2010-06-13 [Sun]

2010カナダGP予選


F1第8戦カナダGPの予選。
2年ぶりの開催となるモントリオール。ここはモナコのようにガードレールに囲まれた公園のサーキットで、路面がモナコよりも悪く、バンピーで滑りやすい。レースではクラッシュ続発で、ほぼ確実にセーフティカーが導入される。

Q1

Q1から、レッドブル勢はソフトタイヤでアタックしている。
いつもと違って、珍しい人たちが1分17秒台でのトップ争いを繰り広げる中、ハミルトンが1分16秒台、そして最終的には1分15秒889と、唯一の1分15秒台でトップに立つ。やはり、Fダクトの効果は絶大のようだ。
それに0.2秒差で続くのが、ベッテルとアロンソ。今回のアロンソは調子が良いようだ。
珍しくノックアウトゾーンにいる小林は、Q2進出を目指して懸命にアタックするものの、ディ・グラッシに前を塞がれて、初のQ1落ちとなってしまった。
ここでの脱落は、小林、コバライネン、トゥルーリ、グロック、セナ、ディ・グラッシ、チャンドックの7名。なんとチャンドックは、ディ・グラッシから8秒も遅れている。

Q2

今回は、Q1をじっくりと放送したので、続くQ2が端折られることになった。
Q1と同じく、ハミルトン、ベッテル、アロンソによる僅差でのトップ争い。最終的にはQ1同様、ハミルトンが1分15秒528でQ2も制した。
ここでの脱落は、バリチェロ、ヒュルケンベルグ、シューマッハ、ペトロフ、ブエミ、アルグエルスアリ、デ・ラ・ロサの7名。シューマッハはミスのため、初のQ2落ちとなった。

Q3

最終のQ3では、レッドブル勢はハード側のタイヤでのアタック。ソフトタイヤは数周しか持たないので、決勝を見据えた作戦だと思われる。マクラーレンとは正反対だが、序盤でセーフティカーが出れば、マクラーレンの方が有利となるだろう。
レッドブルが1-2でセッション終了か…と思われたが、最後の最後でハミルトンが渾身のアタック。1分15秒105というスーパーラップを叩き出し、開幕から7戦連続でポールポジションだったレッドブルをついに止めた。ガス欠ギリギリでのアタックだったらしい。
確定したトップ10の順位は、ハミルトン、ウェバー、ベッテル、アロンソ、バトン、リウッツィ、マッサ、クビサ、スーティル、ロズベルグ。10台が1秒以内にひしめく大激戦だ。

さて、大波乱によるセーフティカー出動必至の決勝レース、実に楽しみだ。


タグ:F1 予選 カナダ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。