2009-12-14 [Mon]

ロータスF1


来期からF1に参戦する「ロータスF1」が、ドライバー・ラインナップを正式に発表した。

ヤルノ・トゥルーリはウワサの段階からほぼ確実と言われていたが、もう一つのシートは佐藤琢磨が有力視されており、琢磨との契約がロータスから正式発表されるのを、今か今かと待ちわびていた。
ところが突然、候補者リストにヘイキ・コバライネンの名前が浮上したかと思ったら、昨夜のうちに琢磨サイドから「交渉に失敗した」という報告がなされてしまったのだ。

昨年も、ほぼトロロッソに決まりかけていたのに、土壇場でブルデーが選ばれたという状況が繰り返されたようで、まったくもって残念でならない。実力は評価されながらも、最後の最後でダメになってしまうのは、持参金の問題なのだろうか?
とにかく、残るシートはわずかとなったので、何とかどこかに飛び込んで欲しい!


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
いろんな掲示板を見回っていると、結構な確率で「BAR時代にあったトヨタ&トゥルーリとのいざこざ」が上がってるんですが、
まさか片方のドライバーの好き嫌いで決まるわけはないですよね・・・
いずれにしても、残りわずかのシートを獲得して欲しいですね・・・
Posted by DeltA at 2009年12月15日 19:48
DeltAさん、こんにちは。
そういえば、そんな「いざこざ」がありましたねぇ、確かに…。
もう、だいぶ前のことですけど、まだ根に持ってたんでしょうか?
せっかくフジテレビが放送を続行してくれることになったので、なんとか、どこかのシートに決まって欲しいものです。
Posted by Moto at 2009年12月15日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。