2009-10-31 [Sat]

ちょっとだけ鎌倉

今日も、朝から良く晴れている。
ちょっと涼しい風が吹き、山を歩くには最高の心地よさだ。

椿のような花(マウスオンでテーブル)昨夜から考えていたんだけど、歩き始めの道は先日の雨で多少ぬかるんでいるだろうから、前々から気になっていたのに通ったことがなかった脇道のルートを、初めて通ってみることにする。さすがに脇道だけあって急な斜面が続くが、椿のような花がたくさん咲いており、新鮮な道はいつも楽しい。どこの道を通っても、たいがいテーブルと椅子のある休憩場や広場が現れる。弁当を持ってきて食べたら旨いだろうなぁ。
延々と続く長い上り坂を登り切ると、いつも帰りに歩く道に出た。そこから、いつもと逆向きに歩くことになる。広場に到着すると、最近は鎌倉方面ばかりで、最初の頃に歩いていた池の方に行ってないなぁ…とふと考えてしまう。

今日の瀬上池その途端、オレの足は無意識に池の方向へと向かってしまった。これまた、いつもとは逆向きで、急斜面を転がるように降りていく。こちらは、いつも湿っているようなエリアなので、所々ぬかるみがあって、人が滑った跡もチラホラ。ぬかるみを避ける予定が、さらにぬかるみを歩いてしまっている。
久しぶりのルートも池も、以前と何も変わっていない様子だ。そのまま、まるっきり逆向きに進み続け、鎌倉方面への尾根道に合流した。
最初は肌寒く感じたものの、今では暑いぐらいだ。もう既にかなり歩いた気がするが、今日は自然観察センターを過ぎて、さらに鎌倉方面へと歩いてみることにする。
横々道路の朝比奈インター付近にある、環状4号のトンネルの上を歩いているんだな。市境広場を過ぎると、その名の通り、鎌倉市に突入だ。クルマで時々走る道も見下ろせる。
ここまで来ると、何だかメインのルートとは思えないような寂しい道になってきた。所々に岩盤を削ったような通り道があったり、木が道をふさぐようなカタチで横倒しになっているところもあったりと、今までの横浜市側とは明らかに雰囲気が違うような気がする。横浜霊園の回りをグルッと歩いているので、驚くほど巨大な霊園を見渡すことができる。

岩を削った山道(マウスオンで横浜霊園)鎌倉霊園方面と鎌倉天園方面への分岐点が現れたが、とりあえず天園方面へと向かうことにした。これと言って盛り上がりに欠けるまま、天園まであとわずかというところでキイロスズメバチの群れに遭遇。ちょっとだけビビってしまい、今日はここで断念。
いつもより長いルートを歩いているので、ここまでで既に1時間半ほど歩いている。腹も減りまくったし、今日のところは引き返すことにした。
9時も近くなると、鎌倉へのハイキング客の姿が多くなってきたようで、もの凄く多くの人とすれ違う。道に迷ったらしく、狭い道にある案内板に群がっている観光客のような人たちもいて、他の人が通れずにかなり迷惑だ。ハイキングに出掛けるんだったら、ちゃんとルート図ぐらいは持参しろよ。ご利用は計画的に!

結局、今日は2時間半もの長い山歩きとなってしまって、もうフラフラの腹ぺこだ。
歩きながら、家に帰ったら絶対に食べようと心に決めていた「シャア専用の赤いカレーヌードル」を、電子レンジで作ってむさぼり食った。3倍と言うほどには辛くなくて、とても旨かったよ。


ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。