2006-03-04 [Sat]

ひかり電話のFW更新

今朝、何気なく…ホントに何気なく、ひかり電話のルータ「WBC V110M」の管理画面にアクセスしてみたら、ファームウェアのバージョンアップがあるという表示が出ている。その内容は…、

・ひかり電話通話中の音声品質の向上を図りました。
・無線LAN通信中の動作の安定化を図りました。
・一部の無線アクセスポイント機器との接続性の向上を図りました。

WBC V110Mとのこと。「音声品質の向上」とあったら更新せざるを得ないでしょう。
恐る恐る更新を実行すると、更新中の画面になるが、再起動までに5分ぐらい掛かる。いつもながら時間掛かりすぎで、かなりドキドキするよ。
ま、新しもの好きのオレとしては、いつでも最新バージョンが気持ちいいし、このドキドキ感がたまらない。
ただし、ホントに音声品質が良くなったかどうかは不明だ(^_^;)。
ちなみに、一緒に写真に写っているネットワーク対応のHDDも、最新ファームウェアが出ていたので、これもバージョンアップしたぞ。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
Motoさん、こんにちは
ファームアップやBIOSのバージョンアップなどはドキドキしますよね。途中でむやみに電源落とせないし(^^;
ソフトのインストール中に固まったと思って何度も電源落としたことはあるけど(笑)
効果のほどはおいといても新しいことには挑戦しないとね。
Posted by 新介 at 2006年03月04日 08:14
新介さん、こんにちは。
今までにも、ヤバイときは何回かありましたが、何とかうまく行ってます。
うまく行ってるからいいものの、ホントに失敗したらどうしましょうね。
ま、自己責任ですから、何とかするでしょうが(^_^;)。
Posted by Moto at 2006年03月04日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。