2010-04-19 [Mon]

2010中国GP決勝


F1中国GPの決勝。小雨が降っているようだが、各車ソフトタイヤでスタートするようだ。
フォーメーションラップが始まったが、グロックのみスタートできない。どうやら、ピットに戻るようだ。

56周でのレースがスタート。
アロンソが驚異的なスタートダッシュを見せ、いきなりトップに躍り出る。レッドブルの2台とロズベルグ、マクラーレンの2台とマッサが、これに続く。
その後方ではクラッシュが発生。リウッツィの単独スピンに、小林可夢偉とブエミが巻き込まれたようだ。またしても可夢偉は1周目でリタイヤ、なかなか完走すら出来ない。この事故で、セーフティカー導入となる。

この間に、後方集団のマシンが次々とピットインし、浅溝のレインタイヤに履き替える。先ほどのアロンソのスタートが、ジャンプスタートの審議対象になったようだ。
3周目には上位陣の多くもピットインし、同じく浅溝タイヤに交換するが、ロズベルグ、バトン、クビサ、ペトロフらは、そのまま走り続ける。
4周目に再スタートし、アロンソとスーティルが順位を上げるが、この時点では、浅溝タイヤとソフトタイヤの優劣は付けづらい模様。5周目に、アロンソは結局ジャンプスタートと判断され、ドライブスルーペナルティを課せられることになった。
6周目には、ハミルトンとベッテルが、同時にタイヤ交換。ピットに入るときから出るときまで、ハミルトンは一触即発の危険な走行を続ける。まさに、負けず嫌いのカタマリだ。
ハミルトンとベッテルは、お互いにバトルをしながら、その後も後方から猛追し続けるが、タイヤ交換しなかった上位陣はその間に飛ばしまくって、差を広げている。
11周目での順位は、ロズベルグ、バトン、クビサ、ペトロフ、アルグエルスアリ、シューマッハ、コバライネン、スーティル、ベッテル、ハミルトン、ウェバー、バリチェロ、マッサ、アロンソ、トゥルーリ、セナ、ヒュルケンベルグ、チャンドックとなっており、安定した上位陣と違い、後続の順位は目まぐるしく入れ変わっている。

12周目、ベッテルがスーティルをパスしようとするところを、ハミルトンが2台まとめてパス。その後、ベッテルとウェバーが、ともにスーティルをパスしていく。
ハミルトンは、さらにシューマッハにも襲いかかり、バトルの末にパス。シューマッハは、ベッテルにも続いてパスされ、精彩を欠いている。
19周目には、トップを走っていたロズベルグがコースアウトしたため、追いついたバトンがこれを抜いてトップに立つ。
雨がまた強くなってきたため、20周目から各マシンとも浅溝のレインタイヤに交換し始める。フェラーリの2台も同時にピットインするが、ピットレーン入り口から、アロンソがマッサの前に強引に割り込むようなカタチとなり、マッサが待たされることになる。これでチーム内に遺恨が残らなければよいのだが…。
21周目にはバトンやハミルトン、ベッテルもタイヤ交換するが、そのとき、アルグエルスアリがピットレーン入り口でフロントウィングを脱落。コース上にもパーツが散乱しているために、2回目のセーフティカー導入となった。


22周目での順位は、バトン、ロズベルグ、クビサ、ペトロフ、シューマッハ、ウェバー、ハミルトン、ベッテル、スーティル、アロンソ、バリチェロ、マッサ、コバライネン、アルグエルスアリ、ヒュルケンベルグ、セナ、チャンドックとなっている。
バトンがスピードを落としすぎて大渋滞の中、26周目にレース再開。
ハミルトンがウェバーを弾き出し、さらには、シューマッハとの接触を伴うバトルが再開する。Fダクトの効果により、マクラーレンのストレートスピードは圧倒的。
ハミルトンのオーバーテイクショーは終わることなく、ペトロフ、クビサを抜いて3番手にまで浮上し、さらにはロズベルグにも襲いかかる。36周目には、ハミルトンとロズベルグが、テール・トゥ・ノーズのもの凄いバトルを見せてくれた。ロズベルグは、まったくハミルトンに負けていない。
37周目から、浅溝タイヤの再交換が始まる。レースはまだ、あと20周ほども残っているからだ。各車タイヤ交換したあとの45周目での順位は、バトン、ハミルトン、ロズベルグ、アロンソ、クビサ、ベッテル、ウェバー、シューマッハ、アルグエルスアリ、ペトロフ、マッサ、スーティル、バリチェロ、コバライネン、ヒュルケンベルグ、セナ、チャンドックとなっており、46周目には、ペトロフとマッサが、揃ってアルグエルスアリを抜いて行く。

48周目には、オーバーテイクショーを続けてきたハミルトンの左フロントタイヤが限界のようで、かなりペースが落ちてきている。
毎度毎度タイヤに泣かされるハミルトンだが、タイヤマネジメントなんか糞食らえ!みたいな、後先考えずに己の速さのみを追求する本能的なレーサーのスタイルって、レース自体が面白くなるのも事実。決してチャンピオンの器とは思えないが、負けず嫌いっぷりを大いに発揮して、今後もレースを掻き回して欲しいなぁ。
各マシンともすでにタイヤがキツイところ、52周目には、ペトロフがシューマッハをパスして評価を上げる。さらには、55周目にテールスライドしたウェバーをもパスして、7番手にまで浮上する。
56周目には、師匠であるシューマッハを抜きあぐんでいたマッサも、ついに師匠をパス。シューマッハは、そのままコースアウトしてしまった。

バトンはそのままトップでチェッカーを受け、今季2勝目。ドライバーズポイントでも、もちろんトップに立った。歴代チャンピオンの中ではおとなしく見えるバトンは、いつの間にか、もの凄い状況判断の持ち主になったようだ。今回も「ヤッター!」と連呼している。
2位にはハミルトンが入り、マクラーレンの1-2フィニッシュとなった。スムーズなバトンに比べて、ハミルトンはいかにも効率が悪く見えるが、おかげでレースは面白かったよ。
ロズベルグとクビサは相変わらず頑張ってるし、ペナルティを受けてしまったアロンソも4位にまで浮上する活躍を見せたが、天才ベッテルは6位に終わってしまった。

開幕戦以外は、雨のおかげで、ずっと面白いレースが続いているねぇ。
次戦スペインGPは、アイスランド火山噴火の影響で飛行機が飛ばずに開催が危ぶまれているけど、大丈夫かな。

1 ジェンソン・バトン マクラーレン・メルセデス
2 ルイス・ハミルトン マクラーレン・メルセデス
3 ニコ・ロズベルグ メルセデスGP
4 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
5 ロバート・クビサ ルノー
6 セバスチャン・ベッテル レッドブル・ルノー
7 ビタリー・ペトロフ ルノー
8 マーク・ウェバー レッドブル・ルノー
9 フェリペ・マッサ フェラーリ
10 ミハエル・シューマッハ メルセデスGP
11 エイドリアン・スーティル フォース・インディア・メルセデス
12 ルーベンス・バリチェロ ウイリアムズ・コスワース
13 ハイメ・アルグエルスアリ トロロッソ・フェラーリ
14 ヘイキ・コバライネン ロータス・コスワース
15 ニコ・ヒュルケンベルグ ウイリアムズ・コスワース
16 ブルーノ・セナ HRT・コスワース
17 カルン・チャンドック HRT・コスワース
R ヤルノ・トゥルーリ ロータス・コスワース
R ルーカス・ディ・グラッシ ヴァージン・コスワース
R ペドロ・デ・ラ・ロサ BMWザウバー・フェラーリ
R セバスチャン・ブエミ トロロッソ・フェラーリ
R 小林可夢偉 BMWザウバー・フェラーリ
R ビタントニオ・リウッツィ フォース・インディア・メルセデス
R ティモ・グロック ヴァージン・コスワース


タグ:F1 中国 決勝
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
私も昨日の夜テレビで見ました。
ハミルトンという人はほんとに負けず嫌いなようですね^^;
でも見ているほうとしてはかなり面白かったです。
個人的には、ミハエル・シューマッハの扱いがあんまりだったのが可哀相でした。
実況の人が、シューマッハが抜かれるたびに「あなたの時代はもう終わりだ!」「先生さようなら!」などと言っていて、老いぼれぶりを強調しようとしていて何だかなあという感じでした(笑)
Posted by はまかぜ at 2010年04月19日 19:21
はまかぜさん、こんにちは。
いやぁ、はまかぜさんとF1の話が出来るとは思ってもいなかったので、かなり驚きましたよ。
私は、ハミルトンがルーキーの頃からずば抜けて速いのは認めているのですが、あのわがままな走り方や態度が、ずっと気に入らなかったんですよ。大好きなライコネンも、相当な迷惑を被りましたから…。
でも、あれだけ負けず嫌いで、本能のままに走るようなヒール役がいないと、つまらないんですよね。だから、そのままの姿勢を貫いて欲しいです。
それと、確かに今回の実況は、シューマッハに対して失礼なことばかり言ってましたね。まだまだ精彩を欠いていることは事実ですが、今の段階で、あそこまでけなされることはないと思いますね。
Posted by Moto at 2010年04月19日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。