2010-05-31 [Mon]

2010トルコGP決勝


F1第7戦トルコGPの決勝。
フェラーリは、F1に参戦してから800戦目だそうだ。スゴイ歴史だね。

ディ・グラッシはピットスタートを選ぶ。
フォーメーションラップのあと、58周でのレースがスタート。
予想通り、奇数列のスタートが良く、ベッテルがハミルトンを、シューマッハがバトンをそれぞれパスするが、マクラーレンの2台ともFダクトによるストレートスピードはバツグンで、順位を取り戻すことに成功する。
1周目が終わった時点での順位は、ウェバー、ハミルトン、ベッテル、バトン、シューマッハ、ロズベルグ、クビサ、マッサ、ペトロフ、小林、スーティル、アロンソ、デ・ラ・ロサ、アルグエルスアリ、ヒュルケンベルグ、リウッツィ、トゥルーリ、コバライネン、セナ、バリチェロ、グロック、チャンドック、ディ・グラッシとなっている。
2周目に、小林がスーティルにパスされてしまう。ブエミは早くもピットイン。
上位4台が、5番手以下の後方集団を完全に突き放して飛ばしまくる。コーナーではレッドブルに離されるマクラーレンだが、ストレートではピッタリと追いつくというカタチで、その差が広がらない。この4台で、ファステスト争いを繰り広げる。


11周目に、小林とバリチェロが早めのピットイン。これをきっかけに、各車続々とタイヤ交換が始まる。
テール・トゥ・ノーズでウェバーにピタリと付けたハミルトンは、いつでも抜けることを示しながらプレッシャーを与え続ける。16周目に、その2台が同時にピットイン。しかし、ハミルトンのピット作業が手間取り、ベッテルの後ろでコース復帰する。これで、レッドブルの1-2態勢となった。
18周目にバトンがピットインして、ハミルトンの後ろで復帰。ハミルトンは、一瞬ベッテルをパスするが、すぐに抜き返される。
上位4台が3秒以内という大接戦の中、大きな雨雲が発生してきた。
27周目での順位は、ウェバー、ベッテル、ハミルトン、バトン、シューマッハ、ロズベルグ、クビサ、マッサ、ペトロフ、アロンソ、小林、スーティル、デ・ラ・ロサ、アルグエルスアリ、リウッツィ、ヒュルケンベルグ、バリチェロ、コバライネン、トゥルーリ、ブエミ、グロック、ディ・グラッシ、セナ、チャンドックとなっている。
31周目には、バリチェロがヒュルケンベルグをパス、セナがディ・グラッシをパス、ブエミがトゥルーリをパスと、下位チームのバトルが激しい。
35周目には、トゥルーリとコバライネンのロータス勢が2台とも揃ってリタイヤ。


雨がぱらつき始めた40周目、燃料セーブモードのウェバーにベッテルが追いつき、そのままパスしようと仕掛けたときにタイヤが接触。はじき飛ばされたベッテルはリタイヤ、ウェバーはコースオフして3番手に沈んでしまう。ベッテルは怒り心頭だが、どう見ても、ステアリングを急に右に切ったベッテルが悪いように見える。レッドブルの同士討ちで、マクラーレンは突然の1-2態勢だ。
ウェバーは、43周目に緊急ピットインしてノーズ交換するが、余裕で3番手はキープ。しかし、左ポッドパネルは破損したままだ。
48周目、今度はバトンがハミルトンに仕掛け、抜きつ抜かれつのチームメイトバトル。軽い接触もあり、レッドブル同様の同士討ちもあり得るような展開だ。バトンも、なかなかやるね。闘争心むき出しのレースは、とても面白い。
49周目には、なんと、アルグエルスアリがファステストをマーク。
50周目での順位は、ハミルトン、バトン、ウェバー、シューマッハ、ロズベルグ、クビサ、マッサ、ペトロフ、アロンソ、小林、スーティル、デ・ラ・ロサ、アルグエルスアリ、リウッツィ、バリチェロ、ヒュルケンベルグ、ブエミ、グロック、チャンドック、ディ・グラッシ、セナとなっているが、51周目にはスーティルが小林をパスして、ポイント争いが激化する。
53周目からペトロフとアロンソの8番手争いが激化し、54周目にはアロンソがパス。その際に接触があったようで、ペトロフの右フロントタイヤがパンクしたようだ。これで、ペトロフは緊急ピットインを強いられる。

ハミルトンは、バトンに3秒近い差を付けてトップを快走し、そのままフィニッシュして今季初勝利を果たす。バトンは2位で、ポイントランキングでも2位に浮上。マクラーレンは今季2回目の1-2フィニッシュで、コンストラクターズポイントでもトップを取り戻した。
3位には、3連勝の夢をチームメイトに打ち砕かれたウェバー。ヘタしたら、リタイヤしてたかもしれないのに、3位を死守しただけでもスゴイね。ポイントランキングでも、トップをキープだ。
小林は、10位入賞で初ポイントをゲット。いつでも、デ・ラ・ロサに勝つことが大切だ。
次戦カナダGPは、6/13に決勝レースが開催される。

1 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
2 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
3 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
4 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
5 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
6 ロバート・クビサ ルノー
7 フェリペ・マッサ フェラーリ
8 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
9 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
10 小林可夢偉 BMWザウバー・フェラーリ
11 ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー・フェラーリ
12 ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
13 ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
14 ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ・コスワース
15 ビタリー・ペトロフ ルノー
16 セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
17 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ・コスワース
18 ティモ・グロック ヴァージン・コスワース
19 ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・コスワース
20 カルン・チャンドック HRT・コスワース
R ブルーノ・セナ HRT・コスワース
R セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
R ヘイキ・コバライネン ロータス・コスワース
R ヤルノ・トゥルーリ ロータス・コスワース


タグ:F1 トルコ 決勝
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
ウェバーとベッテルの接触は驚きました。
ベッテル、かなり怒っていましたね。
解説の人はウェバーが悪いというニュアンスのことを言っていましたが、ベッテルのほうが悪そうなのでしょうか?
確執にならなければ良いのですが…

それと、バトンとハミルトンのバトルが面白かったです。
一度トップに立ったバトンを、再度抜き返すハミルトン、この二人も接触すれすれな感じでしたね。
とてもスリリングで見応えがありました^^
Posted by はまかぜ at 2010年05月31日 12:18
はまかぜさん、こんにちは。
やはり、レーサーは闘争心むき出しですから、たとえチームメイトでも一歩も譲らないでしょうね。私は、どう見てもベッテルが悪いと思いましたけど、人によって意見はまちまちのようです。トップを走ってたウェバーが、ベッテルに譲らなきゃいけないような筋合いもないように思いました。

バトンとハミルトンも、かなりヤバかったですね。
レッドブルと同じようにはならなかっただけで、接触してましたし…。
チームメイトとは言え、直近のライバルですからね。
これだから、面白いんだと思います。
Posted by Moto at 2010年05月31日 21:28
こんばんは!
トルコGPテレビ観戦していて久々に面白かったですね!
そしてまた久々のマク1−2で嬉しかったです^^
やはりまめ。w応援のし甲斐がありましたよ〜 最後は危ない場面もありましたが、ハミルトンがちょっと速度が遅くなったようなので、バトンが抜きに仕掛けたようです。
チームオーダーとか解説者は言っていたようですが、私は今回初めてハミルトンが優勝して嬉しく思いました。
こういう感情は初めてかもしれません。
なるべくチームメイト仲良くやっていってくれると願っています。
あとは、ピット作業。もっと上手くやって欲しいなって思います。
ヴェッテルはちょっと不運でした。
なんとも言いがたい場面でしたが何度もスロービデオを流しているのを見ていたら、ヴェッテルが僅か右へ寄ったようにも見えたし。。
ウェーバーももう少し速く走っていれば、こういう事にはならなかったように感じました。
次はカナダGPですね。またバトンを応援します!!

(最近はドラクエモンスタージョーカーズ2ばかりやっています><去年はDQ9でしたが。どうもハマッテ抜ける事が出来ません。
でもレースは見てますよ!!)
久しぶりなので長文になってごめんなさい。
Posted by まめ。 at 2010年05月31日 21:44
まめ。さん、こんにちは。
今年はマシンも速いし、ホントに面白いですね。
今まででつまらなかったのは、開幕戦だけですね。

それにしても、どうしたんですか?ハミルトンが勝って嬉しいなんて…。もうちょっとで、バトンが勝てたじゃないですか。私は、バトンがバトルを仕掛けたのを見て、めっちゃ見直しましたよ。
とにかく、チームメイトだけには絶対に勝たなきゃダメな世界ですから、仲良くするなんてとんでもないことですよ(^_^;)。
相手のサポートに回るのは、自分のチャンスがまったくなくなって、チームのために仕方のないときだけです!
バトンは、今、ランキング2位ですからね!
Posted by Moto at 2010年05月31日 22:19
あ”あ”あ””””
そうなのか…そうなのか…
あそこで勝たなきゃいけなかったのか。。。
(しょぼ〜ん)w
Posted by まめ。 at 2010年05月31日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2010 Round7 F1トルコGP / マクラーレン1-2 おめでとう!!
Excerpt: 久々のF1記事です。 レースのTV観戦はしているんだけど、DQMJ2病もあって(笑)そっちを優先してしまうのは 本当に病気だわwと思う。(ダメだねw まぁ、、前々回?(忘れたw)応援しているバトン..
Weblog: ぴぐろぶ
Tracked: 2010-05-31 22:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。