2010-05-29 [Sat]

雨天決行!

まだ梅雨入りもしていないのに、またしても雨の土曜日。
ところが、雨が降った形跡はあるものの、今(早朝6時)は降っていないようで、路面も徐々に乾き始めているように見える。

これは、横々道路脇から見た八景島(マウスオンで、今日の森)今日も歩けなかったら身体が腐りそうに感じたので、途中で降ってもかまわないという覚悟のもと、身支度をして外に出た。空はどんよりと曇っており、またいつ降り出してもおかしくない。気温も少しだけ肌寒い。
歩き始めてすぐにパラパラッと来たが、森に入っちゃえば大丈夫。1週間前に比べて、森はさらに鬱蒼と茂っており、こんな天気だと、まるで夜明け前の暗さだ。
いつもの小川にはいつものキセキレイがいて、シッポをピョコピョコ振りながら、石の上を飛び回って遊んでいる。
なばな休憩所までの険しい道を登るが、思ったほどには辛くない。なんとなく、子リスをよく見かける気がする。ここ数日、東京湾がクッキリと見える日が多いが、休憩所から見える八景島方面もクッキリと良い眺めだ。

今年初のアジサイ途中、何回か雨脚が強くなったが、森の中にさえいれば雨の滴がかかることはない。ところどころに、見慣れない花もたくさん咲いているね。
いつも全力で駆け上がる階段も、両脇から雑草が生い茂り、人一人通るのがやっとの状態だったが、難なく頂上まで駆け上がれた。今日は、相当調子が良さそうだ。
途中、見晴台に立ち寄って、休憩がてら電波時計の強制受信。ここでは、アジサイがきれいに咲き始めているね。
歩き出すと突然、頭上でブーンという昆虫の大きな羽音がしたので、てっきりスズメバチかと思って、ビビりまくった。でも、もしかしたら、今年初めて見る大型の甲虫だったのかもしれないと思うと、ビビらずにちゃんと確認すべきだったなぁ。

名前がわからない野鳥降ったり止んだりが続いているので、1割ほど短縮したコースで引き返すことにした。
相変わらずウグイスがキレイな鳴き声だが、ホトトギスも同じかそれ以上に勢力を拡大しているように感じる。野鳥の名前も結構覚えてきたので、シジュウカラやメジロ、ヒヨドリなど、目に映るものはだいたい名前がパッと浮かぶようになってきた。
しかし、終盤で見かけた、薄茶色っぽいスズメぐらいの大きさの鳥は、帰ってから野鳥図鑑を見ても、ついに特定できなかった。マミチャジナイの雌やツリスガラ、メダイチドリにも似ているが、どうも違う気がする。これも、鳥博士のじいじみたいに、わかる人が見たらすぐわかっちゃうんだろうな。

※編集部注
もう一度、野鳥図鑑を必死に見てみたら、これはきっとホオジロだと思いますね。一番似てると思います。


タグ: 雑記
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
何と、早くも紫陽花が咲いているのですか。
いつの間にか梅雨入り間近ですしね。
山歩きがすっかり板に付いたMotoさんにとっては、嫌な季節の到来でしょうか^^;
でも雨の日に真価を発揮する紫陽花という存在もありますし、今年も鎌倉に見に行ってみたいなと思っています♪

Posted by はまかぜ at 2010年05月29日 23:09
はまかぜさん、こんにちは。
もっと地味なヤマアジサイは所々に咲いているのですが、この手のキレイなヤツは、ここにしか咲いていませんね。
私はホント、雨が嫌いなので、これからはイヤな季節です。もし、何週間も歩けなかったら、相当イライラするでしょうね。なんとか土日だけでも晴れて欲しいものです。
Posted by Moto at 2010年05月30日 08:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。