2010-02-04 [Thu]

福島2連泊

火曜日から、またまた福島に出張。
今回は、いわき駅まではスーパーひたちで、そこからレンタカーを借りて工場へと向かうことにした。

スーパーひたち関東地方は、月曜日の夜から降り積もった雪による交通マヒが心配されたが、意外なことに、朝にはほとんど溶けていたので、かみさん号で最寄り駅まで送ってもらうことができた。
上野駅で、えきねっと予約のチケットをゲットし、スーパーひたちに乗り込む。列車は、時々海の見え隠れする常磐線を進み、2時間半ほどで終点のいわき駅に到着した。
その間に読んだTwitterの本に触発され、初めてケータイからつぶやいてみた。意外なほどに簡単で、こりゃ、ちょっと面白いかもしれない。
雪国レンタカーのヴィッツを借り、工場へと向かう。ナンバーは「555」で、何となくラッキーな気分。もちろんスタッドレスを履いているが、心配していた雪も少なく、走行に問題はなさそうだ。
工場に着くと、今日までの改善成果を見せてもらい、その期待以上の進歩に驚いた。心が折れそうになるのをこらえながら、みんな寝ずに頑張ってくれたようだ。
だが、それでもまだまだ完璧ではない。今後の進め方を決めて、それに向かってさらに頑張ってもらうことにする。
始発を待ついわき駅その日の作業は夜の10時ごろまで続き、そこからいわき市のホテルにチェックインした。
前回同様のキャンペーン中で、朝食付きの一泊5,000円だが、ロビーで見つけたポケットティシュに「これを見せたら500円割引」と書かれていたので見せてみたら、ホントに割引いてくれたよ。何というリーズナブルさだろう!
今回もネットブックを持参したのだが、仕事のメールを処理するのみで、いつものようにブログを書く気力までは、さすがに残ってなかったなぁ。


雪水曜日の朝は、もちろん、食べごたえ満点のバイキング。普段はそんなに食べないのに、ついつい余計なものまで取ってしまう。朝から、若干食べすぎ状態だ。
快晴で、そんなに寒さを感じない。しかし、前の晩には雪が降ったようで、工場に近づくと次第に雪が多くなり、現地はすっかり厚い雪に覆われていた。まさに突き刺すような寒さなんだけど、普通の革靴でも問題なく歩けるぐらいだから、福島としては暖かい方なんだろうね。
工場のメンバーと、今日中に当初の作業をすべてやり遂げることと、今後の日程について打ち合わせ、早速作業に取り掛かってもらう。
刺身晩飯も食わずに深夜まで働いて、かなりドタバタしながらも、何とか当初の予定を達成することができた。2週間近く休みなく働いてくれた工場の人たちの苦労をねぎらって、喜びを分かち合った。
この時間じゃ、もう帰ることは不可能なので、再度ホテルを予約しておいた。外は凍えるほど寒い!
チェックインすると、連泊のせいか昨日とまったく同じ部屋だった。もちろん今日も、ポケットティッシュを見せて500円引きだ。
とにかく腹ぺこで倒れそうだったので、日付が変わろうとしている深夜にも関わらず、同行した同僚を誘って近くの居酒屋「はなの舞」に入り、ささやかな打ち上げをした。個室っぽい作りの席で、キンキンに冷えたチルドビールと、いろんな海鮮料理が旨かったぁ。
完全に午前様で、ようやく就寝。


アメリカン今朝もバイキングだが、いくら旨くても、同じものを連日食べたら、さすがに飽きるよねぇ。朝からたくさんの仕事メールを処理したら、とにかく疲れたので、今日はゆっくりと家に帰るだけにさせてもらった。
いわきの観光スポットなどに行ってみる気力も残っておらず、大規模工事中のいわき駅ビルにあるドトールで、アメリカンコーヒーを飲みながら列車の時間を待つ。帰りのスーパーひたちでは、ただただ爆睡だ。
出張中にケータイも随分と使ったので、電池が切れて、勝手に電源が落ちていた。のちに、いろんな人から着信していたことを知る。誠にもって申し訳ない。

※今回読み終えた本

Twitterをやり始めて、まだ何が面白いのかがハッキリとわかっていないから、使いこなしている人の本を読むことにした。
読み終えて、なるほど、その可能性を感じたなぁ。
オレには「Tsudaる」ことは到底できないけどね。早速、著者さんをフォローさせていただいた。



ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。