2009-12-27 [Sun]

自宅サーバ

自宅サーバ関係で、休みになったらじっくりやろうと思ってたことを、2つ片付けた。

1つ目は、Samba関連のエラーメッセージを消すこと。
「Logwatch」というソフトが、自宅サーバのログをまとめて、毎日決まった時間にメールをしてくれる設定にしているのだが、前々からSamba関連の意味不明なエラーが出ていることが気になっていた。それは、下記のように3種類ある。

1.通信端点が接続されていません
2.接続が相手からリセットされました
3.ホストへの経路がありません

ググってみると、意外と簡単に答えは見つかった。「ここ」のサイトが最も詳しく書かれていて、Sambaの設定ファイル「smb.conf」の[global]セクションに、下記の行を追加した。

smb ports = 139

たったこれだけで、上記の1番と2番は出なくなった。残るは3番のみだが、これはどうやら、クライアントPCをサスペンド状態などにすると出ているように思うので、気にしないことにした。とは言うものの、なくせるものならなくしたいので、引き続き調査続行だ。


ダッシュボード2つ目は、ホームページである「Moto's Page」の作成・管理に使っている「Movable Type」というブログソフトを、最新のv5にアップグレードすること。
もうだいぶ前にv5が公開されて、早々にダウンロードしておいたものの、ヘタにアップグレードして無茶苦茶になったら大変なので、休みになるまで置いていたものだ。
ちょっとググった限りでは、v4からのアップグレードに大きな問題はなさそうだということはわかっていたが、「ここ」のサイトに注意事項が書かれていたので、それに従うことにした。具体的には、設定ファイル「mt-config.cgi」に、下記の環境変数を追加するだけ。

DefaultLanguage ja

これをやっておかないと、英語モードで立ち上がって文字化けも発生するらしい。やらなくてもうまく行くかもしれないが、せっかく情報があるのだから、念のためにやった方がイイに決まっている。
ちゃんと、すべてのバックアップを取ってからアップグレードをおこなったが、まったく問題なく完了し、ブログの再構築も大成功した。
v5になって、ダッシュボードの見た目が大きく変わった以外、何が良くなったのかはまったく理解していないが、新しい方がイイのは間違いないだろう。
この際だから、memcachedも導入してみた。まだ、効果はハッキリとわからない。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。