2010-07-01 [Thu]

インストールサービス

今日から7月。早いことに、2010年も後半戦に突入だ。
相変わらず、眠くてしょうがない日が続いている。F1やサッカーのある日は仕方がないものの、最近は眠り自体が非常に浅いようだ。どうやら、部屋が暑いのと、サーバーがうるさいのが原因かもしれない。

2台のMini 1000さて、ネットブック「Mini 1000」にUbuntuを入れてからというもの、非常に使いやすいので、随分と稼働率が増えている。デスクトップよりもサッと使えるし、トイレでも使えてしまうという便利さ。
同じネットブックを持つ会社の同僚に話すと、非常に興味を持ったので、作成したインストール用USBメモリを貸したところ、うまくインストールできないと言う。
やっかいな状況ほど燃えるタイプのオレは、特別にインストールサービスを実施することにした。アタッシュケースに収められた同僚のMini 1000を家に持ち帰り、インストールを開始する。
このまま順調に行くかと思われたが、突然インストールの途中で無応答の状態に陥った。どうにもこうにも、完全に固まってしまっているので、再度インストールを試みる。ところが、またもやフリーズ。3回繰り返したが、3回とも止まる場所が違う。本体を触ってみるとアッチッチになっており、どうやらCPUが熱暴走して止まっているようだ。
扇風機ぶん回し作戦そうとわかれば、扇風機を「強」にして、通気口に風を直接当てながらインストール。そうすると、見事一発でインストール完了。すべての設定やアップデートを実施して、同僚に渡すことができた。
同僚も、熱暴走っぽい状況を、割と昔から体験しているようだ。同僚のMini 1000は、かなり初期型のHDDタイプで、オレのはずっと後のSSDタイプ。オレのも結構熱くはなるけど、熱暴走はしたことがない。何か違いがあるのだろうか?

そのまま、てっきり上手く使えているものと思っていたら、「有線LANが繋がらない」とのこと。そんなはずはない、無線ならまだしも、有線が繋がらないなんて。うちでは完璧に繋がって、ファイルのアップデートまでしてから渡したわけだから…。
さぁ、出来ないまんまじゃ悔しいので、どうやって解決しようか?


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。