2006-02-24 [Fri]

新事実が判明!

昨日の午後あたりから体調が悪い。そのせいで毎日更新記録が止まってしまった。
症状としてはまさに風邪っぽいので、もしや娘のインフルエンザがうつったのか?と思っていたのだが、今朝になっても熱はまったく上がっておらず、ただただ頭が痛く、身体がだるいのである。

実は昔から首や腰が痛いという持病を持っているのだが、最近とくに首が痛くて、まるで毎日、寝違えているかのようだ。ひょっとすると、諸悪の根源はこの首か?ということで、今日は会社を休んで、朝から整形外科に行ってきた。
症状を説明し、レントゲンを撮ってもらった。現像が終わって再び呼ばれたとき、先生がレントゲン写真を少し険しい表情で見ている。

「首のレントゲンを撮ったのは、初めて?」
「いや、何回もあります」
「そのとき、なんか言われた?」
「え〜っと、首の骨がまっすぐだなとよく言われます」
「そう…、他には?」
「あと、骨の間が狭くなって変形しかけているけど、まだ問題ではないと…」
「あのね、首の骨が8個あるんだけど…」
「はぁ?」

プロトケラトプスの骨ほ乳類だったら、キリンだろうと何だろうと頸椎の数は7個のはず。二人揃って数えてみると、確かに8個あるように見える。8個もあって大丈夫なのか聞いてみたけど、首の痛い患者さんには意外に多いらしく、別に問題はないそうだ。ただ、7個でいいところに無理矢理8個も入っているし、緩やかに湾曲すべきなのがまっすぐになっていることで、負担が結構大きくなり、変形しかけている部分が2ヶ所ほどある。それが神経などを圧迫することで、変な症状が出るそうだ。
これについては一生付き合っていくしかなく、悪化しないように、首の牽引などのリハビリ治療を根気よく続けるしかないとのこと。なんだかなぁ。
しかし、首の骨が1個多いなんて、この歳で初めて知ってかなり驚いたけど、ちょっと自慢したいような変な気分だ。

※この話の続きは「こちら

※編集部注
トリノオリンピック女子フィギュアの荒川静香選手が、見事に金メダルを獲得しましたね。実に素晴らしい演技でした。「君が代」っていいメロディですね。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。