットインを繰り返している。
上位陣のタイム差が少なく、しかも抜けないので、ほとんど順位変動がないまま10周以上を重ねる。開幕戦以来の退屈なレースになりそうな予感。
13周目に、ベッテルが最初にピットイン。これをきっかけに、上位陣が続々とピットインを済ませる。そんな中、バトンはソフトタイヤのままピットインせず、トップを走り続ける。
フェラーリのチームメイトバトルは激化し、抜きつ抜かれつの危険な状況が続く。
23周目に、ようやくバトンがピットイン。ハミルトンの後ろで、ウェバーの前に出ることに成功する。
26周目ぐらいにアロンソのペースが少し落ちて、マッサとの間隔が空き、ベッテルがだんだんと迫ってきた。


31周目での順位は、マッサ、アロンソ、ベッテル、ハミルトン、バトン、ウェバー、ヒュルケンベルグ、デ・ラ・ロサ、クビサ、ロズベルグ、シューマッハ、ペトロフ、小林、バリチェロ、スーティル、アルグエルスアリ、リウッツィ、ディ・グラッシ、グロック、コバライネン、セナとなっている。山本は、いつの間にかリタイヤ。
フェラーリの2台はダントツの1-2態勢で飛ばしまくるが、レースは退屈だ。かなり、眠気を催してきたぞ。
アロンソがファステストラップを出しながら、徐々にマッサに迫ってきたとき、チーム無線で「アロンソの方がお前より速い。意味はわかるよな」と、まさにチームオーダーと受け止められるような会話が流れる。
それを受けての49周目、ヘアピン後のストレートで、マッサがアロンソに道を譲るようなカタチでパスさせた。そのあとの無線では「よくやった。ゴメン」と、チームオーダーを認めるような会話。
どうした?フェラーリ。せっかく強くなったのに、お前ら、マジでバカか?

その後は、コバライネンがスローダウンしてリタイヤ。そのコバライネンと接触したデ・ラ・ロサが緊急ピットインするぐらいで、たいして大きな盛り上がりもなく、ファステストラップでトップを快走したアロンソがそのまま優勝。
マッサは2位で、フェラーリは開幕戦以来の1-2フィニッシュを果たした。
3位には、最終ラップでファステストを記録したベッテルが入り、母国GPでの表彰台を獲得した。期待の小林は、惜しくも11位。

それにしても、マッサが事故後完全復活した速さを見せ、せっかく優勝争いが出来るような安定して速いマシンになったのに、明らかなチームオーダーをやってしまうフェラーリは、チームとしてダメダメだ。こんなことでペナルティを受けてしまったら、元も子もないだろうに。
実にしょうもない、退屈で腹の立つレースだった。

1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
2 フェリペ・マッサ フェラーリ
3 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
4 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
5 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
6 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
7 ロバート・クビサ ルノー
8 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
9 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
10 ビタリー・ペトロフ ルノー
11 小林可夢偉 BMWザウバー・フェラーリ
12 ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ・コスワース
13 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ・コスワース
14 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー・フェラーリ
15 ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
16 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
17 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
18 ティモ・グロック ヴァージン・コスワース
19 ブルーノ・セナ HRT・コスワース
R ヘイキ・コバライネン ロータス・コスワース
R ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・コスワース
R 山本左近 HRT・コスワース
R ヤルノ・トゥルーリ ロータス・コスワース
R セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ


タグ:F1 ドイツ 決勝
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
Motoさん、こんばんは。
私はまだ記事にしてないんだけど。。
なんとも後味の悪いレースでしたね。。
チームラジオは全世界に流れているのに。。
CS放送では、結構みんな疑問視していました。これはペナルティじゃないかって、、
ちょっと酷いなって感じました、、と同時に、マクラーレンも暗黙にあるんだろうなって悲しくなりました、、
なのでなかなか自分もレース後、記事に出来ずにいます、、、
これがF1なのかって初めて思いました。。
Posted by まめ。 at 2010年07月27日 23:07
まめ。さん、こんにちは。
私はね、最終的にチーム戦だから、チームオーダーもある程度必要だと思うんですよ。
最終戦あたりで、無意味なチーム内バトルをするよりも、チャンスのある方をサポートするのは、チームにとっては当たり前だと思うんですよね。
ところが、まだまだマッサにもチャンスがあるこの時期に、マッサ復活後の初優勝を飾れそうだったこのレースで、しかも、あんなにあからさまで幼稚なやり方でチームオーダーを使ったことが、バカとしか言えないわけです。
ちょっと、フェラーリは、チームとしてグダグダです。
Posted by Moto at 2010年07月28日 07:27
他の人のブログでも見たのですが、かなり疑惑のチームラジオが流れたようですね^^;
全世界に流れているのを忘れてしまったのでしょうか。
しばらくフェラーリは肩身が狭くなりそうですね…
Posted by はまかぜ at 2010年07月28日 08:35
はまかぜさん、こんにちは。
疑惑どころか、まさしく「あからさま」でしたよ。
隠語でも使ってれば、まだ良かったものの…。
これで、ペナルティで失格処分にでもなったら、いったいどうするつもりなんでしょうね。
Posted by Moto at 2010年07月28日 12:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2010 F1ドイツGP/ホッケンハイム 決勝の結果
Excerpt: 決勝はいつものようにCSで見てました。 最初は、よくやった!!バトン。 さて、次はハミルトンをオーバーテイクできるのか?! しかし、マクラーレン遅いな〜 フェラーリはもの凄い速さが戻ってき..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2010-07-27 23:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。